忙しい〜〜〜

この2月、3月、忙しかった〜〜!

やっと一昨日のいまがわ学園、園児たちの合気道第8期生修了式が終わって一息ついたところです。

 

2月3日の「浦安マラソン」で転倒し、その翌日、左にバランスを崩して、2月8日に緊急手術を受け「慢性硬膜内血腫」の血を360ccも抜いた友人も、一昨日、術後1ヶ月CT検査の結果、医師から「もう大丈夫!」と言われました。

よかった!

この2ヶ月間、家に居ることを余儀なくされた彼女、精神的に落ち込んでしまわないかと心配しましたが、

「こんなにゆっくり出来たのは初めて。自分がゆっくり出来ると気持ちも優しくなれんだね。」となんかおっとりして可愛くなった顔で話してくれました。

「普段なかなか勉強したくても出来なかった事を勉強し直したりして有意義な時間だった。」と。

そうです!

困難からどう立ち上がるかがその人間の真価を問われるところです。そこでくさってしまって気力も無くし、自分の人生をあきらめて、「世捨て人」になってしまうのか、どんな状況になったにせよ、上を向いて立ち上がれるか、です。

立ち上がり方はどんなでもいい。

何度でも立ち上がる事。

でも本当に回復してくれて良かった!

私自身も、彼女がどんなに大切な存在なのか再認識した時間でもありました。

 

いまがわ学園の子供たちには一人ずつ免状と水色帯、写真と村田先生のコメントの入ったアルバム、記念のTシャツ、お菓子を入れた袋を手渡しました。

最後に道場を出る時に、

「忘れないよ!」「忘れないからね〜」

とハイタッチしながら口々に言ってくれました。

5〜6才の子どもたちが「忘れないよ〜」と言う事は彼らが幾つになるまで記憶の中にあるのかなあ。

とにかく、うれしかった事に代わりはありません。

 

稽古仲間の何人かは仕事のシステムや勤務地が変わり、春は慌ただしい季節です。

私はもう花粉症で、鼻水、涙目でクシャン、クシャン。

来週は稽古の後、子どもたちのクラスもないので体育館の外にある桜の樹の下で「お花見ランチ」をする予定です。

桜の開花とお天気が心配ですが、、、

「心配してもどうしようも無い事は心配しない」

の精神でいきます。

いずれにせよ、みんな「花より団子」なので、、

ま、いいか!

たくさんの「よかった!」をお祝いします。

YOKO * 合気道 * 11:10 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

いまがわKIDS合気道クラブ

いまがわ学園の園児たちのための合気道教室「いまがわKIDS合気道クラブ」の第8期が3月で修了します。

あっという間の8年でした。

 

スタートした2011年は震災で予定していた場所が使えず、学園も移転を余儀なくされ苦難の中のスタートでした。

今の8期生は、そんなことも何にも知らない平成24年、25年生まれ。ほんの4〜5年前に生まれてきた子供たちです。

 

19日に修了式を行うので、今はその準備に追われています。

毎年、子供たちの写真を入れる小さなアルバムに、村田先生に一人一人、コメントを書いて頂いています。

今年も忙しい中、きれいな字で丁寧なコメントを書いてくれました。

 

それを一枚一枚、読みながらアルバムに入れていて、つくづく思いました。

私たちの「いまがわKIDS合気道クラブ」が一番誇れるものは、この村田先生のコメントなのではないかと。

子供たちを1年間じっくり見つめ、その子の足りない部分も優れた部分もしっかりと捉え、この先に生かしていこうね!と励ますメッセージは、必ず子供たちの心に届くものと信じています。

 

今年もありがとう、村田先生!

YOKO * 合気道 * 10:00 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

10年かかった黒帯

舞浜さくら会のもう一人の会員さんの岩松さんが先日、稽古に来られて免状と黒帯を手にしました。入会したのが平成20年です。数少ない「舞浜に住む」舞浜さくら会員です。

 

お嬢さんもママの後から合気道を始め、彼女は学校があるので龍道場の夜のクラスに通い、なんと、ママより早くに黒帯になりました。

 

岩松さんの方は、ご両親のケアや、学校の役員、夫の単身赴任、お嬢さんの受験などなど、母親ならではの忙しさで、なかなか稽古にも来られないようなここ数年でしたが、岩松さんの昇段受験を「足踏み」して待っててくれた川上さんと、お二人揃って昇段審査を受験されて見事に合格したのです。

 

「ご家族になんと言われました?」と伺うと、

「スポーツをバリバリやっていた夫に初めて、黒帯まで頑張ったんだね、と褒められました!」とうれしそうに話してくれました。

「黒帯でやっと道場の玄関を入ったところだからね〜」とみんなに言われ「はいはい」と岩松さん。

 

これから親子二代で頑張れ!

継続は力です。

そして支えてくれる稽古仲間はもっと大きな力です。

YOKO * 合気道 * 13:49 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

ピアノを弾く武道家

前回、ご紹介した藤平信一先生から2月に届いたコラムは「ピアノ」でした。

子供の頃に12年間、ピアノを習わされていたとの事、ビックリです。

信一先生がピアノから学んだものは、きっと色々あったのだろうと思いますが、

まず、「弾く前に心を静めること」

それは稽古前の「黙想」と同じでピアノという音楽の世界に入って行く時に必要なものです。次元をまたぐというか、現実から別の世界に敷居をまたぐ様な感じです。

次に「氣を切らないこと」

一つの音の終わりは次の音の始まりであり、音のない瞬間の「間」でさえも音楽の一部であるということ。「集中力を保つ」より、もう少し深いものです。

次に「無限に静まること」

静から動が生まれ、動から静が生まれる、「それは技の静動一致と同じ」と述べられています。

父親である光一先生に「後継者になぜピアノを学ばせているのですか?」という質問をした人もいたそうです。

「真正面から見るだけでは得られないものを、異なる次元から見ることの必要性を教えてくれた。」と信一先生は書いています。

「異なるものを混ぜ合わせるのではなく、異なるものから共通する土台を理解すること。」

全く同感です。

脇目も振らずに一つのことに邁進するのもいいですが、異なることも同様に真剣に学ぶことから、両方に光が当たってくることは私自身が実際に何度も経験しています。

「ぶれてはいけない」という言い方もありますが、「振れ幅」が大きいほど開かれる世界観というものも確かにあります。

単純な例えではありますが、例えば自由技のかかり稽古の時に、技をかける方の人に「回転を大きく」という事だけに集中させてやってみると、当然受けの勢いも違ってきます。のびのびと身体を動かすことによって、自分の持っている「色々なごちゃごちゃしたもの」から自分自身を解放することもできます。その結果、見えて来るものは、、、

「ダイナミック合気道」

いいね!いいぞ !!

そして信一先生、20年触れていなかったピアノに最近は誰もいない時にそっと触れていらっしゃるとか。(う、かわいい)

ピアノを弾く武道家、いいな。

YOKO * 合気道 * 11:26 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

検証会ー5回目

こじんまりとコツコツとやってきた検証会も5回目になりました。

まだ良くできない「柏手(かしわで)投げ」

最後に相手を投げようとすると、どうしても手に力が入ってしまいます。

最後まで丸く、が難しい。

何度もやっていると一つのイメージが湧いてきました。

大きな陶器の壺の側面から底を「撫でるように」すると上手く行きます。

「円運動」と言っても単純なものではありません。

丸い円なのか楕円なのかで全く違ってきます。

この場合、「楕円」なのです。

「後ろ両手持ち」の振りかぶりも長い間「丸」と思っていましたが、これも「楕円」です。

「楕円」の方が横幅がタイトな感じになります。

今回はタオルを使って(お年賀で企業からいただくような、あるいは旅館にあるような安いタオルです)タオルを30センチくらいにたたみ先端をお互いに持ち、腰から手の動きを連動させて、それがタオルの先まで届くようにしてタオルを持っている相手を「四方投げ」のように倒す動きを試みてみました。

「え〜〜?」とは思ったのですが、できるようになると効く、これが効くのです!

相手の「首」にくるはずなのですが、私がやってみると私の場合は相手の「脇腹あたりの腰」に行きます。

フニャフニャのタオル、というところがミソ。これはなかなか面白い「実験」でした。これは次回もやってみる事にしました。

この体の中心からの波動を効率よく先端の手まで伝える動きは上手くできるようになると本当に「一瞬必殺技」のように強力なパワーとなるので、稽古ではあくまでも稽古として気をつけて行うようにしています。

舞浜さくら会の稽古には検証会でやっている事は一切やっていませんが、こうして今まで思ってもみなかった角度からやってみる事で「養神館合気道」の技を新しい角度から光を当てることができるのを実感しています。

そう、少なくとも私の「肥やし」にはなってる!

私の「引き出し」の中身は増えてます。笑

次回は3月4日((月)13時からです。

YOKO * 合気道 * 21:25 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

1級から7年かかった初段

昨年の暮れの審査は舞浜さくら会にとって、と言うか私にとって、待ちに待った日をとうとう迎えたと言う日でした。

鰻職人の川上さんは入会されて11年。

茶帯の1級を取られたのが入会から4年目。それから7年が経っていました。

入会された時が56歳ですから、それから髪はすっかり白くなられ、それでもダンデイーさは変わらず、週に1回の稽古をコツコツと続けてきました。

2〜3年前から「そろそろ初段を受けてみませんか?」と誘っても、いつも返ってくる返事は同じ。

「いや、自分はまだまだです。黒帯なんてとんでもない。

自分の持っている黒帯のイメージと自分の技量はかけ離れています。」

包丁を持って鰻を捌く職人ならではの感覚や一徹さが川上さんにはありました。

年齢を重ねるうちに血圧が高くなり、時々は稽古中に「ちょっと休みます。」と言うこともあり、そんなこんなで川上さんの茶帯はどんどんクタクタになっていきました。

指導者としての私も、「このまま茶帯で楽しく稽古してくれればいいかな。」と思ったり、「いや、どうしても黒帯を取らせたい。」と思ったり、「でも無理させても。」と思ったりの連続。

プレッシャーをかけるのもよくありませんが、目標がないのもなんだか。

で、昨年の12月の審査申込み期日まで悩み、迷い続けた川上さんでしたが、

「はい、決心タイムリミットの3時ですよ!」と言った時に、「受けます!」の言葉が。

その時、どんなに嬉しかったかわかりません。

その決心の前からずっと審査稽古はしていました。

足元がふらついたり、体勢が揺れたりしていましたが、10月頃から実は彼の中でスイッチが入りました。

「技が出てこない。」とか「自由技が止まる。」とか嘆くのを聞き流し、みんなで懸命に初段審査へ向けての稽古を続けて来ました。

そして審査当日。

冷静さを装いながらも私の心臓はバクバク。

「技が出てこなかったらどうしよう。」「途中で気分が悪くなったらどうしよう。」

しかし受けを取る村田さんには「審査本番では、川上さんを助けよう、とか思わないで受けに徹してぶつかってください。」とお願いしました。

そして審査は、、、、

今まで何度か「模擬審査」もしてきたのですが、一番良かった!

落ち着いていたし、相手をしっかり見ていたし、自分で納得する動きには「風格」のようなものさえありました。

見事合格!

週にたった1回の稽古です。行事の参加もほとんどされないので、川上さんの存在を知っている人はごくわずかです。ご自身がそうありたいように、全く目立たない会員さんです。

でも私は11年と言う長い年月をコツコツと学び続けてきた川上さんの黒帯は、ものすごく価値がある、と思うのです。

かけてきた時間は「嘘」をつきません。

そして「嘘」はきっと川上さんが最も嫌いなもののはずです。

おめでとうございます!

(三級を取った武石さん)

(黒帯になった川上さん)

YOKO * 合気道 * 20:35 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

検証会ー4回目

検証会も4回目を迎えました。

今回は普段来られない2名が参加してくれました。そのうちのお一人は「思っていたよりも面白かった。」と言う感想でした。良かった。 

今回は、すぐには出来ない「合気上げ」「合気下げ」の復習。柏手(かしわ手)の両手、片手、交叉取り、諸手取りなど、とにかくがっつり相手に持ってもらい、腰の回転から肩、腕、肘、最後にムチのように手に威力が来る、と言うイメージの稽古。

ムチを打つ、あるいはエサをつけた釣竿を遠くに飛ばすようなイメージです。

ゴルフのスイングと同じじゃないか?

ピアノだったらどこにも力を滞らせる事なく、指先の一点にストンと力が降りてきて打鍵するのとも同じじゃないか?

そんな稽古をしてから「後ろ両手持ち十字投げ」をしなやかな動きで。

短刀で突いてきた所を正面で止めて自分側の下に落とす動き、

短刀で「捨て身小手返し」なども試してみました。

最後は私のリクエストで「正面突き首絞め落とし」

初体験の年配者は「これで安らかに逝けるなら」と半ば真剣におっしゃるのでみんなで大笑い。彼はもうどうしようもない最後にはどうやって自分で死ねるか、を考えているそう。「女性の腕の中で安らかに逝けるのはいいんじゃない?」と言う事に落ち着きました。徳永さんは「これは危険だからやめましょう、と言われると思ったのに。」と苦笑い。

女性陣は目をキラキラさせて、この技の習得に余念がありませんでした。

好きな事、やりたい事、面白い事はすぐにマスターできるぞ。

YOKO * 合気道 * 18:15 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

さくら会、冬の総合審査が無事に終わりました!

18日の火曜日に、さくら会、月曜さくら会、舞浜さくら会、金曜シニアさくら会の合同の審査が行われました。

これは毎年、12月に安藤先生をお招きして、昇級以上の審査をしていただく、さくら会グループメンバーにとっては、年に1度の大イベントです。

今年は舞浜さくら会から3級が一人、2級が一人、そして念願の(悲願の)昇段が二人、金曜シニアから1級が一人、この5名の方々が受験されました。

昇段を受けた岩松さんは入会して10年、川上さんは入会して11年の67歳。

川上さんはお仕事で週に一回しか稽古に来られない中、コツコツと稽古を続けてきました。

彼の中では「黒帯」のイメージは遥か彼方。

「私なんかまだまだです。ずっと茶帯でいいです。」と言い続けてきました。1級まで4年、1級を取ってもう7年が経過していました。最近では高血圧と心臓の微細な動悸があり、稽古の途中で「ぼーっとするのでちょっと休んでます。」という事もありました。

審査申し込みぎりぎりまで「やっぱりできません。」と言っていたのですが、最後に「受けます。」という言葉を絞り出すように言ってくれました。(ここまでの私の押しはご想像にお任せします)

私も舞浜メンバーの全員もドキドキで迎えた審査でしたが、川上さん、そして岩松さん、見事にやってくれました。

昇段に合格しました!

「週一でも取れるんです!」と私は大きな声で叫びたいです。

この7年は決して無駄なものではなく、川上さんの合気道にはすでに「風格」のようなものさえ漂っています。

私は読み上げをしたのですが、この読み上げも大事な役割があると思ってます。

安藤先生の一挙一動を注視して、先生と一体になって審査を進めるようなリズムが流れると、先生も心地よく「いい空気」で道場が包まれます。ただ気合を込めるだけでなく、先生と受験生をつなげながら、いい審査にする重要な役目だと思ってます。

そして審査の受けを務めたメンバーたち。

「審査の受け」ほど難しいものはありません。

出すぎてもいけない。受験者を助けすぎてもいけない。しかし、受験者をしっかり支えながら黒子に徹して審査を上手く進めさせる重要な舵取りです。

そして、指導者たち。

受験生を通して、その人を指導してきた人間がくっきりと浮かび上がります。

つまり、受験生は指導者の分身のようなもの。

自分の指導の行き渡らなかった点、足りなかった点、あきらめた点などがはっきりと審査の場で見えてきます。

審査はこのように緊張の場ですが、審査をする先生、受験生、受け、読み上げ、仲間の審査を見守る仲間たち、この全てが一体となって道場が「合氣」で満たされる特別な時間であり、私はこの特別な時間がとても好きです。

合否という結果よりも、チャレンジする事で体も精神もスイッチが入ります。

舞浜さくら会はこのように、とっても時間がかかるけど、時間がかかる事を良さにかえてこれからもじっくり納得のいくまで進んでいきます。

5人の受験生の皆さん、お疲れさま!

そして感動をありがとう!

審査の後、先日の「浦安情報局」が新年特別番組で色々な団体の「新年開けましておめでとうございます!」を収録したいと連絡をいただいたので、急遽、全員で収録されました。

放送は「こちら浦安情報局」1月1日から7日まで。

12時と20時の二回。

テレビでご覧になれない方は「浦安市ホームページ」から、あるいはユーチューブで「こちら浦安情報局、新春特番」でご覧になれますので、お正月にぜひ見てください!

2018年の稽古の締めくくりが全て順調に終えられた事に感謝です。

YOKO * 合気道 * 11:16 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

検証会ー第3回

検証会第3回が12月3日に行われました。

今回は二カ条(一)(二)一カ条(一)三カ条(一)四カ条(一)を「氣を通す」事を意識して行ってみました。

この「意識すること」がキーポイント。

出来る、出来ない、にこだわると意識がそちらに向かってしまうので、出来るか出来ないかは考えない。

受けは自分が出来なくても「氣が通ってるかどうか」は実によく分かります。

片手持ちができれば全てに応用できるはず、という流れ。

両手を持たれた場合も「相手がしっかり持った場合」と「ふんわり持った場合」の繋げ方、通し方も。

 

「後ろ両手持ち」の振りかぶりも養神館と合気会の両方のやり方で検証してみました。

合気会のやり方はどの技も「抜き」があってから「入れる」

養神館はこの「抜き」があまり強調されていない気がします。稽古の中で「腕や手の力を使わずに腰をしっかり決めて体幹で投げる。」とよく言いますが(私もよく言います)、違う表現の仕方もあるんかな、と思いました。

 

次に「短刀取り」からの抜き。

「短刀取り、捨て身小手返し」

この捨て身系の自由技はなかなか面白いです。

もっといろいろできるかな。

 

最後に「正面突き、首絞め落とし」というのをやりました。

これは相手の頸動脈を小指側で押さえながら相手の腕で相手の首を絞めるように垂直に落とす技です。

この技の名前を聞いた時に、、、、、

よほど私の目がキラリンとしたらしく、

徳永さんに「帰って家でマイクさんに使わないでね。」

「なんで、わかる?」と大笑いしました。

もちろん、帰ってやったさ!

 

どれも徳永さんも「やった事がないので、今日が初めて」の技ばかり。イメージトレーニングだけしてて「検証会」で初めての検証体験です。

みんな、たまにうまく「通った」時には首や腰に思い切り来るので、見てるのとやってみるのとは大違いです。

 

そんなこんなで今回も楽しく出来ました。

なんたって「首絞め落とし」だからね。

必殺技(なぜか女性はこういうの大好き!)の奥義でした。

 

次回は来年、1月14日(月)を予定しています。

 

(写真はマルタの十字軍)

3

 

 

YOKO * 合気道 * 11:13 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

Stephanie on TV

合気道養神館龍のステファニー先生がテレビに出ます!

ステファニーと初めて道場で会ったのは、

もうかれこれ15年以上前のことです。

 

「南アフリカから来ました。」と聞いて、それまで全く馴染みのなかった南アフリカでしたが、マイクに聞くとイギリスとは縁の深い国で、「世界で最も美しい景色のある国だよ。」との事。

彼女が龍で稽古を始めたのは、働いていたシェーン英語学校の同僚、同郷のジョナサンが龍で稽古をしていたから。シェーンにあてがわれて住んでいた幕張のアパートから浦安への引越しも手伝ったりして、すっかり日本のお姉さん(お母さん?)のような気持ちになったものです。浦安で見つけたアパートは道場からすぐの所で、今では内弟子の方々が代々、住み続けています。

その当時の龍道場の稽古は外国人にとって、漫画家の手塚治虫や石森章太郎が駆け出しの頃にみんなで住んで腕を磨いていた事で有名な「トキワ荘」のような感じでした。

 

安藤先生について本部から浦安に移ってきたカナダ人のステイーブンを筆頭に、東京都と同じ広さの土地に実家があるオーストラリア人のバート、ステイーブンを頼って来た「典型的」アメリカ人のブレット、ロサンジェルス合宿で私たちと出会って、浦安にやって来たキアヌ・リーブス似のアメリカ人エージェン、ステイーブンが 働いていたNOVAつながりで、同じくアメリカ人の写真家ジェイコブ、綺麗な英語をしゃべる元BBC勤務だったイギリス人のユージン、などなどが毎週2回のAACクラスで稽古をしていました。

稽古の後は近くの回転寿司に行って、お昼時無料のお味噌汁とシメサバやかんぴょう巻きなどの安いお皿を数枚頼んでは楽しくて安いランチをしていました。

そこで私は彼らの、必要以上に気を使わない正直で楽チンな人間関係の心地よさを経験したりもしました。

合気道つながりで、うちで近所の子供達の英語教室をしたり、その後一緒に夕食を食べてから、また稽古に行ったりしました。ステファニーについて南アフリカに行って、ご両親や家族に会ったりもしました。

 

稽古に励み、どんどん上手になると同時に、どんどん更に美しくなって行ったステファニーが「内弟子になりたい。」と言った時には正直びっくりしました。それまで女性の内弟子も外国人の内弟子もいなかったからです。

それ以上にびっくりしたのは、その一年後、「安藤先生と結婚します。」と聞いた時。

「おめでとう!」と言ってあげる前に喉から出て来た言葉は、「あなたが考えているほど、それは簡単な事ではないのよ。」という非情な言葉。(本当にごめんなさい)

そんな私の心配を跳ねのけて、今では立派な龍道場の「おかみさん」です。

日本男性との結婚だけでも大変!

日本で子育てだけでも大変!

合気道を夫とやって行くだけでも大変!

と思ったのですが、、、見事にやってのけました。

もう心から、脱帽です。

 

放送日は12月17日((月)夜9時から。

BSテレビ東京の「ワタシが日本に住む理由」です。

ぜひ、ご覧ください!

これで有名人になっちゃうのかな。

ステと道場で

ステとクリスマスツリーの前で

 

 

YOKO * 合気道 * 11:35 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark
このページの先頭へ