先日取材された舞浜さくら会の放映が始まりました。

先日、舞浜の総合体育館で活動している団体の一つとして、浦安市の行政情報「こちら浦安情報局」の取材を受けました。2時間に渡って稽古風景を撮っていただきました。

 

その放映が始まりましたので、お知らせします。

浦安市内のケーブルテレビでは、

11月10日〜11月16日まで。

12:00〜12:30、20:00〜20:30。

 

インターネットでは、

「浦安市ホームページ」より、

あるいはYou Tubeで、

「こちら浦安情報局536」で見られます。

 

舞浜の総合体育館のロビーでは繰り返し放映されています。

 

インタビューは「では行きます。3、2、1、スタート!」の瞬間、カチンコチンになりましたが、

上手に編集していただき、ホッとしています。

番組の最初の1分半くらいから3分過ぎまでです。

少しでも合気道の宣伝にお役に立てればと思います。

ぜひ、ご覧ください。

 

YOKO * 合気道 * 15:41 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

フェルナンド先生、続き。

フェルナンドさんは今年の5月にバイクに乗っていて事故にあいました。

相手はトラック、運転手の免許は大型の免許ではなかったそうで(というかかなり怪しい運転免許)、ゆっくり走っていたフェルナンドさんはトラックに跳ね飛ばされて、バイクは100メートル先まで飛んで行って大破。

フェルナンドさんは、とっさに受け身を取って、3回転して、命こそ助かったものの、左肩と右足を骨折しました。

ちょうど2日前に11月の日本行きの、キャンセル不可の航空券を買ったばかり、、、、。

「たいした事故ではなかったけれど救急車で病院にいる。」と電話をかけたので、病院に飛んできた奥さんはベッドの上のフェルナンドさんを見て、大ショックだったそうです。

 

「死ななかったのは合気道の受け身のおかげ。」と笑うフェルナンドさん。

「それと剛三先生と植芝先生が、お前はまだやる事が残ってるぞ、と言ったのね。」と私。

「でも、事故のおかげでわかった事もあります。」

「私も病気のおかげで気がつきました。」

「今、この瞬間が大事。この目の前にある美味しい食べ物を一緒にいただいている事が最高の幸せ。」

「そうそう、日常の小さな当たり前が実は当たり前ではなく、奇跡のような幸運だ、って事。」と3人で笑いました。

 

帰りの便の7時間前に龍道場を出て、3時間前に成田に着いて、成田からNYまで14時間。3時間の乗り継ぎ時間の後、ブエノスアイレスまで18時間。日曜日のお昼に道場を出て、ご自宅に着いたのは日本時間で火曜日の朝、8時ごろです。ほとんど2日がかりです。

 

フェルナンドさんが何度も口にした日本語は「誠」でした。

本当に「誠」の塊のような人。

頭が下がりっぱなしです。

 

(写真は「舞浜の皆さんに」といただいたアルゼンチンのお土産のお菓子です。)

YOKO * 合気道 * 14:39 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

フェルナンド先生、我が家に。

アルゼンチンから来て、龍で1週間合宿されていたフェルナンドさんを夕食にお招きしました。

今回は滞在が短く舞浜まで稽古に来ていただくことはできなかったので、日本最後の晩にやっとゆっくりお会いすることができました。

フェルナンドさんはアルゼンチンで24年間、合気会で合気道を学んでいました。

ある日、先生に「もう、お前に教えることは何もない。この先は日本に行って師匠を探して勉強して来なさい。」と言われたそうです。

その時には養神館の知識はほとんどなく、しかしフェルナンドさんが決心して訪れたのは安藤先生の龍道場でした。

 

カナダのステイーブン先生は本部道場で国際研修生としていた時に安藤先生に出会い、先生について浦安に転居して内弟子にこそなりませんでしたが、内弟子のような年月を経て、現在はカナダで「飛龍館」を立ち上げています。

 

沖縄の比嘉先生は、たまたま見たテレビで塩田剛三先生の事を知り、「誰か塩田先生の技を継承している人物がいるはずだ。」という思いだけで上京し、安藤先生の内弟子となり、現在は沖縄で「海龍館」を立ち上げています。

 

同じような不思議なご縁で安藤先生に出会ったフェルナンドさん。最初に日本に来たのは2007年ですから11年前のこと。その時、アルゼンチンで養神館合気道をしている人間は彼一人。

それから11年の間に日本に来て研鑽を積むこと5回、安藤先生をアルゼンチンにお招きすること3回。

今はブラジルや他の南米の国にも養神館合気道を広めて何と総勢200人になったそうです。

 

フェルナンドさんの情熱は養神館合気道の普及だけにとどまりませんでした。

もちろん合気会はすでに大変、広まっていて、ブラジリアン柔術のような武道も盛んな南米。

それらの人たちも含めて、みんなで友好的なまとまりを作ろうと努力を続けたフェルナンドさん。

「最初は大変でした。それぞれにプライドや競争心もあり全然、話を聞いてくれなかった。少しずつ、少しずつ、話を続けて、やっとまとまり、合同の講習会も開き、お互いを尊敬し合う、すごくいい感じになりました。みんな大きなファミリーのようになりました。」

と話すフェルナンドさんは温厚で、とてもそんな大事業を成し遂げたような人物には見えません。

チェ・ゲバラの時代から政治と経済の混沌にさらされ、貧困に苦しめられて来た南米の人々。

流派を越えて、武道という精神で大きくまとまろうとするフェルナンドさんの努力は、いつの日か南米を変えて行くような気がします。

 

いつかは行きたいアルゼンチン。

歩いてみたいブエノスアイレス。

見てみたいパタゴニアの絶景。

「いつか」なんて言っていてはだめですね。

 

フェルナンドさんの話は続きます。

(つまり食べるよりも話してた、って事)

YOKO * 合気道 * 11:19 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

休日の過ごし方ーバーゲンマジック

昨日は久しぶりにマイクと私は別行動。

 

マイクは江戸川をサイクリングして柴又まで行って、お気に入りのカフェのモーニングセット¥300を楽しんで帰ってきました。サラダとゆで卵、ヨーグルトにトーストとコーヒーがセットで¥300です!

 

私は娘と酒々井のアウトレットに。女子だけで行くと買い物は「こんなに楽しいか」と思うほどに盛り上がります。

マイクにはよく「どれだけ安くなってるか、よりも本当に必要か、を考えろ。」と言われますが、¥12000だったものが70%オフになり、なおかつ2点買うとさらに10%オフ!となるともう「ほとんどただ?」みたいな気持ちになります。70%オフから10%オフとは80%オフではなく正確には73%オフだと思いますが、そんなことはどうでも良くて、買い物に来た甲斐があったというものです。

さらに¥32000のゴアテックスのワーキングブーツが¥9800。2点買うとさらに20%オフ、3点買うと30%オフ。娘もゴルフシューズとスニーカーを買ったので30%オフもクリア。もう一つは¥28000の黒のブーツが¥8600。そこからさらに¥2000オフ。そしてカード請求時にさらに5%オフ。

オフ、オフ、オフ!

どちらもワンサイズのみの最後の1点。それが私の足にぴったりフィット、となればマイクのブレーキもかからず、娘の「これは買いでしょ。」の一言に励まされ、「年を取ったら歩きやすくて滑らない安全ないい靴は大事よね。」と自分に言い聞かせてゲットしました。

 

家に帰ると、ちょっと前に帰ったマイクがシャワーから出てきて、お互いに「今日は楽しかった〜」の1日でした。

(言い訳になりますが、6月のミュンヘンでマイクは足にピッタリ合ったシューズを2足も買ったのです。)

なぜかマイクはシューズの買い物だけは文句を言いません。

¥300しか使わなかった事でハッピーなマイク。

本当は¥72000の物が、¥18000くらいで買えて、¥53000くらい得したとハッピーな私。でも、¥18000使った事に変わりはないのですが、、、笑。

 

 

YOKO * 新たな日本の暮らし * 12:33 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

パクチー、種まきしました。

今年の春に収穫したパクチーの種を、

ピーナッツのビンに保存していました。

先日、「そろそろ蒔くぞ。」と思い立ち、

ここでいつもの私とは違う行動に出たのです。

 

いつもは「時間がない」を理由にして、

土にシャベルを入れて、

チャッチャッと蒔いてしまうのですが、

今回は先ず「土作り」から始めました。

掘り起こすと、ほとんど根っこばかり。

土なんて無いに等しい。

その根っこを取り除き、土を掘り起こして空気を入れ、

太陽に当てて、また掘り返す事を数回。

それから肥料を入れてまた太陽。

それから種を蒔きました。

 

何事も土台が肝心だからね〜

元気な芽が出て、パクチーがたくさん採れますように!

楽しみが一つ、増えました。

 

採れたらアジアン風のサラダを作るぞ。

YOKO * 食すること * 11:46 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark
このページの先頭へ