• 1/15PAGES
  • >>

英語留学と恋愛

  • author: YOKO
  • 2017.11.18 Saturday

Mさんがマルタに英語留学されたのは2015年のことでした。

(以下、ご本人のご了承をいただいて書いてます。)

 

 

 

それまでの仕事も生活も一大決心で区切りをつけて5ヶ月の念願の英語留学に地中海の小さな島マルタにMさんが出発したのは、桜も終わる4月の事でした。

彼女は私の生徒さんでもあったので、留学中は折に触れ連絡をいただき、留学の最後には、英語学校で知り合った友達を訪ねて一人でヨーロッパの国々を旅するほどにたくましくなられて9月に無事に帰国されました。

 

 

 

 帰ってから久しぶりに会った時のMさんは別人のように生き生きと輝いていました。

話の最後に、「ある人と出会ってしまったんです。」とMさん。

私はこの時、正直(おっと)と思いました。

「街の中を一人で散歩していたら、写真を撮ってあげるよ、って声をかけられて、もちろん私は無視しました。」

「それで?」

「しばらく歩いていたら、また会ったね!って声をかけられて、その時は顔を覚えてもいなくて。」

「それって、完全にガールハントですよね。」と私。

 

  留学をお世話する私が言うのも気が引けますが、

日本人女性は現地の男性の最大のターゲットです。

いや、これは声を大きくして言わねばなりません。

理由は色々あります。

一つに日本と言う国が良い印象を持たれていること。

二つに日本女性の評価が極めて高いこと。

三つ目にハントしやすいこと、です。

評価が高い、を分析すると欧米の女性よりも圧倒的に優しくて献身的。

「世界で一番幸せなことは、中華料理を食べ、フランス人の愛人を持ち、日本人の妻を持つこと」なんて言うのがありますが、わからないでもない。しかし、(私はこの範疇にない)などといつも思いますが。

あ、話がそれました。

しかし、この評価、裏を返せば「日本女性はイエローカブ」

つまり、アメリカの黄色いタクシーのように「いつでも乗れる」と言われているのも事実です。何と言う屈辱。

そして彼らの甘い言葉に日本女性は全く免疫がない!

(これは日本の男性にも責任があるかもしれません。)

 

 

 (写真はEASYスクールのパンフレットから)

 

  留学前にこう言ったことも私は必ずお話させていただき、十分に注意するように釘を刺して送り出しますが、あとは成人の場合は自己責任です。

私はMさんの話を黙って聞いていました。

「もう日本にあと1週間で帰る、って言う時に会ったんです。」

「じゃあ、もっと短い留学だったら会わなかったんですね。」と私。

「とにかく私は帰ってきたのですが、それから毎日4〜5回は電話がかかってきます。何で、あの時、君を帰してしまったんだろう、って。」

「ダメダメ、そんな甘い言葉に引っ掛かっちゃだめ〜!」

ちなみにMさんは若い女の子ではありません。

30代後半の落ち着いた大人の女性です。

 

 

それから、2年間、

Mさんは3ヶ月マルタに行っては帰ってきて、また半年後に3ヶ月マルタ、のような暮らしを続けました。その度に私にはきちんと連絡を入れてくれました。これは大人の人間の恋愛ですから、私がどうのこうの言うべき問題ではありませんが、それでも「だまされてるのでは」と、もう心配で心配でなりませんでした。

しかし、彼女は友人やご両親にもそのことをきちんと話し、

「みんなすごく喜んでくれました。」と。

頭から怪しい!と思っていたのは私だけ?

どうも私は人の恋愛に文句を言いたくなるらしい。

と言うか、男性に対する不信感が強いのです。

女の子が傷ついて欲しくない。

 

そうこうするうちに彼が今年、桜の咲く頃に日本にやって来たのです。

(本音をギュッと出させてやろう)と手ぐすね引いていた私の前に現れたのは、背の高い優しい目をした男性でした。

そしてこの11月にMさんはエジプトに行って彼の家族の大歓迎を受け、

その後二人でマルタに帰り、今はマルタで幸せに暮らしています。

つまり、私の心配は徒労に終わったのです。

 

 こんないい人ばかりではありませんが、彼女はたまたま、本当に幸運にもいい人と出会ったのでしょう。あるいは、彼の方は最初は軽い気持ちだったのに、 Mさんを知れば知るほどに本当の愛に変わって行ったのかも知れません。あるいは、それまで、いろいろな苦しいことを乗り越えて来たMさんに神様がご褒美をくださったのかも知れません。

一番、否定的に彼女を押しとどめようとした私の前で一生懸命に色々話してくれる彼女を見ていて、突然、私にはわかったのです。

「ああ、この人はたとえ全てがうまくいかなくても、だまされて捨てられても、みんなにほら見たことか、と笑われても、それでもいいと、彼を信じて飛び込んでいく強い決意があるんだ。命を賭けているんだ。」

つまりはこれは究極の恋愛です。打算も何もない恋愛です。

「自分にこんな大胆なことが出来る勇気があるとは夢にも思っていませんでした。」とMさん。Mさんの人生の後半にこんな展開が訪れるとは、誰も予想もしていなかったでしょう。

 

 (繰り返しますが、これは留学先での恋愛を推奨しているわけではありません。くれぐれも誤解のないように。怖い話もたくさんあります。)

 

マルタに遊びに行ける場所がまた一つ増えました。

二人の幸せな人生を、心から、心からお祈りしています。

2015年から2年間続いた私の心配はようやく、霧の彼方に消えました。

海を越えて、三つの国をまたいで、一つの愛が実りました。

そう、恋愛は命を賭けた究極の「自己責任」です。

 

 おめでとう、Mさん!

人を愛し、誰かに愛される、っていいですね〜。

 

地中海に浮かぶ小さなマルタ島の存在感

  • author: YOKO
  • 2017.01.25 Wednesday

イギリスがEU離脱を採択し、

アメリカはトランプを大統領に選択した。

イギリスのメイ首相が27日にトランプ新大統領と初めて会談する。その行方に世界の目が集まっている。

 

一方、来月3日にはマルタで、

イギリス以外のEU加盟27カ国が首脳会合を行う。

そこで、イギリスとの離脱交渉への対応が話し合われる、と新聞の片隅に記事があった。

 

 

 

世界が大きく流れを変えようとしている時に、

小さな島マルタが登場。

 

 

なんだか、ちょっぴりうれしい。

映画のロケ地としてのマルタ

  • author: YOKO
  • 2016.08.27 Saturday

映画を見ていると時々「あれ、マルタじゃない?やっぱりマルタだ!」ということがあります。

2005年12月公開のアメリカ映画「ミュンヘン(Munich)」はステイーブン・スピルバーグ監督の作品。1972年のオリンピック選手村にパレステイナのテロリスト数名が侵入し、イスラエル団のコーチと選手の2名を殺し残りの選手団9名を誘拐した事件を映画化したもので、主演はエリック・バナ、脇を「007」のダニエル・クレイグ等が固めています。冒頭ではバレッタ市内に入って行く、古い石の建物にモロッコ風の燭ロウが夜道を照らすストリートが出てきましたし、私たちが初めてマルタを訪れた時に宿泊したホテルが重要場面で爆破されました。

 

 

 

 

 

 

 2004年5月公開のブラッド・ピッド主演の「トロイ(Troy)」はウオルフガング・ペーターゼン監督のアメリカ映画で、古代ギリシャのトロイア戦争を元にした歴史戦争映画。海に面した広大な土地で敵との戦いが繰り広げられました。ブラッド・ピッドの他に、ここにもエリック・バナ、そして「ロード・オブ・ザ・キング」「パイレーツ・オブ・カリビアン」などで人気の出た、オーランド・ブルーム等が出演しています。

 

 

 

 

 「ワールドウオーZ(World War Z)」という2013年公開のマーク・フォスター監督の映画。爆発的な感染力で人間がどんどんゾンビのようになっていく人類の存亡を危うくする事態を元国連職員のブラッド・ピッドが解決のために命がけで飛び込んで行くという怖いお話。その中でイスラエルは巨大な壁を作り、仇敵のパレステイナ人を含めた避難民たちを積極的に壁の中に受け入れる、と言う場面でトロイと同じ撮影地が使われていましたし、バレッタで一番美しい両側に宝石店などが並び正面に教会が見える石段の道も出てきました。

 

 

 

 

 

 映画の中ではギリシャの街だったり、中東のある国だったり。

なので映画を見た後、延々と流れるタイトルロールでロケ地をチェックするのが習慣になってしまいました。お客さんがほとんど帰ってしまった後も食い入るように画面を見ている私たちはちょっと変かもしれません。ロケ地の他に、使われた音楽の作曲者、あるいは歌の題名と歌っていた歌手の名前、そしてレコーデイングスタジオの場所まで、チェックしてしまいます。

マルタがなぜ、そんなに映画に出てくるのかというと、それはマルタが「映画ロケ用地」という広大な土地を確保し、バレッタなどの市街地なども映画製作に大いに提供している国だからなんです。小さな島国ですから、観光や英語留学と共に映画ロケ地としてのマルタ島をしっかり売り込んでいるのでしょう。なのでマルタ人はハリウッドの有名な俳優たちがロケのために数ヶ月マルタに滞在していたりする事にも慣れっこのようです。

お時間のある方、ぜひこの3本の映画のどれか見てみてください!

マルタ留学、この頃。

  • author: YOKO
  • 2016.02.06 Saturday

コツコツと続けて来たマルタへの留学のお手伝いも、かれこれ10年近くになります。
おかげさまで最近では関西方面からもご依頼をいただけるようになりました。


2

最近の留学生の傾向として、
英語の勉強と併せてダイビングの上級資格を取る、
マルタの後、ヨーロッパ各地を旅する、
日本に帰国してしばらくして再びマルタへ留学する、マルタで写真を撮る、などさまざまです。


正面

今、ご依頼を受けている方は、大学で建築を学んでいる学生さんです。留学中に、マルタでインターンとして建築の現場に参加できたら、というご希望でした。しかし1ヶ月の留学期間でインターンと言うのは不可能です。
そこで私の友人のマルタの建築家に連絡を取ってみました。彼は、かつて私のお向かいに住んでいて、毎日聞こえるピアノの音に誘われてマルタでのピアノの生徒第一号になった人で、今、最も活躍している新進気鋭の建築家です。彼の口から、「最も尊敬する建築家」として日本人の名前が出た時の感激は忘れられません。


2

幸い彼からは、
「とにかくポートフォリオを送るように。」
と親切な返事がきました。
その学生さんは何度も練り直し、
ようやく英文のポートフォリオを送りました。
結果は、彼女がマルタに行く期間、彼はバーレーンに仕事で滞在しているので、残念ながら今回は会えない事に。
しかし「別の時に3ヶ月くらい来れたらぜひ。」
という返事が来ました。
学生さんからは、
「私の作品を面白い、と言ってもらえました。
バーレーンに会うだけでも行こうかと考えたくらい、お会いしたかったです。
もう一度マルタへ行けるかどうか今の時点ではわかりませんが、今回のやり取りで、自分のやりたい方向性が見えて来ました。
それだけでも、とても有意義な時間でした。
実現できるように考えます!」
という嬉しい返事をいただきました。


馬車

英語は学ぶ事が目的ではありません。
自分のやりたい事の為に英語が必要、
となって初めて、
「本当に自分の必要な英語力」が明確になります。
そうでなければ、広いプールに落とした
コンタクトレンズを探すようなものです。
(見つけた人がいますが、、、)

さあ、あなたは見つけましたか?
見つけたなら年齢は全く関係ありません。
問題なのは、あなたの「語学力」ではなくて、
あなたに、ブレーキをかけ続ける
「メンタル」なのかも知れません。

「メンタル」はささやき続けます。
「無理でしょ。」
「できるわけがない。」
「やめといた方がいい。」
「なにを馬鹿な事を。」
その他、いろいろ限りなく。

であるならば、
たとえ留学して語学力がそうそう上達しなくても、
否定的メンタルの箍(たが)が外れるのなら、
それだけでも今後の人生には、
大きなプラスになると言うものです。

「メンタル」についてはまたいつか。

 

マルタ留学感想文ーその3

  • author: YOKO
  • 2015.12.20 Sunday

最後は、私の合気道の生徒さんです。

2015年春、期待を胸に私は一人、
マルタ島へ降り立ちました。
気がつけば人生の折り返し地点、
仕事も順調で充実した日々を送っていました。

そんな私が、なぜマルタ留学を決めたかと言うと、ある人の言葉がきっかけでした。”君には夢がある...” 
そう言われても、この年になってどうしても叶えたい夢があったわけではありません。ただ、子供の頃、海外ドラマや映画を観るのが好きで、目に映る景色や物や服、言葉の全てに憧れ、いつかどこかへ行ってみたい!! 
そう思いながらなかなか実現できずにいました。
と言うよりも、一歩踏み出す勇気がなかっただけかもしれません。

確かにずっと忙しく、実現出来ない理由もたくさんあったのですが、ちょうど今年40歳になるのをきっかけにやるなら今しかない、そんな思いで、行くなら日本人の少ない遠い国にしよう、そして期間も少し長めに、と思い切り、好きだった仕事を辞め半年間の留学に踏み切ったのでした。

私にとっては二度目となる海外で、それはとても大きな決断でしたが、不思議と不安はあまり無く、初めて使うユーロにドキドキしたり、本当に子供に戻って冒険でもするような気持ちで出発したのを覚えています。
大人になってから、こんな風にワクワクドキドキすることがあったでしょうか。

学友と出かけた時、満員のバスに乗り座席が無くて荷台に座ったのも良い思い出です。
「立っている方が楽ちんだよ」と思いながらも、皆が気遣ってくれるのが本当に嬉しかったです。
マルタの海と大きな空、階段の坂道さえもが、私を応援してくれているようで、一人遠い国にいることを忘れるほどでした。

それは決して私が上手に英語を話せたからではありません。学校ではほとんど喋りませんでした。自分の思いを上手く伝えられず、悔しい思いもしました。
ナーバスになってステイ先のママに愚痴を聞いてもらったりしました。
「あなたがここに来た理由は何?
学校で良い成績を取る為ではないでしょ?」
その言葉に救われ、それからは学校生活も楽しむことが出来ました。

入学の時期も良かったと思います。一番最初のクラスは年齢層も高く、落ち着いた環境で過ごすことが出来ましたし、何より皆が人生を楽しんでいるのを身近に感じられました。
彼らと会い、笑顔で挨拶出来たこと、自分の名前を呼んでもらえたことは私の宝物になりました。

この旅はいろいろなご縁が重なり、どれか一つ欠けても実現出来なかったと感じます。
行って良かったマルタ島。
最高の人生の節目となりました。

                M.S 様

(S様は、4月6日〜9月18日、EASYスクール、English Plus30コース、ホームステイ、シングルユーズで滞在され、最後の一ヶ月は学校で知り合った友人たちを訪ねて、イタリア、チェコ、ドイツを旅行してから日本に帰国されました。)

スリマ

コイン

掲示板

3

マルタ留学感想文ーその2、

  • author: YOKO
  • 2015.12.13 Sunday

紺野さまを紹介していただいた、京都の大学生の方の感想文です。

「私はマルタに短期留学として約1ヶ月間行きました。
語学留学するからにはもちろん語学を学ぶ事がメインですが、日常の生活でも楽しめる場所に行きたいと考えていました。私は海がとても好きで、ぜひ留学先でスキューバダイビングをしたいと思っていました。
海が素敵な所はないかな...と留学先を探していたところ、友人からマルタの話を聞きました。インターネットで調べてみると、とても海がきれいで、スキューバダイビングでは沈没船を見る事が可能だということがわかりました。またマルタの人たちはシャイだけども話しかければ快く返事をしてくれる、ということも書かれていました。

しかし、マルタ留学への決心をするのに、治安はどうなのか...というのが大きな問題点でした。インターネットでは比較的安全ということをよく目にしましたが、インターネットの情報が100%正しいとは限りません。
当時様々な留学のエージェントに話を聞いていたので、実際現地の状況はどうなのかと聞いてみました。するとテロなどが起きたなどは現地にいるスタッフから今のところ聞いていないとの返答がありました。
今回、留学の手続きをお願いしたパノラマさんからも同様の回答をいただきました。現地からの連絡ですので信憑性も高いと判断し、これを基に治安問題で留学を渋っていた母を説得し、マルタ留学が決定しました。

マルタに到着後、カラッとした日本とは違う気候を真っ先に感じました。
マルタでの生活は、アパートでフラットメイトと生活を送り、午前は学校、午後は自由に過ごしていました。
私はスキューバダイビングのスクールに行ってアドバンスライセンスを取る予定になっていましたので、4週間のうち約1週間は午後の自由な時間にダイビングをしていました。ダイビングはライセンスを取りつつも、歴史に取り残されて海の底に沈んでいる船を見る事が出来て、とても感動ものでした。
魚たちは熱帯地域ではないのでカラフルな魚というわけにはいきませんが、小魚の大きな群れが太陽に反射しながら一斉に方向を変えるところなどは、ため息がでるくらい美しかったです。

スキューバダイビングのライセンス取得後は、午後の自由時間は友人たちと学校の提携していたビーチクラブで音楽を聴いたり、学校の宿題をしたり、お昼寝をしたりして、のんびりと過ごしました。
夕方、ビーチクラブから帰るついでにスーパーマーケットに寄り、夕食の材料を買って、晩ご飯はアパートで仲良くなった人たちとみんなで作り、食べました。また外にご飯を食べに行ったり、BBQをしたりもしました。

 休日にはマルタの本当の近くにあるゴゾ島、コミノ島へ行きました。ゴゾ島も美しいですが、なんといってもコミノ島のブルーラグーンは必見です。船の底がはっきり見えるくらいに透き通った海に入り、疲れたらビーチパラソルを借りて読書を楽しみ、本当にマルタでよかったと思える瞬間でした。
ちなみに呼んでいたのは夏目漱石の「文鳥.夢十夜」と村上春樹の「ねじまき鳥クロニクル」です。すでに読んだ方はわかると思いますが、「ねじまき鳥クロニクル」にはマルタが登場します。この小説に出て来るキーワード「水の流れ」もマルタとの関わりがみえる部分も在り、マルタ島で読むのにぴったりな作品です。

治安については、聞いていた通り、とても安全でした。もはや日本よりもいいのでは...と思うような場面もありました。ビーチに荷物を置きっぱなしでも盗まれると言う事はありませんでした。もちろん、大金を持ち歩かないなどの基本的な注意はそれなりに必要です。

このように、天気も良し、食事も良し、人も良し、自然も良し、遺産も良しのマルタは、私に取って、とても肌に合う国でした。
1ヶ月では私はとても物足りなくて、これからの人生の中で無一度訪れる事は間違い無しの国になりました。

今、留学先にマルタを迷っていらっしゃる方がいましたら、是非一度訪れる事をおすすめします。
夏場の緩やかなな時間の流れを感じ、爽やかな海の匂いを味わいながら過ごせる最高の場所です。その中で語学を学んでみるのも、いいのではないでしょうか。

            大城玲羅様

(大城さまは、8月24日から9月19日までの4週間、ESEスクールGE20コース、PADI,1week Advanceコース、ベルモンテハイツ、ルームシェアで滞在されました。)

ラウンジ

小さな舟

5

マルタ留学感想文ーその1

  • author: YOKO
  • 2015.12.13 Sunday

今年の夏にマルタに2週間留学された、京都の学生さんの感想文です。 

「今回、留学先をマルタに決めたのは友人からの誘いでした。元々この夏にアメリカに野球のインターンに行く予定で、その前に英語慣れをしておきたいなという気持ちがありました。

私は海外渡航歴がなく、マルタが初めての渡航でした。一人きりでの渡航でしたが、何事も無く到着することができました。

マルタの第一印象は様々な人が訪れているということ。
一つの国に来ただけなのに、多国籍の友人を作る事ができました。また、夏休みのせいもあって日本人の方も意外といらっしゃいました。マルタ生活のいろはなども日本人の方に教えていただき、初めての海外生活をより快適に過ごすことができました。

マルタでは主に午前は授業、午後はスキューバダイビングの資格、そして夜は友人らと食事という一日の過ごし方でした。授業はクラス変更も可能で、より自分に合うクラス選択が可能でした。
スキューバダイビングの先生は日本人の方で、私はレスキューコースだったこともあり、マンツーマンで指導して頂きました。

マルタでの生活はとても有意義であったと感じました。
しかしながら、英語初心者の方はなまりが各国で違うので、コミュニケーションにだいぶ苦労するかと思いました。これから先、多くの渡航をするかもしれませんが、マルタでの経験がその全てに生かされる事は間違いないです。

6月頃からお世話になり、ありがとうございました。
最初は本当に外国に行くのだろうか、こんな呑気にやっていて大丈夫だろうかと思いましたが、終わってみたら案外、外国は近い存在なのだなと感じました。

手続きに始まり、お金のやりくり、当日の渡航に関する事まで、全て一人でやりましたが、一応全てを完了することができ、自分に対する自信に繋がったのではないかと感じております。

また就活が終わった後や、仕事で疲れ息抜きが欲しくなった時に、もう一度マルタに行きたいと思いました。

本当にありがとうございました。

      龍谷大学3回生、紺野慎一郎様

(紺野さまは、留学期間2015年8月6日〜8月21日、ESEスクール、GE20コース、PADI レスキューコース、ベルモンテハイツ、ルームシェアで滞在されました。)

釣り人


断崖


ダイビング


ブルーグロット

マルタ留学チラシができました。

  • author: YOKO
  • 2015.12.04 Friday

けんちゃんに依頼していた、
「マルタ留学」のチラシができました。


最初に渡した原稿と資料から作成してくれた案を、
「A案」とするならば、
そこから「B案」 「C案」 「D案」 あたりで、
「これで決定で、印刷に進んで下さい。」の後から、
ほとんど全ての文章に手を入れ直し、写真を入れ替え、
「E案」 「F案」 「G案」 決まり、の後で、
「H案」 校正が入って 「I案」
も一つ入って 「J案」
練りに練りました。


軽くお願いした私がいけなかったのです。
お疲れ様でした。
しかし、このおかげで素晴らしいチラシが昨日、
出来上がりました。


有効に使わせていただきます。
ありがとうございました、けんちゃん!
何かを誰かと一緒に作るって、
本当に楽しい事です。
少なくとも、私は楽しかったよ。

今年、マルタ留学した方々からの、
感動の感想文も届いています。
次回、ご紹介させていただきますので、
乞う、ご期待!





「mr partner 12月号」にマイク!

  • author: YOKO
  • 2015.11.13 Friday

「イギリスから豊かな暮らしと生き方を考える」
というコンセプトの「ミスターパートナー」という、
英国好きにはたまらない雑誌があります。
これまでも、
「チェルトナム、隠れたB&Bを訪ねて」
「コッツウオルズ、3泊4日のホームステイ」
「40代〜憧れの国でホームステイ」などの
魅力あふれる特集記事が組まれ、
いつも気になっている雑誌です。

10日に発売された、
「mr partner 12月号、
すぐ役立つ!12月のイギリス旅ガイド、
英国クリスマスを味わうための11のガイド」
にマイクの事が掲載されています!


「先生はイギリス人」という連載コーナー。
記事はとてもよくまとめられていて、
私も知らなかった事も書かれていて、
「ふ〜ん、マイクもイギリス人だったんだ。」
と改めて思いました。


写真にはちゃんと合気道仲間の、
鶴ちゃんと村田くんも入ってます。

定価¥440です。
さあ!本屋さんへ走ろう〜。


マルタ留学6ヶ月

  • author: YOKO
  • 2015.10.05 Monday

4月に日本を出発して6ヶ月(24週間)の英語留学をされたSさんが、先日、無事にマルタから帰国して、元気な顔を見せてくれました。

ほんとに別人のようになりました!
日焼けして、ふっくらして、何よりキラキラ輝いていて、いや、これはすごい「マルタマジック」です。

彼女が言っていたこんな言葉が印象的でした。

「英語は全然上手くはならなかったのですが、
英語の事で落ち込んだり、
ストレスになったりする事は避けよう、
と最初から思ってました。
なので、ゆっくり楽しいマルタ留学を過ごせました。」

上手くならなかった理由を、
彼女自身がこう分析しました。

「自分は性格がすごくシャイなんです。
だから人前で英語を話す事が、
なかなか上手くできなくて、、、、
でも結果的には、それが良かったんです。
みんなが、ああ、この人は助けてあげないと、
と感じてとっても親切にしてもらえて、
友達もたくさん出来ました。」

これは留学を迷っている人、
不安に感じている人にとって、
とてもいいアドバイスになると思います。

肩の力を抜いて、
自分のだめな所も肯定的に受け入れて、
さあ、あなたも!


subway


ST.jurian










ページトップへ戻る▲