CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
LINKS
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

English in マルタブログ!

Yet Another JUGEM.
小さな声

教えている園児の一人は昨年の秋、途中からの入会でした。引っ越してきて、苗字も変わり、子供にとって最大の難関をくぐり抜けてる最中。

両親の修羅場を見たのかも知れないし、見なくても母親の苦しみや不安や悲しみは感じたはず。それは私自身も自分の二人の娘たちに与えてしまった事なので痛いほどわかりました。

稽古の前に整列の後、一人ずつ名前を呼んで大きな声で「はい!」と返事をさせます。

声が小さかったり、わざとふざけて「パプ〜」とか言う子には厳しく注意します。

「いい返事をすることは、これから合気道の稽古に入ります!と言うスイッチを自分に入れる事なんだよ。わかりましたか?」と言って毎回、毎回、返事の声には注意します。大きな声が出るまで何回も返事をさせられる子もいます。

だけど、この子だけは私は別扱いしました。

声も出さない、、、、何度か「ほら言ってごらん!」と即しましたが、、、声を出さない、、、、しかも呼ばれる名前は依然と違う苗字です。ここでその子を更に追い詰めることはできませんでした。

みんなに話しました。

「大きな声出なくてもいいです。やる気のある気持ちがこもったしっかりした声なら大きくなくても先生には伝わります。」

それでもこの子からは声が出ない。

普段、どうしようもない他の園児たちですが、彼らの不思議は、こう言う子に対して自然と受け入れるイルカのようなミラクルパワーがある事です。

普段、不公平には敏感な彼らの誰一人として「なんで声出してないのに〜〜」と言う子はいませんでした。

最初の返事でこうですから、稽古中の体操や、動きや走ることも全て体がぎこちなく固まっていて、まるで自分の意思と感情と身体とが闘っていて小さな体の中で収拾がつかずに大渋滞、と言う感じでした。

それがある日のこと、「はい、、、」と小さな声が出て、、、、私は大げさな反応はしませんでしたが、、思いっきりの笑顔をその子に返しました。

それからは身体も動かすようになって、今ではみんなと一緒に走ったり、喧嘩して泣いたり、笑ったりするようになりました。かかった時間、9ヶ月。

今日の私の偉そうな一言

「教育とはその子が準備できるまで待つこと」

傷は負わない方がいいのでしょうか?

傷を負った人間の方が人の痛みもわかる人間になれる。そう信じています。

誰も名前を入れない水色帯に、お母さんから「名前を入れてください」と頼まれて、名前が入った帯をその子は毎回結んで、ちょっと恥ずかしそうな笑顔で稽古してます。

お母さんの気持ち、小さな体でしっかり受け止めてます!

 

| 合気道 | 10:08 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
最近の舞浜はグラデイエーター

平日の午前中という限られた時間帯で稽古している舞浜さくら会ですが、よくよく考えてみると「女性のための合気道クラス」としてスタートしたにも関わらず、現在準レギュラー会員も入れると女性が6名、男性が10名という構成になっています。

そして約2名、自分のクラスを持ってもいい位の力量のある会員さんもいます。(一人はちょこっと持っています)もちろん彼らは、茶帯や白帯の会員さんたち相手に熱心に稽古もしてくれていますので大変ありがたいのですが、、、、

考えてみて下さい。舞浜では、どんどん仕手受けを変えていくのですが、誰もが彼らと仕手受けになると、「やっぱり受けが上手いと上手にできるような気がする〜」などと喜んでいます。

私のように、道場を2ヶ月前から予約する、出欠席の管理をする、イレギュラー事項の連絡をする、会員さんの一人一人の諸事情を配慮する、自己研修を重ねる、稽古プランを立てる、稽古中の全員の様子を観察する、自分の指導説明に責任を持つ、稽古後、今日の稽古内容を反省する、、、、なんて事は彼らには全く関係ない事なのです。

ただ、みんなより上手くて、憧れられて、余裕で稽古して、言って見れば楽しく遊んで満足してるのです。

(ま、ちょっと辛辣に言い過ぎかもしれませんが)

つまり私が不満なのは、彼らがやろうとすればもっと力量を発揮できるのに、そこまではやろうとしていない、という点にあるのです。力量は全力で発揮しなければ、しぼんで行くものです。

で、私は考えた。

その日の技がいくつかあるわけですが、私の受けを取ってもらうだけでなく、「この技のワンポイントアドバイスを」と指名して、みんなの前で説明してもらう。

つまり、ちょいと彼らに緊張感を!という狙いです。

「ワンポイント」もミソなのです。だらだらと自己満足な講釈を述べるのではなく、今、ここにいるみんなに一番、気を付けさせたい事、ここを注意して稽古してほしい事、これが理解できれば先に行ける事、それを的確に言うには自分の知識や技量だけではできません。みんなの技量や理解度が把握できていないと、、、決してみんなには伝わりません。体は動かなくても的確な意見を言うシニアの厳しい眼もあります。

そして何より重要なのは、毎回の稽古で何の技の説明を私から求められるのか、それが何時なのか、誰を受けに説明すればいいのか、全く予測が出来ない、と言う点にあります。

これで彼らのこれまでの「気楽〜な楽しい稽古時間」が、少し「心の準備をしなければならない時間」へと、シフトされたと私は自負しているのです。

そして最近、彼らの強力なライバルとも言える人物が現れて、、、

今、「楽しい舞浜」は、なかなか「エキサイテイングな舞浜」になりつつあります。

ライバルほど、自分を伸ばしてくれるありがたい存在はありません。

若者よ、危機感を持って、大いに闘え!

舞浜は今、グラデイエーターの世界に突入しています。

(写真は最近の検証会から)

| 合気道 | 15:12 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
突然の閉園告知

9年間合気道を教えてきた「いまがわ学園」が突然、今年度末(2020年3月末)で閉園することになりました。

説明会での園長先生のお話では「園児数減少による経営難」ということだったそうですが、時期が時期なだけに、お父さん、お母さんたちはさぞかし大変なパニックでしょう。

先週の「いまがわキッズ合気道」では明らかに子供たちに動揺が見られました。

「いつも優等生」のTくんが、いきなり村田先生の腕に噛み付く、「頑張る女子」トップ2のMちゃん、Wちゃんが喧嘩する、いつも「最高に楽しそう」なAちゃんが最後まで泣き続ける、などなど。

そして昨日の稽古を迎えました。

稽古前に「やっぱりみんなに話そう!」と心を決めた私は子供たちにこう話しました。

「みんな、、、園の事は知ってるよね?」

「知ってる。」

「あのね、お母さんが言ってた。」

「お母さんから聞いて泣いちゃった。」

といつものみんなより少ししんみりな反応。

「みんないろいろ心配してると思うけど、、、園を変わる子もいると思うけど、、、大丈夫だからね!」

みんな私の顔を見てる。

「ここのお友達は、別々になったってずっとお友達だからね!」

みんな珍しく話を聞いてる。

「10年、会わなくたって友達は友達のまま。地球の裏側にいたってずっと友達だよ。ぜ〜んぜん大丈夫なんだから。だからみんな心配しなくていいんだよ。友達は変わらないんだから。つながってるんだから。いまはインターネットとかもあるし。」

「そうだよ、ラインとかあるし。」

「先生たちもずっとここにいるし、、、だから大丈夫だって事、分かったかな?」

「うん!

「じゃ、体操始めます!」

と、ここまで一気に話しました。

子供たちの不安な表情が笑顔になり、昨日の稽古はいつも以上に盛り上がり先生方の言う事も聞きました。

ああ、良かった!

会えなくなるのが一番、寂しいのは私たちだよ。

でも最後まで行こう!

物事ってこんな風に突然「終わり」になるんだ。

恋愛のように。

| 合気道 | 11:27 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
The big Dojo outside your Dojo. 道場の外の大きい道場

These things are maybe important in your Dojo.

1) What grade are you ?

2) How many times you train ?

3) How important are you in your Dojo ?

4) What your master or other members think of you ?

But、these things are only matter in your Dojo.

Real Dojo is outside of your Dojo.

合気道の稽古を続けていくと、自分の級や段と言った上達度、どのくらいの頻度で稽古に行っているか、その道場での自分の立ち位置、先生にどれだけ忠誠を尽くしているか、奉仕的な活動をしているか、そう行った問題がどうしても出てきます。

それらは確かに重要ですが、だんだんそれらの事は自分の首に巻きついて重いものになっていく人もいます。あるいは重いどころか、うんと頑張って自分の生きがいのようになっていく人もいるかもしれません。

しかし、技の上達というものはだんだんと難しくなって行きます。年齢という現実にも直面します。

稽古に通うという事も、仕事や家庭を抱えてはなかなか行きたくても行けない、という事がほとんどです。

中心的なメンバーとして色々な役をこなそうとすればプライドは生まれますが、それだけ何かを犠牲にして自分の時間を捧げることになります。

先生や稽古仲間の気持ちというものも、自分の力ではどうする事も出来ません。それにそんな事を気にしていては稽古になりません。

ではあなたが稽古を続ける目的は何なのでしょう?

上手くなりたい?

健康のため?

仲間が欲しい?

演武大会で頑張りたい?

優秀賞を頂きたい?

それらが間違っているとは言いませんが、合気道を学ぶ目的は最終的には合気道を自分の生活に、生きている毎日に、どう活かしていくか、どう活かせるか、どう活かそうとしているか、つまり「どう生きていくか」なのではないかと思うのです。

そう「行住座臥」です。

「そんな言葉、とっくに知ってるよ。」という方もいらっしゃるかもしれませんが、案外と忘れらているのではないでしょうか?

「行住座臥」の観点から見れば、最初にあげた「重要項目」は順位としてはそれほど高くはならないはずです。

その「重要項目」の中で劣等感を感じる必要もないはずです。

気持ちをスッキリさせて迷いのない楽しい稽古をするために、

ちょっとひとりごと。

 

| 合気道 | 20:20 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スエーデンのマーク

スエーデンの友人が合気道クラスを開いた事は前に書きました。

安藤先生とも相談して、先ずはマークが黒帯を取る事。

そこで初めて正式に道場が開けるので、当面の目標は「初段」取得です。

頑張って!

合気道の環境がない土地でどこまで彼自身が研鑽を詰めるかにかかっています。

楽しみが一つ、増えました。

アーテイストの時のマーク。

(ステージではもっと怖いメークをしてます。)

そして合気道のマークを紹介します。

(隣にいるのは息子さん)

すごくギャップがあって可笑しいけれど、、、。

愛さずにはいられません。

| 合気道 | 10:48 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
龍新聞

龍新聞の6月号が届きました。

先日の浦安合気道連盟演武大会の記事の中に「壮年優秀演武賞」を頂いた、梅澤さんの寄稿文も載っています。

講習会の記事もありました。

写真にそれぞれ説明がされていて、「入身の瀧田先生」「体幹の新島先生」「三カ条の三橋先生」と。

私の写真は「両肩を押された場合、一度抜いてから体を先行させて相手を押すと投げられる。それができれば二人でもできる。」を実演していた時の写真でした。

この写真を見たら私だったら「ただ遊んでいる大村」とか「意味不明の大村」とか「ちゃんと講習会しろ、大村!」とか、そんな言葉しか浮かんできませんが、なんと「呼吸法の大村先生」と説明されているではありませんか。

どう書こうか苦労されたに違いなく、安藤先生、ありがとうございました。

あたたかいお気持ち、大村、しっかり受け止めました。

| 合気道 | 10:40 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
昨日の舞浜メニュー

昨日は90分で、準備体操、斜行、膝行法、前方受け身、後方受け身。臂力の養成、肩持ち一か条、肩持ち二か条、肩持ち側面入り身投げ(ここまで全て一と二)。護身技、前から手を掴まれた場合、肩を掴まれた場合、両肩を掴まれた場合。三十一の杖、杖を使っての二か条。これらを行いました。

「ええ、そんなにできる?」「ちゃんと説明してる?」とか思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、たまにはこのように「シャワーを浴びる」ように合気道の動きをやってもらうのもいいかな、と私は考えています。

「説明を聞いて正確に動こうとする」のも良し、「よくわからないけど、とにかく動いてみる」のも良しです。

頭に入った言葉は時々ワルサをします。身体は正直者なので、不合理な動きはしない。自分に無理のない動きを取ろうとします。それから「えっ、これでいいのかな?」という迷いを頭が持つ暇をなくします。

このような稽古をすると、生徒さんがすごくいい動きをすることが多々あります。

頭で考えていない、観られてることを意識してない、無心で動いている時。

長い間、同じ技をやってきてある日、「分かった!」みたいな事も多々あります。

同じことを100回注意されても、なぜか100回目に「初めて聞きました!」なんて事も多々あります。

たった一つの技から全ての技へ。

そして全ての技から一つの技へ。

頭と身体、身体と心、心と頭。

行ったり来たりしながら進んで行きましょう。

合気道は難しい。

難しいから楽しいのです。

| 合気道 | 11:04 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
合気食堂

いつも火曜日の午後、いまがわキッズの稽古の後、ロビーでお茶をしているとすれ違う方がいます。彼も合気道をされていて他流試合などにも出ようとしている面白い人です。最初は挨拶だけでしたが、だんだん一言二言、言葉を交わすようになって、今では随分と色々お話しするようになりました。先日の演武大会のプログラムもお渡ししたのですが、本当に観に来てくれたとの事。うれしいです。

先日、彼の作ったポスターを見ました。そこには「初心者のための」とか「護身を学びたい方へ」とか「巌流島などの試合に出たい方へ」とか「整体を学びたい方へ」とか、「来た人の希望に沿った稽古をします」と書いてありました。

これはなかなか面白い。

「合気食堂」のメニューのようです。色々なメニューがあって、お客様の希望のメニューを「私は提供できます!」という意志が感じられます。

「試合はめっちゃ怖いです!私が死んだら骨、拾ってください。」なんて冗談でもない事もおっしゃりますが、ひそかに彼の目指す合気道、応援しています。

みんな違って、みんないい。

| 合気道 | 11:35 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
演武大会、無事終了しました。

5月19日に舞浜の総合体育館アリーナで演武大会が催されました。懐かしい方々にお会いできるのは嬉しいものです。沖縄の比嘉先生にも久しぶりに会えましたが、中高生を連れてきていたので終わったらその日のうちに沖縄に帰るということで、「お久しぶり!」と「では帰ります!」の2回でした。笑   

生徒から先生の在りようは見えてくるものですが、海龍館の演武には比嘉先生の息がしっかり通っていました。

指導者演武は舞浜さくら会の若手たちは皆、お仕事で参加できず(だから火曜午前中の舞浜さくら会なのですが)2年前に受けを取っていただいた梅澤さんと「刀術」をしました。

稽古ではタイミングが合わずに右手の人差し指が剣に当たること数知れず、梅澤さんの心血を注いだ指導を受けました。行ったのは「受け流し」という相手が打ってきた剣にもろに当てるのではなく捌いて受け流しこちらが勝つ、という動きですが、どうやっても梅澤さんが勝ってるようにしか見えない。「最後のとどめは激しいものではなく静かな心で」と言われても、剣先に気合が届かず覇気のないものに。難しかったですが深い勉強になりました。

本番は無我の境地で、お互いの阿呍の呼吸で、稽古よりも一番よくできました。

そして予期せぬことに、梅澤さんは「壮年優秀演武賞」をいただきました。これは本当にうれしかった。84才の梅澤さんが少年のように喜んでいました。

(おめでとうございます!)

 そして表彰式の後の講習会、今年は養神館は「初めての女性指導者」による講習会。蒼龍の三橋みゆき先生と私が務める事になりました。これは当日まで状況が全くつかめないので、もう「いつもの自分でやるしかない」という心境で臨みました。

(講習会に駆けつけてくれた村田さん。)

(うまく行くと後ろの方が衝撃があります。)

基本技「片手持ち一か条(一)」を中心にして色々寄り道を、と考えていたのですが何せ30分という時間、寄り道どころか遊んで終わってしまった!しかし、気のせいか女性たちが楽しそうな表情でやっていたのがとてもよかったです。

(お〜い、村田さん!)

(合気会の先生がお二人。)

(終わってホッとして痛めた指の絆創膏を見てる私。客席からいい写真をたくさん撮ってくれた山崎さんに感謝です。ありがとう!)

 そして合気会の先生方、素敵でした。合気会の方々と手を取って稽古できたのも新鮮でした。

この機会を与えて下さった安藤先生に心から感謝です。

 大会後に何百枚もの畳を武道場に運び、きちんと元通りに敷き詰めてくださった方々、本当にお疲れ様でした。モップと掃除機をかけた後に、取り損ねたゴミを一つ一つ手で拾って下さった方、お名前を存じませんが、ありがとうございました。

さあ、また通常の稽古に戻ります!

| 合気道 | 14:28 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
「武道具屋櫻屋」さんの心意気

いまがわ学園の子供たちに修了式で免状と水色帯を渡したのは3月のことでした。

4月に入って、第9期が始まり水色帯を嬉しそうに締めてきた子供たちを見ると、なんだか帯が短い。

「みんな太ったのかな?」と思うくらいに、結んで垂れるはずの帯がきゅうきゅうの状態で、子供たちが自分で結ぶのも難しそうです。

でも、もう購入してしまったし、もう少し様子を見ようと思ったのですが明らかに短い。

そこで、いつもお世話になっている九段下の「櫻屋」さんに電話をしてみました。

「いつもと同じように注文して送っていただいたのですが、短いような気がするんですが。」

「調べてこちらからお電話します。」と櫻屋さん。

そして電話がかかってきました。

「調べてみましたら00号で195cmのはずの帯が170cm足らずでした。中国で作っているのですが、どこかでこう言うことになったのだと思いますので、全て交換させていただきます。」

「それがもう使用してしまったのですが。」

「いえ、こちらのミスなので交換させていただきますので着払いでこちらに送って下さい。」と言うありがたいお話。

連休前に帯を回収し櫻屋さん宛てに送り、櫻屋さんから11本の帯が届いたのが、5月の10日でした。

「この度は大変、ご迷惑をおかけしました。」とタオルの箱が入っていました。

これぞ商人!タオルの一箱で気持ちが伝わります。

素晴らしい櫻屋さん!

子供達は長くなった水色帯で元気に稽古しています。

| 合気道 | 11:14 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |