CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
LINKS
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

02
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
--
>>
<<
--

English in マルタブログ!

Yet Another JUGEM.
ピアノ調律師

私が自宅でのピアノ教室を始めてから40年以上が経過しました。その間、ず〜〜っとお世話になっているのが白金にある「斎藤ピアノ調律所」の社長の斎藤さんです。きっかけは麹町に住んでいたピアニストのSさんとエリック・サテイのコンサートをしていた時に紹介されました。それ以来のお付き合いです。

 音楽大学に入った時に親が買ってくれたヤマハのグランドピアノを持っていて、スタインウエイのグランドピアノに憧れていて、しかし新品はフェラーリが買えるようなお値段ですから、庶民の私にはとても買えるようなものではありませんでした。

恵比寿の楽器店の店頭になぜか格安の新品が出ていて、一緒に見に行ってもらったらピアノの底を見て、

「これは港で荷下ろしの時に落下させてますね。」

と一言。

浜松の輸入楽器が揃っているところにも一緒に行ってもらいました。おじさんと音大生、と言う感じで行ったのですが、お店の方に、「専門の方ですよね?」と見破られたりもしました。

年に一度の発表会の時はコンサートホールの調律もお願いし、慌てて着てた私のドレスの背中のねじれも気付いて言ってくれました。そう、あの頃は一人で娘二人育てながら全く余裕のない怒涛のような毎日を送っていました。

斎藤さんはお父様の代から日本のスタインウエイ専門の調律をしてこられました。きちんとしたコンサートホールでは(浦安もです)ヤマハの調律師さんには仕事をさせないほど厳密なものです。

ちょうど私が離婚した時に、ある大使館関係の方の別荘で使われていて、そこを訪れた世界的ピアニストのケンプやアシュケナージのサインが書かれている1930年製の名器を縁があって紹介して下さり、その古いピアノが私の物になったのです。

マルタまで船で運ばれ、また日本に船で帰って来て、

今ここにあります。

 以前は毎年お願いしていた調律もだんだん間があいて、先日、久しぶりに調律をお願いして、イギリスの執事のような雰囲気の斎藤さんが来て下さいました。

「おいくつになられました?私がもう60とっくに越えましたから」と言うと、

「先日亡くなられた野球の野村監督くらいです」

80を過ぎても仕事が出来るなんて素晴らしい事です。

5月にはレコーデイングの仕事で浦安の新しいコンサートホールにも入るとか。すっかり終活の話なんかで盛り上がってしまいました。

「そうそう、もし私が死んで娘たちの手に余ったら、、その時は斎藤さんに相談すればいいですかね?」

「そりゃもう古くてもスタインウエイですから、、、」

「でも私が死ぬ頃には斎藤さんも、、、」

「一応、息子が家業を継いでますから」で、大笑いしましたが、これも大事な終活でした。

 お帰りになる時に仕事の鞄を持ったら重いのなんのって、13キロは軽く越えてます。

門の所まで出て行くと、

「あ、お見送りはなさらないで下さい。

背中に年齢が出ると言いますから」

と、昔のまんまの斎藤さんでした。

人間関係も40年にもなると、もう家族のようなものです。お元気で!

またお願いします。

| 音楽を聴くこと。 | 18:21 | comments(0) | - | pookmark |
マイクのB&O騒ぎ

何年か前に、マイクが凝ってるデンマークのオーデイオシステム「B&O」を「来週、フランスに行っちゃう」と言うニュージーランドのかわいい女の子から買った事はブログに書いたと思います。

彼女の部屋は「B&O」のセットを置くためにリフォームされていて、大事に使われていたのに、我が家に持ち帰って最初にかけたCDは聴けたのに、その直後、、、なんと動かなくなりました。

そして今回、「これが最後」と言うマイクに「10年間のバースデープレゼント無し」と言う約束で、今度は「来週、シンガポールに行っちゃう」と言うドイツ人から同じセットを購入しました。

ドイツ人の自宅まで行って確認して、送料こちら持ちで送ってもらう事に。

 

そして2日後、大雨の夜にバイトのようなおばさん二人が運んで来ました。

ちょっと嫌な予感はしたのですが、、、箱を開けてみると、自動的に開くガラスのドアのビスが壊れて、ガラスが外れてしまっていました。

早いほうがいいと思い、すぐに運送会社に連絡。

翌日、回収に来てそれから1ヶ月。

色々、修理しようと奔走してくれたようですが、何せデンマークのレアなメーカー。しかも製品は20年前くらいのものでもう部品の取り置きもない。

「もうしばらくお時間ください」と何度かOさんから途中経過報告の電話をいただきました。

とうとう先日、こんな電話がかかって来ました。

 

「二つ提案があるのですが、、、一つは、かけられていた保険で全損という事で製品を全て回収して保険金をお払いする。もう一つは私がネットで見つけたのですが、この製品のガラスドアを現在¥14800、即決価格¥29800、というのがあって、当社でこのオークションを競り落とす事は出来ないので、そちらで買っていただいて、その金額を後ほどお払いする、というこの二つのどちらかでいかがですか?」

と言われました。

もちろん後者を希望して、ネットを調べたのですが、もうそのガラスドアはなくて、その代わり壊れたのと同じモデルの物が意外と安く出ていました。

Oさんに相談すると、「それでもいいです」との事。

 

そこでやったこともないネットオークションで入札して、

「現在、あなたが最高入札額です」と出て、終了20分前からパソコンの前でドキドキしながら待機。

すると最後の数分のところで値段がガバガバと跳ね上がり、、、しかも説明には「ノークレーム、ノーリターンでお願いします」と無茶苦茶な話。

すっかり「ネットオークション」なるものが嫌になって、Oさんに電話しました。

「よく程度のわからないものがプロの人たちで価格操作されているようで、そういう所で買うのはやめます。そこで相談ですが、壊れたガラスドアをメーカーで外してもらってそれを返していただけませんか?」

そうしたらOさん、

「実は自分もいろいろ調べてみたのですが、自分でも外せそうです。今夜にでも外して明日、そちらにお送りします」

 

半分、不安でしたが、翌日の夜、箱が届きました。

開けてみると、、きれいにガラスドアは外されていて、あとは全て正常に作動しました。

事故が起こったのが1月15日。

昨日が2月18日。

約1ヶ月間のゴタゴタでしたが、

(それ、全部交渉したのはもちろん私)

本当に誠実に対処してくれたOさんに感謝です。

ヤマト運輸さん、

素晴らしい社員さんが初台にいらっしゃいます!

 

ちょっと「不幸中の幸い」のいいお話でした。

これから外でヤマト運輸の車を見たら頭下げます!

そして、マイクの「B&O病」はこれでおしまい。

おかげで、狭いリビングに4本のスピーカーが立ってます。

| 音楽を聴くこと。 | 13:59 | comments(0) | - | pookmark |
目標ー月間100km

20年以上、英語とピアノに通って来てくれるKさん。

これだけでもすごい事なのに、何と月に100kmをこれも30年間走り続けています。お仕事もしながらどうやって100キロ?と思ってしまうけれど、彼女の場合は土曜日の午前中と平日の夜、週2回は10キロ前後、あと2回は3キロ位を走り続けているそうな。

すごい!すごすぎます、「鉄の女」じゃ!

 

とても私にはムリムリ〜と思っていたのですが、試しにこの1月、時間がある時に、とにかく外に出て「歩く」ようにしてみました。

 

「走る」となると、まずジョギング用のウエアに着替え、準備体操し、走って帰って来たらクールダウンし、ストレッチなどし、シャワーを浴びて着替える、、、、、これだけの事をするとなると少なくとも2時間はかかります。

「ふいっと歩くだけ」なら、部屋着のままで軽い上着を引っ掛けて外に出て、歩いたり、走ったりして帰って来ると大体4キロくらい。

 

案外、誰にも会わないし、誰も見てないし、、、

思いついて帰って来るまで45分から60分。ボーッとネットを見てるよりマシです。休日はもう少し長く。

 

で、1月の集計を出してみると、なんと78キロ!

これだけを走ったのとでは大きな違いですが、それでも4分の1くらいは走ってるかも、、、、。

うん、ちょっと目標ができて楽しみになって来ました。

季節と共に、無理せず、ストレスにならないように、気楽にやってみます。これで体脂肪やコレステロールが減って、足腰が強くなれば最高です!

 

しかしなあ、「自分にご褒美」とか、

してしまいそうだなあ、、

コーヒーとチョコレート、、、、

これはもう完全に中毒です、依存症です。

 

 

 

| - | 19:33 | comments(0) | - | pookmark |
舞浜さくら会の会長が決まりました。

長らく空席のままだった舞浜の会長、と言うか誰も積極的に引き受けてくださる方がいなかったのですが、(それだけ皆さん、謙虚な方ばかり)

昨年、閉会した「月曜さくら会」から森先生と梅澤さんが今年から舞浜に移籍され、正式に舞浜さくら会の会員となって下さいました。

 

そこで梅澤さんに、

「最高齢、と言う事でぜひお引き受け願いたい」

と半ば強制的にお願いし、交渉成立となりました。

やった!

 

梅澤さんは、この1月で84歳、元気に稽古に励む超人です。

毎週、火曜日と木曜日の「アドバンスクラス」でずっと一緒に稽古をして来ました。特に木曜の稽古では青年のような瑞々しい向学心で、どれだけ指導する私の方が刺激を受けたかわかりません。

前にも、ご紹介しましたが梅澤さんは、剣道、空手、合気道、居合道の有段者。

浦安演武大会では、「指導者演武」の受けを取っていただいたことも2回。

その梅澤さんから私は、剣道、空手、居合の事をずいぶん教えて頂きました。

特に「剣」に対する姿勢と、空手の精神について学べた事は大きな財産となっています。

 

かつて龍道場には「梅田会長」と言う、それはそれは大きな存在がありました。安藤先生は「師」であり、梅田会長は「父」でありました。

梅澤さんが舞浜さくら会の会長となってくれた事は私にとって、大きな心の支えです。

私の至らない所、みんなの稽古の気の緩みや悩みなど、これからカバーして頂こうと思っています。

2020年、お陰さまでいいスタートが切れました。

梅澤会長、よろしくお願いします!

 

(オーランドの時の写真、私の右隣が梅澤さん)

 

(写真は5年ぶりに4級審査を受けて合格したH美さん。舞浜には彼女のような「超ゆっくりさん」や、「超マイペースさん」が沢山います。

いいね、ゆっくり!おめでとう!)

| 合気道 | 15:11 | comments(0) | - | pookmark |
追伸、「投げっぱなし合気道」

昨日の私のブログですが、廣末先生の合気道体験会のことはご紹介しましたが、その中身に関してはあえて何も書きませんでした。私がまだ体験していませんし、何も知りませんから、「素晴らしいのです」と書くことも出来ません。

中身に関しては後日、「体験会報告」として書かせていただきます。

 

ただ一つ、うかつにも書くのを忘れていました。

(ごめんなさい)

 それは廣末さんの「人となり」についてです。

 

私たちのお茶の時間にすれ違いで道場にやって来る廣末さんと、お知り合いになるうちに「この方は善い人だな。しかも生き方に一本、軸が通ってる」と感じるようになったからこそ、「一度、私のクラスに来て下さい」と言うお話ができました。そうでなかったらお誘いはできませんでした。

 

そして昨日、初めて廣末さんに

「舞浜ブログでお知らせさせていただきました」

とメールをした所、こんなお返事を頂きました。

 

「早速、ブログをツイートさせて頂きました。

改めてですが、お菓子だけでなく、

こんな素敵なご紹介とお時間を頂けて、

本当に嬉しく思います。

この御恩は、稽古にてお返しするつもりで臨みますので、

どうぞよろしくお願い致します。」

 

「稽古にて返す」

いい言葉です。

武士のようではありませんか。

 

「私の「見立て」に狂いは無かったようです。

3月3日、すごく楽しみになってきました!

 

 

| 合気道 | 13:49 | comments(0) | - | pookmark |