CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
LINKS
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

English in マルタブログ!

Yet Another JUGEM.
天井から水が、、、

先週の土曜日のことでした。

マイクが「トイレの天井から水が落ちてるよ!」

うわっ!あわてて見てみるとポタンポタンと落ちてます。

うちはメゾネット住宅なので我が家が1階と2階、お2階さんが2階と3階に住んでいます。2階部分はLの字を重ね合わすようにコンクリートの壁で仕切られています。

うちのトイレの真上はお2階さんのトイレです。

吸水管か排水管から水が漏れているのでしょう。

お2階の方に電話。水道の緊急連絡先に連絡。人が来てくれたのが夜の11時。天井窓を開けるとドッと水が落ちて来て、もう絶望的な気持ちになりました。しかし、ポタンポタンの状態なのでひとまずバケツ、タオルなどで対処。

翌日は日曜日で月曜日に水道屋さんが来てくれて原因は2階の給湯器の給水管の腐食ということが判明。

その時には玄関の天井からも水が、、、。

それからお2階さんが保険会社に連絡を取ってくれて、漏水から一週間後の今日、リフォーム会社の方が被害状況と修理箇所の確認に来てくれました。

これから見積もりの承認と工事の承認を経て職人さんの段取りを取って、一週間程度の工事となるそうです。

このあたりのマンションは築年数が経って来ているので結構、漏水事故は増えて来ているとリフォーム会社のお話。

漏水した方は給水管を直して終わり。

された方は被害も時間も手間も一方的にかかります。

いつもいろいろ助け合って良くしていただいているご近所だけに、一度こういう事故が起こると気分が落ちます。

本当に災いはいつ降ってくるかわかりません。

それにしても、保険は大事です。

| 新たな日本の暮らし | 11:18 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
いくらなんでもこれはまずいぞ。

以前は私の仕事はピアノを弾く事と教える事がメインでしたから、当然「芸術家」らしい服を来ていました。つまりスカートをはいてネックレスやイヤリングもつけたりもしてました。

そのうちに合気道の方の比重が増えて来て半々くらいになった頃から、どんどんスポーテイーな物が増えました。なんせ一日に何度も服から道着へ、道着から服へ、昼食後にまた道着へ、道着から服へ。こうなると着替えるのにややこしい服は来ていけません。ガボッと脱げて、ガボッと着れるのに限ります。

なのでどんどんフォーマル、ドレッシーな服は着なくなり、たまにそういう服をどうしても着なくてはいけない日には拷問のような心地の悪さ。帰宅して一気に脱いで部屋着になった時の開放感と言ったらありません。部屋着のゆるさ、洗いざらしたヨレヨレ感、これが何よりの快感です。

ところが最近、自分でも「これはヤバイぞ。」と思う事態に。

「部屋着から着替えて外出」していたのが、

「部屋着のままで外出」するのが平気になってきた。

これはまずいぞ!いくらなんでも、、、

どうでもよくなって来た、というか、、、

気をつけないといかん。

 

 

 

 

| 新たな日本の暮らし | 09:36 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
セクハラ問題

最近のセクハラ問題で、一気に日本の女性の地位が極めて低い事が国際的に注目された。

「女は意見なんかいうな。」

「女はお茶を入れたり、

 酒を注いだりしていればいい。」

「賢い女は可愛くない。」

などなど昔から言われ続けて来た。

「甘やかされて育った日本の男が悪い。」

「それを育てたのは日本の女性たち。

 許しているのも女性たち。」

これも言われ続けて来た。

欧米でも勿論セクハラやレイプの問題はあるけれども、今回のセクハラ問題はあまりにも気持ちが悪い。

「手首、縛っていい?」

「やめてください。」

「おっぱい触っていい?」

「ダメです。」

すっかり頭が混乱した私はマイクに聞いてみた。

「ねえ、もしイギリスやアメリカで男がこういうことを女性に言ったら、どうなるかな。」

「顔面に一撃。」

「そうだよね。断じて許さず、だよね。」

「そして男は軽蔑され社会的生命は終わるから、よほどの馬鹿でないかぎり、そんな恐ろしいことはしない。」

日本の男性社会の意識改革も必要だけれど、「優しくて、可愛くて、気配りのきく」女性像を求められるままに演ずる女性たちの意識改革も必要だ。

「やめてください。」

「ダメです。」

こんな事、言ったら火に油を注ぐ。

顔面に一発食らわして、「なめたらあかんぜよ!」

これしかない。

女性たちよ!

自分の職業生命を賭けてでも、

馬鹿な男たちを許してはならぬ。

| 新たな日本の暮らし | 16:14 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
奇跡は起きる!

左の腕を最初に痛めたのが1月。

原因はちびっこ合気道のクラスで杖を右手で持ちながら左手で「逆上がり」のできない子供達を持ち上げて回して腕に無理をかけたのです。

毎日、温めたり、揉んだりしてかなり回復した時に何と再び同じ症状が起こりました。

ゴルフの打ちすぎか庭仕事のしすぎか、それくらいしか思い当たらない、、、、。

突然、飲んでいる薬の副作用に「関節痛」と書いてあった事を思い出しました。

さっそく同じような薬を飲んでいるMさんに聞いたところ、

「私は飲み始めてすぐに関節痛は両手に起きて、毎晩お風呂でのマッサージは欠かせません。なんとか折り合って付き合ってます。」

これか!と思ったのですが、飲み始めて直後ではないし、、両手でもないし、、、しかし、気になるので主治医のところに相談に行きました。

美人の先生、「副作用ではないですね。」

あら、良かったような気が抜けたような。

「では、転移による痛みとか?」

「いえ、全然その心配はありません。」

と笑われて湿布を処方されて帰って来ました。

しかし、痛みは腕から肩、首、背中に広がり、左腕が常に冷たくて指先が痺れるような、、、。

骨か血管か、、、「この痛みとこれからずっと付き合って行くのかな。」などと思いながら嫌な気持ちに。

そして先日の木曜アドバンスの稽古。

受け身を取るのも内心きつかったのですが、私が指導する稽古、というよりは「自主稽古」のような稽古を90分。

それがものすごく楽しかったのです。

稽古が終わって、あら、不思議!

稽古前まで確かにあった痛みが嘘のように消えていました。

跡形もなくです。

何か身体の中で「奇跡」が起こったとした思えないのです。

あの稽古が何だったのか、と考えれば私にとって100%ストレスフリーの時間だった事。

そしてすごく楽しくてよく笑った事です。

あらゆるストレスが「病の元」なのはよく言われる事ですが、「ストレスフリー」だけでは足りないのです。「ものすごく楽しくて、声をあげて笑う」ことが重要なのだと思います。

寝返りを打つのも痛かった身体が、それ以来、嘘のように元に戻りました。

一緒に稽古してくれた合気道仲間に感謝です。

教訓その1、「楽しい合気道は身体を回復させる」

教訓その2、「可能な限りストレスを回避する」

教訓その3、「楽しく声を上げて笑う」です!

(写真は昨年の秋に種まきして冬を越えて、

 また伸びたコリアンダーたち)

 

| 新たな日本の暮らし | 17:35 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
マイクの誕生日でした。

マイクの誕生日前は大変。

一ヶ月以上前から「誕生日が来る!」とうるさい事ったらない。

カレンダーには花マルでマークがつき、一ヶ月を切ると毎日5回は「もうすぐ誕生日が来るね。」と呟くので、私は「知ってるよ!」とほとんど無視状態。

ただ私の弱みはそのすぐ後の月に私の誕生日が来るので「プレゼントは僕の誕生日プレゼントによって大きく左右されるね。」の言葉。

しかし、そんなに誕生日、嬉しいか?

最近の私には嬉しくもなんともない。

無事にまた誕生日、神様に感謝、という気持ちはあるけれど、これから年を取っていく、ということは目に見えない古い水道管やボイラーのように「いつかは壊れる」という代物であって、これから先、悪いことはいつか必ず起こっても、良いことは起こらないではないか。

ただ「たとえ何が起こっても、淡々と受け入れる」心の準備と強さを身につける事が年老いた人の尊敬すべきものだ、とは思うけれど。

で、今年のマイクへのプレゼントはこれ。

ケンブリッジのお兄さんの家で見たゴルフボールケース。「アマゾンで買ったのよ。」とパットが言うから調べたけど「現在は製造されていません。」ずっとあきらめていたのに、ある日突然現れた。

繰り返しチェックしてみるもんです。

7X7で49個の記念ボールが置けるのですが、家にあったボールを置いて見たら一杯になってしまった。

同じボールがいくつもあるので、

それを一つにして自分たちがプレーしてないコースのボールを外したらここに入るのは半分以下。

一杯になるまで元気に長生きできるかな?

ちなみに黄色のマスターズのボールはアマゾンで一個が2万円以上の値段がついてました!

売らないぞ〜。

 

| 新たな日本の暮らし | 10:47 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
元祖ゆる文字

先日行われた「浦安シテイマラソン」の参加賞は毎年Tシャツです。

今年はいわゆる「ゆる文字」系のこんな可愛いデザインでした。

先日の稽古のあとでMさんにこれを見せたところ、

「沖縄の比嘉先生はもう15年以上も前にゆる文字を書いていましたよね〜。元祖ゆる文字!」

と懐かしそうに話してくれました。

そして帰宅してから比嘉先生が指導していた「ファミリークラス」の修了証の写真を送ってくれました。

確かに!

証書の文を読んでまた感激。

「親子共に汗を流し、泣き、笑い、そして楽しくけいこし、心身共に強くなったことと、ファミリークラスでのかていを修了したことをここに認めます。」

比嘉先生20代の半ば、

Mさんは30代の後半でしょうか?

時は流れ、比嘉先生は沖縄で海龍館を立ち上げられ、

Mさんは今や月曜さくら会の先生です。

Mさんに「ブログに載せていいですか?」

と聞いたところ、

「愛情ある指導と稽古があったことを伝えてください。」とお返事がきました。

(これはDVDにお願いしたサイン)

 12日に行われたジュニア演武大会には300名を超える子供達が参加したそうです。

昔の創成期の頃を思い返すと胸がキュンキュンしてきます。

何を隠そう、実は私は比嘉先生の書のコレクターなのです。かなりの量の書を持っております。

比嘉先生が世界的に有名な合気道家になって、書の値打ちが上がったら売り飛ばして財を成そうと密かに待ち続けているのです。はやくしてね。

| 新たな日本の暮らし | 12:05 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
やっと我が家もクリスマス!

子供達も自立してしまい、マイクと二人だけの我が家。クリスマス前には日本を発ってしまうので毎年「どうしようかな〜」と面倒に思うのですが、今年もやっと出しました。昔はメゾネットのお二階さんと共同で窓から駐車場のある門まで大きなライトアップをして、お庭にもライトアップをしたりしました。ご近所のおばあちゃまが「子供の頃、教会に行っていた頃を思い出します。」と喜んでいただいたりしていたのですが、年々、縮小。

娘たちが幼かった頃には親の夢でもあった「天井まで届くような大きなクリスマスツリー」をその当時は高額だったし、私たちの収入ではとっても大きな買い物でしたが清水の舞台から飛び降りるような思いで買って(決して大げさではありません)毎年、飾り付けに夜なべしたものですが、その思い出のクリスマスツリーもとうとう処分してダウンサイズ。

倉庫から箱を出しながら今年一年の色々な出来事を思い出し、「こうしてみんな無事にいるし、歯もよくなったし、」と思いながら飾り付けをすると、すっかり我が家もクリスマスモードになりました。どれも箱から出してもらえてうれしそう。

インターネットのおかげでクリスマスカードも少なくなりましたが、イギリスのお年寄りからはしっかり届きます。マイク曰く、「年に一度くらいはカードにメッセージを書いて封をして切手を貼ってポストに入れてもいいんじゃないの?」私もそう思います。

それにしても師走です!

| 新たな日本の暮らし | 11:28 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
噛みしめる力

うう、痛む。左側の下の奥歯の歯肉の部分が腫れ上がり、昨日の夕方に急遽、いつもの歯科医院に行ってきました。痛いのなんのって!4時間でぴったり痛み止めが効かなくなって、目覚まし時計のように痛みが始まります。うう、、、、。

3週間前、火曜日の午後の「いまがわKIDS」の合気道の稽古で子供達に木剣を使って「前回り」「逆上がり」をさせて、左手で剣を持ちながら右手で上がれない子たちの体を補助してたら左側の上腕部、背中、首の筋肉が痛くなって、やっとそれが良くなり始めていたのに、、、、今度は歯茎?思わず自分で自分に「かわいそうなヨーコちゃん」と声をかけてしまいました。(誰も言ってくれないから)

実は私のその歯はマルタにいた時にある日、縦に二つに割れたのです。

マルタの歯医者さんに「こんなの初めて」とか言われ、マルタの歯科医のレベルもチェックするつもりで、その歯を抜いて前後の歯と3本ブリッジにしてもらったのです。詰めてあった金属を見て「ふむ、興味深いですね。」と歯医者さん。保険のきかないマルタの歯科治療ですが、日本より少し安いくらいで、「明日から豆でもなんでも噛めますよ!」と言ってくれたのが8年前。その後、順調でした。(ちょっとは日本とマルタの歯科技術交流の橋渡しもしたつもりです。)

昨日の歯医者さんは私たちのホームドクター。2011年の大震災の時も、ここの診察台の上に私はいました。

そのM先生の説明によると、

「奥歯は噛みしめると体重の3倍の負荷がかかると言われています。この歯は3本ブリッジになっているために3本が固定されたような状態になっているので1本ずつが動けないのでもっと負荷がかかって歯茎を動かします。人間は気がつかない内に寝ている時とかでも結構、歯を食いしばっているのです。そうした隙間に何かのきっかけで細菌が入り込んでも、大抵は抵抗できるのですが、それが疲れていたり、免疫力が落ちていたりすると細菌が入り込んで暴れるのです。」

レントゲンを撮って、結局、切開して膿を出し、圧力が溜まっている状態を抜くことになりました。

ああ、恐れていた最悪のシナリオ。麻酔の注射も痛かったし、切開も痛かったし、押さえて膿を抜くのも痛かった。なんてたって、ガンガンに腫れ上がってるのですから。帰り道から家に着いてもしばらく痛み止めが効くまで、もっと痛かった!

(抗生物質と痛み止め)

1日経ってだいぶ楽になりましたが、まだしばらくはかかりそうです。

そんなに私、噛みしめてる?

寝てる時のことはわかりませんが、思い当たるとすれば、ピアノを弾いてる時です。まさか口を半開きにして弾くわけにもいかず。あとは瓶の蓋を開ける時とか、銀杏の殻を砕く時とか?

でもその他のシーンでもきっと噛みしめてるんだ、、、。

「いい加減」な顔して私、噛みしめながら頑張ってるんだ、、、。

わあ〜ん。

| 新たな日本の暮らし | 17:37 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
忘れ物

先日、ある所のコピー機で楽譜をコピーしました。

楽譜はA3のサイズでコピーした方がいいので、

家のコピー機ではできません。

コピーを4枚して家に帰ってから、、、

コピーした物を持ち帰るのを忘れたことに気がつきました。アワワ。

 

翌日の午後にそこへ行って、

「あの〜、昨日コピーしたものを忘れてしまったのですが。」

「昨日ですか?引き継ぎされていないけど、、、。」

そうか、今日は違う人がいるのか。

丸めてゴミ箱に処分されたか、仕方ない、と思っていたら、

「あ、ララルーね。」と奥から出て来た人が。

「そうです!」と思わず叫んでしまった。

「あれ、どこに入れたかな。あったあった。

みんなでララル〜ララル〜、と歌ってたんです。」

と出して来てくれました。

 

 

私の忘れ物で、昨日ここでララル〜の合唱が流れたのかと思うと、

ちょっぴり胸が暖かくなりました。

取っておいてくれて、ありがとう!

| 新たな日本の暮らし | 09:58 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
備蓄品、多すぎに気づく。

亡くなったおばあちゃんの家を整理しに行ったら、贈答品のタオル、未使用の下着、古い衣類、趣味で描いた絵、などが押入れの奥から山のように出てきた、なんて言う話はよく聞きます。

で、自分の場合、そう言った物はそれほどひどくはないけれど、備蓄品の多さに我ながら呆れています。

 

つまり、トイレットペーパーは常に30個は積んでいないと不安。テイッシュペーパーも相当。それ以外には、洗濯洗剤、シンクや浴室の洗剤、排水溝のカバー、ハンドソープ、うがい薬、歯ブラシ、歯磨き粉、マウスウオッシュ、コットン棒、シャンプーとリンス、サンクリームなど。

 

 

 

 

食品はパスタとパスタソース、ドレッシング、醤油、酢、なぜか塩麹、オリーブオイル、ツナやトマト、アンチョビの缶詰、トマトジュースと人参ジュース、ペーパーナプキン、などなど。

 

 

 

こんなものは歩いて6分のスーパーに行けばいつでも買えるのだから、それにそんなにすぐになくなる物でもないのだから、山奥に住んでるわけじゃなし、なんでこんなに蓄め込んでいるのか自分でもわかりません。

 

「なかったら困る。」の一心でしょうか。

病気でしょうか?

今までなくて困ったことは一度もないのに。

 

下着やソックスだって3枚あれば完全に大丈夫なのに何10枚もあります。道着も今ではそんなにいらないのにマイクと私と4〜5組ずつあります。大好きなパーカーは気がついたら10枚以上、Tシャツは聞かんといて!

大好きなサンダルとブーツはもう、うちに来る生徒さんには有名な話。わざわざレッスン室から出てきて玄関で数えられたこともあります。

そして最近、急増してるのはゴルフ用品。

 

 

当然の結果、狭い我が家はどこもしまえる所はぎゅうぎゅう入ってます。

本当に恥ずかしい限りです。

 

家の中に必要最低限だけ置いてスッキリ暮らしている人を見ると心底、尊敬します。今、死んだらとっても恥ずかしいので、これらの物を(捨てられないので)使い終わるまでは死んでも死にきれません。

最後に、、、一番すごいことになっているのは、、、紙袋類です。

 

 

私が憧れる生活は、何かがないから夜とかにスーパーかコンビニに走る自分です。いかにも都会生活!

不安を解消したくてアリのように蓄め込んでいるのです。

みなさんはスッキリ暮らしておいでですか?

、、、、ですよね。

| 新たな日本の暮らし | 12:54 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |