CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
LINKS
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

English in マルタブログ!

Yet Another JUGEM.
演武大会、無事終了しました。

5月19日に舞浜の総合体育館アリーナで演武大会が催されました。懐かしい方々にお会いできるのは嬉しいものです。沖縄の比嘉先生にも久しぶりに会えましたが、中高生を連れてきていたので終わったらその日のうちに沖縄に帰るということで、「お久しぶり!」と「では帰ります!」の2回でした。笑   

生徒から先生の在りようは見えてくるものですが、海龍館の演武には比嘉先生の息がしっかり通っていました。

指導者演武は舞浜さくら会の若手たちは皆、お仕事で参加できず(だから火曜午前中の舞浜さくら会なのですが)2年前に受けを取っていただいた梅澤さんと「刀術」をしました。

稽古ではタイミングが合わずに右手の人差し指が剣に当たること数知れず、梅澤さんの心血を注いだ指導を受けました。行ったのは「受け流し」という相手が打ってきた剣にもろに当てるのではなく捌いて受け流しこちらが勝つ、という動きですが、どうやっても梅澤さんが勝ってるようにしか見えない。「最後のとどめは激しいものではなく静かな心で」と言われても、剣先に気合が届かず覇気のないものに。難しかったですが深い勉強になりました。

本番は無我の境地で、お互いの阿呍の呼吸で、稽古よりも一番よくできました。

そして予期せぬことに、梅澤さんは「壮年優秀演武賞」をいただきました。これは本当にうれしかった。84才の梅澤さんが少年のように喜んでいました。

(おめでとうございます!)

 そして表彰式の後の講習会、今年は養神館は「初めての女性指導者」による講習会。蒼龍の三橋みゆき先生と私が務める事になりました。これは当日まで状況が全くつかめないので、もう「いつもの自分でやるしかない」という心境で臨みました。

(講習会に駆けつけてくれた村田さん。)

(うまく行くと後ろの方が衝撃があります。)

基本技「片手持ち一か条(一)」を中心にして色々寄り道を、と考えていたのですが何せ30分という時間、寄り道どころか遊んで終わってしまった!しかし、気のせいか女性たちが楽しそうな表情でやっていたのがとてもよかったです。

(お〜い、村田さん!)

(合気会の先生がお二人。)

(終わってホッとして痛めた指の絆創膏を見てる私。客席からいい写真をたくさん撮ってくれた山崎さんに感謝です。ありがとう!)

 そして合気会の先生方、素敵でした。合気会の方々と手を取って稽古できたのも新鮮でした。

この機会を与えて下さった安藤先生に心から感謝です。

 大会後に何百枚もの畳を武道場に運び、きちんと元通りに敷き詰めてくださった方々、本当にお疲れ様でした。モップと掃除機をかけた後に、取り損ねたゴミを一つ一つ手で拾って下さった方、お名前を存じませんが、ありがとうございました。

さあ、また通常の稽古に戻ります!

| 合気道 | 14:28 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
「武道具屋櫻屋」さんの心意気

いまがわ学園の子供たちに修了式で免状と水色帯を渡したのは3月のことでした。

4月に入って、第9期が始まり水色帯を嬉しそうに締めてきた子供たちを見ると、なんだか帯が短い。

「みんな太ったのかな?」と思うくらいに、結んで垂れるはずの帯がきゅうきゅうの状態で、子供たちが自分で結ぶのも難しそうです。

でも、もう購入してしまったし、もう少し様子を見ようと思ったのですが明らかに短い。

そこで、いつもお世話になっている九段下の「櫻屋」さんに電話をしてみました。

「いつもと同じように注文して送っていただいたのですが、短いような気がするんですが。」

「調べてこちらからお電話します。」と櫻屋さん。

そして電話がかかってきました。

「調べてみましたら00号で195cmのはずの帯が170cm足らずでした。中国で作っているのですが、どこかでこう言うことになったのだと思いますので、全て交換させていただきます。」

「それがもう使用してしまったのですが。」

「いえ、こちらのミスなので交換させていただきますので着払いでこちらに送って下さい。」と言うありがたいお話。

連休前に帯を回収し櫻屋さん宛てに送り、櫻屋さんから11本の帯が届いたのが、5月の10日でした。

「この度は大変、ご迷惑をおかけしました。」とタオルの箱が入っていました。

これぞ商人!タオルの一箱で気持ちが伝わります。

素晴らしい櫻屋さん!

子供達は長くなった水色帯で元気に稽古しています。

| 合気道 | 11:14 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
オリンピックが舞浜にも近づいて来ました。

今日の「木曜アドバンス」の稽古中、道場の入り口の外で何やら人影が。

稽古を中断して入り口を開けると外に5〜6人の背広をきちんと着た方々が立っていました。

「何か?」とうかがうと、

「ちょっと視察に来たのですが。」

「オリンピックですか?」

「そうなんです。」

「ではどうぞ中に入ってご覧ください。」と言う事になりました。

一番、中心にいた体格のいい方が、オランダで30年以上、空手を指導されて来た日本人の先生でした。

生徒の一人の女性がオリンピックの優勝候補とか。

2020年の東京オリンピックでは選手村を晴海に作るそうで、「晴海から車で15分足らずで来れるそうなのでここは最高の道場です。」と先生。(15分よりかかるなぁ。)

「それでは来年は私たちのような通常の利用者は使えなくなるかもしれないですね。」と笑いながら言うと、

「いえいえ、私たちはここの四分の一くらいを使えれば十分ですから。」と真顔でおっしゃる。

「私たちは空手ではなく合気道なんです。」と言うと、

「かえって違う武道と一緒に稽古するのはとてもいいと思いますからぜひ。」と本気で先生。

なんと言う合気、、、と私は感動しました。

市役所の人たちは神経を使っているようでしたが、先生のおおらかな様子にすっかり私たちは

「2020年オランダ空手チーム頑張れ!」と言う気分になってしまいました。

どこかのラグビーやレスリングやその他(色々ありました)の我が国のエライ監督達とは天と地の人間性の違いです。しかし来年はオリンピックまで、道場予約はどうなるやら、、、ちょっと心配になって来ました。

外の芝生でやるか?

休みにしよ〜か?

オリンピックの足音が舞浜にも聞こえて来ました。さすがに「ご一緒に写真を」とはお願いできませんでしたが、楽しい時間でした。

 

| 合気道 | 14:22 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スウェーデンに道場ができました。

(写真はマルタの尊敬道場)

 

マルタの「尊敬」道場時代に生徒だったマークとフェイスブックで繋がったのは数年前。マークは結婚して奥さんと子供と、今はスウェーデンに住んでいます。

彼はヘビーメタルのミュージシャン。恐ろしげな黒々しい動画を時々アップしています。沖縄のヘビーメタルの金城さんにマークの事を話した時に、金城さんが「スウェーデンは、この分野のミュージシャンを支援してるんですよ。」と。えっ、国がサポートしてるなんて知らなかった!とビックリした事を覚えています。

とにかくほとんど一年中、暖かいマルタから極寒のスウェーデンです。

そのマークから嬉しいメールが届きました。

「やっと小さな道場を確保しました。生徒も6人集めました。どうやって稽古を進めていったらいいかな?」

マルタの養神館道場はイギリスとの繋がりが深いので、

「デビッド・ルーベンス先生にお願いするのが一番じゃない?」と返事をすると、

「ルーベンス先生も「出来ることはサポートするよ。」と言ってくれたのですが、、日本は遠いので、なかなかスウェーデンまで講習会や審査で呼ぶ力をつけるには時間がかかるけど、僕の道場の先生になってもらえたら。」と嬉しいオファーが届きました。

そして先日は、「動画を送るからチェックしてください。」と「基本動作連続」の動画を送ってきました。そうです、インターネットを使えば、こんなに離れていても、いくらでも指導ができるではありませんか!今後、どう言う形にするのが一番、彼にとって良い方法なのか、はこれから考えていかなければなりませんが、まだまだ始まったばかり。しばらくはオンラインで十分。

いつかマークの道場を訪れる日が楽しみです。

その時はボルボの工場も見学しよう!

| 合気道 | 10:41 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
検証会も8回目を迎えました。

色々な動きを検証してみたい一心で始まった検証会も8回を数えました。

よくぞ続いた、と言う気持ちと、ここまで来ればこれは続くぞ、と言う気持ちです。

月に1〜2回の稽古なので、取り組んだ動きも、そうすぐにはモノにはならないので、繰り返しの稽古にプラスして新たな動きもやっています。

「合気上げ」だけでもまだまだ。タオルを使って柔らかい物の先端に飛ばす、ペットボトルを使って2種類の円運動を可視化する、ボールを使ってその円運動を更に可視化する、そんな稽古もしました。

「柏手」もまだまだ。

あとは「十字投げ」と「十字受け」「十字受けからの小手返し、呼吸投げ」

正面からの突きを十字で止める。止めを手の平を使う方法と横面打ちの十字のように手の甲を使う方法。

「片手持ち入り身落とし」「後ろ両手取り小手返し」など。

養神館の動きとは異なるものの、ここでどれだけ養神館の動きを自分が身につけてきたか、の真価も問われます。どれだけ体幹を鍛えてきたかも、です。

その上に成り立つ「応用力」や「柔軟性」頭の中も含めて、この「柔軟性」が最大の難題です。

そして立ち還って養神館の技の解釈も深くなる!と言う気がします。

5月は6日(月)です。

祭日ですので朝の9時から11時まで、舞浜の総合体育館第一武道場です。

レベルや流派は問いません。お時間のある方はぜひ顔を出してみてください。

お待ちしてます!

| 合気道 | 18:17 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
忙しい〜〜〜

この2月、3月、忙しかった〜〜!

やっと一昨日のいまがわ学園、園児たちの合気道第8期生修了式が終わって一息ついたところです。

 

2月3日の「浦安マラソン」で転倒し、その翌日、左にバランスを崩して、2月8日に緊急手術を受け「慢性硬膜内血腫」の血を360ccも抜いた友人も、一昨日、術後1ヶ月CT検査の結果、医師から「もう大丈夫!」と言われました。

よかった!

この2ヶ月間、家に居ることを余儀なくされた彼女、精神的に落ち込んでしまわないかと心配しましたが、

「こんなにゆっくり出来たのは初めて。自分がゆっくり出来ると気持ちも優しくなれんだね。」となんかおっとりして可愛くなった顔で話してくれました。

「普段なかなか勉強したくても出来なかった事を勉強し直したりして有意義な時間だった。」と。

そうです!

困難からどう立ち上がるかがその人間の真価を問われるところです。そこでくさってしまって気力も無くし、自分の人生をあきらめて、「世捨て人」になってしまうのか、どんな状況になったにせよ、上を向いて立ち上がれるか、です。

立ち上がり方はどんなでもいい。

何度でも立ち上がる事。

でも本当に回復してくれて良かった!

私自身も、彼女がどんなに大切な存在なのか再認識した時間でもありました。

 

いまがわ学園の子供たちには一人ずつ免状と水色帯、写真と村田先生のコメントの入ったアルバム、記念のTシャツ、お菓子を入れた袋を手渡しました。

最後に道場を出る時に、

「忘れないよ!」「忘れないからね〜」

とハイタッチしながら口々に言ってくれました。

5〜6才の子どもたちが「忘れないよ〜」と言う事は彼らが幾つになるまで記憶の中にあるのかなあ。

とにかく、うれしかった事に代わりはありません。

 

稽古仲間の何人かは仕事のシステムや勤務地が変わり、春は慌ただしい季節です。

私はもう花粉症で、鼻水、涙目でクシャン、クシャン。

来週は稽古の後、子どもたちのクラスもないので体育館の外にある桜の樹の下で「お花見ランチ」をする予定です。

桜の開花とお天気が心配ですが、、、

「心配してもどうしようも無い事は心配しない」

の精神でいきます。

いずれにせよ、みんな「花より団子」なので、、

ま、いいか!

たくさんの「よかった!」をお祝いします。

| 合気道 | 11:10 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
いまがわKIDS合気道クラブ

いまがわ学園の園児たちのための合気道教室「いまがわKIDS合気道クラブ」の第8期が3月で修了します。

あっという間の8年でした。

 

スタートした2011年は震災で予定していた場所が使えず、学園も移転を余儀なくされ苦難の中のスタートでした。

今の8期生は、そんなことも何にも知らない平成24年、25年生まれ。ほんの4〜5年前に生まれてきた子供たちです。

 

19日に修了式を行うので、今はその準備に追われています。

毎年、子供たちの写真を入れる小さなアルバムに、村田先生に一人一人、コメントを書いて頂いています。

今年も忙しい中、きれいな字で丁寧なコメントを書いてくれました。

 

それを一枚一枚、読みながらアルバムに入れていて、つくづく思いました。

私たちの「いまがわKIDS合気道クラブ」が一番誇れるものは、この村田先生のコメントなのではないかと。

子供たちを1年間じっくり見つめ、その子の足りない部分も優れた部分もしっかりと捉え、この先に生かしていこうね!と励ますメッセージは、必ず子供たちの心に届くものと信じています。

 

今年もありがとう、村田先生!

| 合気道 | 10:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
10年かかった黒帯

舞浜さくら会のもう一人の会員さんの岩松さんが先日、稽古に来られて免状と黒帯を手にしました。入会したのが平成20年です。数少ない「舞浜に住む」舞浜さくら会員です。

 

お嬢さんもママの後から合気道を始め、彼女は学校があるので龍道場の夜のクラスに通い、なんと、ママより早くに黒帯になりました。

 

岩松さんの方は、ご両親のケアや、学校の役員、夫の単身赴任、お嬢さんの受験などなど、母親ならではの忙しさで、なかなか稽古にも来られないようなここ数年でしたが、岩松さんの昇段受験を「足踏み」して待っててくれた川上さんと、お二人揃って昇段審査を受験されて見事に合格したのです。

 

「ご家族になんと言われました?」と伺うと、

「スポーツをバリバリやっていた夫に初めて、黒帯まで頑張ったんだね、と褒められました!」とうれしそうに話してくれました。

「黒帯でやっと道場の玄関を入ったところだからね〜」とみんなに言われ「はいはい」と岩松さん。

 

これから親子二代で頑張れ!

継続は力です。

そして支えてくれる稽古仲間はもっと大きな力です。

| 合気道 | 13:49 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ピアノを弾く武道家

前回、ご紹介した藤平信一先生から2月に届いたコラムは「ピアノ」でした。

子供の頃に12年間、ピアノを習わされていたとの事、ビックリです。

信一先生がピアノから学んだものは、きっと色々あったのだろうと思いますが、

まず、「弾く前に心を静めること」

それは稽古前の「黙想」と同じでピアノという音楽の世界に入って行く時に必要なものです。次元をまたぐというか、現実から別の世界に敷居をまたぐ様な感じです。

次に「氣を切らないこと」

一つの音の終わりは次の音の始まりであり、音のない瞬間の「間」でさえも音楽の一部であるということ。「集中力を保つ」より、もう少し深いものです。

次に「無限に静まること」

静から動が生まれ、動から静が生まれる、「それは技の静動一致と同じ」と述べられています。

父親である光一先生に「後継者になぜピアノを学ばせているのですか?」という質問をした人もいたそうです。

「真正面から見るだけでは得られないものを、異なる次元から見ることの必要性を教えてくれた。」と信一先生は書いています。

「異なるものを混ぜ合わせるのではなく、異なるものから共通する土台を理解すること。」

全く同感です。

脇目も振らずに一つのことに邁進するのもいいですが、異なることも同様に真剣に学ぶことから、両方に光が当たってくることは私自身が実際に何度も経験しています。

「ぶれてはいけない」という言い方もありますが、「振れ幅」が大きいほど開かれる世界観というものも確かにあります。

単純な例えではありますが、例えば自由技のかかり稽古の時に、技をかける方の人に「回転を大きく」という事だけに集中させてやってみると、当然受けの勢いも違ってきます。のびのびと身体を動かすことによって、自分の持っている「色々なごちゃごちゃしたもの」から自分自身を解放することもできます。その結果、見えて来るものは、、、

「ダイナミック合気道」

いいね!いいぞ !!

そして信一先生、20年触れていなかったピアノに最近は誰もいない時にそっと触れていらっしゃるとか。(う、かわいい)

ピアノを弾く武道家、いいな。

| 合気道 | 11:26 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
検証会ー5回目

こじんまりとコツコツとやってきた検証会も5回目になりました。

まだ良くできない「柏手(かしわで)投げ」

最後に相手を投げようとすると、どうしても手に力が入ってしまいます。

最後まで丸く、が難しい。

何度もやっていると一つのイメージが湧いてきました。

大きな陶器の壺の側面から底を「撫でるように」すると上手く行きます。

「円運動」と言っても単純なものではありません。

丸い円なのか楕円なのかで全く違ってきます。

この場合、「楕円」なのです。

「後ろ両手持ち」の振りかぶりも長い間「丸」と思っていましたが、これも「楕円」です。

「楕円」の方が横幅がタイトな感じになります。

今回はタオルを使って(お年賀で企業からいただくような、あるいは旅館にあるような安いタオルです)タオルを30センチくらいにたたみ先端をお互いに持ち、腰から手の動きを連動させて、それがタオルの先まで届くようにしてタオルを持っている相手を「四方投げ」のように倒す動きを試みてみました。

「え〜〜?」とは思ったのですが、できるようになると効く、これが効くのです!

相手の「首」にくるはずなのですが、私がやってみると私の場合は相手の「脇腹あたりの腰」に行きます。

フニャフニャのタオル、というところがミソ。これはなかなか面白い「実験」でした。これは次回もやってみる事にしました。

この体の中心からの波動を効率よく先端の手まで伝える動きは上手くできるようになると本当に「一瞬必殺技」のように強力なパワーとなるので、稽古ではあくまでも稽古として気をつけて行うようにしています。

舞浜さくら会の稽古には検証会でやっている事は一切やっていませんが、こうして今まで思ってもみなかった角度からやってみる事で「養神館合気道」の技を新しい角度から光を当てることができるのを実感しています。

そう、少なくとも私の「肥やし」にはなってる!

私の「引き出し」の中身は増えてます。笑

次回は3月4日((月)13時からです。

| 合気道 | 21:25 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |