丸太商店新入荷

5月から待っていた新しいアイテムがやっと7月2日にモロッコショップに入荷して、お店に並びました。1週間がかりで、丸太商店の方に掲載しましたので、ぜひご覧になってください。
初注文もいただき、梱包して週明けに発送します。ご注文された方には、プレゼントも、いろいろ入れてお送りしますので、お楽しみに!
問題もいくつかあり、注文していただいた物がもう在庫がなかったり、送料が最低でも¥3300かかるので、それに見合った注文をしていただかないと、¥1300のお皿1枚だと¥4600になってしまいます。なかなか、商売はむつかしいですが、いい物と自信を持ってお勧めできるものを、ご紹介していきたいと思ってます。丸太商店をのぞいていただくだけでも楽しいと思いますので、よろしくお願いしま〜す。

今朝は、そのモロッコショップのクリスがうちに初めて歌の練習に来ました。暑い中、ちゃんと時間ぴったりに来たのは、えらい。
さて、「Live for the one I love」ですが、初めて合わせたにしては、上々の出来でした。ミュージカルナンバーなので、ドラマテイックな曲の構成になっていて、めまぐるしく転調を繰り返しながら語り調のイントロから「さび」に入って行き、ぐんと盛り上がって最後は静かにエンデイングと、かなり歌う方も、ピアノも難しい曲ですが、「好きこそ、ものの上手なれ」(?)のたとえ通り、自分が惚れ込んだ曲というのは良く歌えるものです。
クリスの場合、意外にも低音よりも高音のほうが伸びがあり、英語の歌詞は、当たり前ですが上手でした。さびの部分で4拍半のばす音をどうしても3拍半で出てしまう所以外は、譜読みも完璧でした。原曲はセリーヌデイオンが歌っているそうで、女の人が歌う愛の歌ですが、その歌詞を男の人が(といってもゲイですが)歌うのも、いいもんです。うん?ってことは、彼は男に向かって歌っているわけか?ややこしい世界だ。
やや緊張気味に歌ってるのも初々しくて、純な女性の切々とした想いが伝わって来て良かった。

「もっと、ちゃんと練習して、絶対にいつかは歌手になる。」と言うてます。乞う、ご期待ね。
「モロッコショップと建築と歌手と1石3鳥をねらうわけね。」
と言ったつもりが、3石1鳥になってたらしく、マイクに
「BOOBY」と言われて、大笑いでした。
暑いから、頭もこんがらがったの!
わたしもマルタに来て、初めて人のためにピアノを弾いたので楽しかったです。

というわけで、今日は初めての事が二つ始まった、めでたい一日でした。

1
街はなにやらまたフェステイバルのようです。
我が家のあるセントクリストファー通りにも、こんな飾りが。
それが夜になると、こんなふうに灯りがつきました。
2
昨夜も花火が始まったのは夜中の0時からでした。おいおい。


YOKO * オンライン ショップ * 03:51 * - * trackbacks(0) * pookmark

丸太商店開店パーテイー

ピクニックの日の夜は8時からモロッコショップのクリスとドリュウを呼んで、オンラインショップ「丸太商店」のお披露目パーテイーをしました。二人の友人でうちの1階に住んでるマルコ、3階の向かいの部屋の持ち主でフィルム制作をしているジョセフも呼んで6人です。丸太商店の画面を二人に見せたら「とってもいい、写真もきれい。」と喜んでくれました。準備に約2ヶ月、試行錯誤を繰り返してやっとオープンに漕ぎつけました。山崎さんに買って来てもらった、「Traveller4月号モロッコ特集永久保存版」の雑誌も見せて、「日本にモロッコブームが来るかもよ。」「ああ、ここは何度も行った所だ。」と盛り上がりました。二人はわたしの初めてできたここでの友達です。二人のおかげでここでの暮らしがうんと楽しくなりました。みんな器用にお箸で鮭やら、わさびやらワカメやらおいしそうに食べてくれました。テイカマサラチキンとライスまでなぜかみんなお箸で食べてました。デザートにタピオカを出したら、ドリュウが「タピオカ」と知っていましたが、みんな初めてで「おいしい」と食べてくれました。
マルコは前にも書きましたが、英語学校の教師で絵も描いています。マルタ人のお母さんとイスラエル人のお父さんを持つハーフ、(と言ってはいけない。)ミックスです。パリで9年間英語を教えていたそうで、つまりマルコはマルタ語、英語、フランス語、イスラエル語が話せるそうです。うひゃ〜。イスラエル語はあの糸がくねくねしたような字です。「イスラエル語がマルタ語よりも一番自分には自然な言葉」といってました。そのマルコにフィジーで英語を教えないか、とオファーが来た、という所からフィジーがどこか、で誰もはっきりわからず、オーストラリア人のクリスですら「オーストラリアの北西の上じゃない?」というとジョセフが「上ということは南半球だから北西じゃなくて南東になるわけ?」と大混乱。クリスが「いいわよいいわよ、アメリカ人なんかヨーロッパは一つの国と思ってるんだから、それより私たちはましよ。」ということで、おさまりました。(でも、「わたしたちだってロシアの新しい国は全然わからないじゃない。」と言ったけど、、、)買い物、準備、調理、片付けと3日がかりでしたが、楽しい宵でした。すばらしき4人のゲイたちに乾杯!そうそう、彼らに一番人気だったのが屋上に置いてある浦安のD2で買って来たソーラーランタンでした。毎日、日没から夜明けまでオレンジの明かりが灯ります。マルタで売れるかな。ふむ。
12
上から撮ったマルコの家のコートヤードです。モロッコショップの物がたくさん。
オンラインショップ、「丸太商店」よろしくお願いします〜!!!新しい物もどんどん入荷しますので、のぞいて見てくださいね。
TOP PAGEの一番下にあります。
YOKO * オンライン ショップ * 19:42 * - * trackbacks(0) * pookmark

丸太商店、開店準備中

もう、だいぶ前(2月2日)に近所のモロッコショップの事を書いた時に、englih-inmaltaのホームページをデザインしてくださった星子さんから「素敵ですね!こういう物をほしい女性はけっこういると思いますよ。オンラインショップという方法もありますよ。」と言われて、ずっとあたためてきたのですが、いよいよ実行に移す時がきました。どうすればいいのかも何もわからず、まずは郵便局に行って日本までの小包の送料を聞くところから始まりました。わたしが意を決して「ちょっと相談があるんだけど、」と話しに行ったら、モロッコショップのドユリューは(イギリス人のほうです)二つ返事で「いいよ。」と言ってくれたので心の中で「ヤッタ!」と叫んだのはお首にも出さず「じゃあ、また考えをまとめて来るわ。」とその日は家に帰ってきました。うちから一番近くて一番お気に入りのお店の物を日本に紹介できるなんて、考えただけでもわくわくします。ただ今、仕入れ、梱包、郵送、支払い方法、商品の紹介などなど準備中です。モロッコショップのほかにも、こちらならではのちょっとした物(送りやすいもの)を探していくつもりです。もうすぐ、わたしの小さな丸太商店が開店します。乞う、ご期待です!!52134
YOKO * オンライン ショップ * 21:06 * - * trackbacks(0) * pookmark
このページの先頭へ