English in マルタブログ!

Yet Another JUGEM.
ミュンヘンに向けて

先日、FBに「演武稽古を始めたら、受けと気持ちが噛み合わない事にムッとする。」と書きました。

私は「仕手」「受け」と呼ぶ事自体が誤解の元と思っています。

よくあるパターンは、仕手と受けに上下関係(師弟関係)などがある場合。受けは仕手の技が引き立つように受けを取らなければ、というような「忖度」が発生します。なので、かけた技に対して受けがイメージから外れたりすると仕手は「ムッ」となる訳です。その気持ち、よく分かる!

自分の情熱に対して相手の情熱度合いが低いと気持ちがズレます。気持ちがズレると動きもズレます。

しかし「ムッ」が強すぎると受けは「飛ぶ」事だけに意識が行き、さらに噛み合わなくなる可能性も大です。

「いかなる受けにも合わせるのが合気道」だと思います。

稽古の時には当然の事ですが、演武となるとちょっとこれでは自分の演武が作れなくなります。

そもそも私の持つ演武のイメージは、アルゼンチンタンゴのような感じ、と言えば分かりやすいかな?

アルゼンチンタンゴのダンスを見ていると男性が女性の引き立て役とかサポート役には見えません。

どちらも全く互角の立場で踊っています。

ジャズでは「ピアノトリオ」という演奏形態があります。

これはメロディ、ベース、リズムという音楽を形成するのになくてはならない三大要素を究極的にシンプルにした形態です。

これにもどれが主役、というものはありません。

ピアノもベースもドラムも主役です。

演武における仕手と受けはこのようにあるべきだと私は思います。受けは「受ける」のではなく、二人でなければ技というものを表現できない。

二人は完全な共通認識を持つ「ユニット」でなければならない。

なので、ご心配をおかけしましたマイクとの演武稽古はその後、光が見えて来ました、と言うかマイクにスイッチが入りました。いつもそう、、「自分のテンポより遅い」事にムッとなるのだ。ストレス、ストレス。

昨夜は「よし、演武の事はだいぶ出来てきたぞ!」と思ってグッスリ眠ろうとしたら、、2時間の指導案をまとめてない事に気がつき、頭の中でグルグル。

写真は大好きな白紫陽花の花。

花瓶に入れてもう11日。元気です。

| 合気道 | 10:42 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
短パン大好き!

梅雨入りし、ジメジメの季節がやって来ました〜。

短パンが大好きなのですが、、、

別に長くてスラリとした足の持ち主でもなく、

しかもこの年齢になって、、

「短パンをはいたオバさん」というのもどんなモノか、、、

さすがにもうナシでしょう!と毎年考えるのですが、

どうしてもその快適さに他の服が勝てません。

しかも、もともとメンズ物が大好きなので、

短パンのデイテールまでが惚れ惚れとしてしまうのです。

数、多過ぎ、、、

分かってます。でも、

今年の夏もこれで行くさ〜

 

| - | 12:48 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
ドイツ養神館に行ってきますー続き

ミュンヘンでの稽古参加と指導と演武は、長年の友人である渡辺さんとの間でトントンと決まったかのように書きましたが、こんな私でも手順は踏んだのです。

まず、稽古参加と指導が決まった段階で師である安藤先生にお会いしてお話をし許可をいただきました。

ドイツの方も渡辺さんが理事会に話をし、総会にかけられて認可され正式に決定しました。

その段階で、私の事をご存知な方もいて、そこで渡辺さんは私の事を理事のみなさんに説明されたのだと思います。この時につくづく段位や国際指導員資格やマルタで指導した実績があって良かったと思ったのでした。

その段位や資格に恥じないような指導をしなければ、

と思っていた矢先、

昨日、また渡辺さんからメールが届きました。

「少し宣伝をしようかと言ってます。」

「はい」

「指導をいっそ2時間全部やっていただこうかと。」

もうこうなったら「まな板の上の恋」じゃない、

「鯉」じゃない、「まな板の上の陽子」です。

プレッシャーなど投げ捨てよう!

「自分を良く見せよう。」なんて思わないぞ。

昔、比嘉先生にいただいたお言葉を実践して参ります。

 

| 合気道 | 17:38 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
ドイツ養神館に行ってきます。

ミュンヘン在住の合気道の友人、渡辺さんが今年いよいよ定年を迎えられるので、彼がドイツにいるうちに、と6月の下旬にミュンヘンに行くことにしました。

旅行のメインは北イタリアのドロミテ山のトレッキングと、何と言ってもドイツの美しいお城を見る事。

そしてジャーマンビールです!

渡辺さんが「せっかく来るのだから合気道の稽古にも参加して時差ボケ解消すれば?」と言うので、

「稽古、参加します!」と返事。

次のメールで、「日曜日の僕が指導するクラスの後半、陽子さん教えてください。」

「指導、します!」と返事。

次のメールで、「日曜日に急遽、「故長野先生を偲ぶ会」をする事になり、みんなで演武をする事になったのでマイクと演武もしてください。」

「演武、します!」と返事。

あれよあれよと言う間に、すっかり渡辺さんに取り込まれてしまいました。

安藤先生に報告すると、「楽しんできてください。」と許可をいただきました。

海外の道場を訪ねるのは、アメリカ、カナダ、ニュージーランド以来、久しぶりです。

指導するのもマルタ以来です。

ドイツの合気道愛好家館がどんな人たちで、どんな稽古をし、どんな合気道をしているのか、楽しみです。

腕の痺れも良くなってきたし、、、

演武稽古と指導案作成をしなくては。

| 合気道 | 18:35 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
2人のピアノレッスン

J子さんとお孫さんのKちゃんのピアノのレッスンが始まったのが2017年の9月の事でした。

2人の年齢差60年。

Kちゃんも5歳になり(2歳の時には舞浜に合気道にも来てました!)その年齢差を感じさせない関係になりつつあります。(笑)

忙しくて(?)なかなか練習のできないJ子さん。

Kちゃんの一言、「やろうと思えばできるでしょ。」

渡した楽譜をなくしたJ子さん。

私、「探せば見つかると思うけど。」

Kちゃん、「ものすごく散らかってるから。」

ぐ、ぐ、ぐ。

最初は自分のレッスンが終わってJ子さんのレッスンになると退屈して話しかけたり動き回ったりしていましたが、私の「先に一人でおうちに帰ってる?」の言葉以来、おとなしく待てるようになりました。

Kちゃんはいろんな質問を投げかけて来ます。

「先生の髪の毛はなんでキラキラしてる所があるの?」

「それはね、白髪を染めてるからよ。」

「先生の目はなんで黒目のまわりが青いの?」

「それはね、白内障のせいよ。」

こんな会話をしているとなんだかお見舞いに来てくれた赤頭巾ちゃんにベッドの中から答えている狼になったような気分になります。

昨日のレッスンもJ子さんのレッスンの間、いい子で待ってる、、と思ったら眠ってました。

子供は天使です。

どんな夢みてるのかな。

| ピアノ | 10:57 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
  • 1/282PAGES
  • >>