CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
LINKS
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

English in マルタブログ!

Yet Another JUGEM.
千葉の台風被害は3.11以上

成田市多古町にあるショートコースに行ってきました。受付で「倒木があるのでいくつかのホールは変更になっています。」と言われてコースに出て、、、

目を疑いました。

もう台風から3週間近く経っているのに、大きな木があちらこちらで倒れているのです。ニュースでは幹の中が病気になっているような木がたくさん折れた、と言っていましたが、全く健康そうな大木が幹から折れていたり、根元から倒れていたり、しなやかで根が広がる竹林が倒れたり折れたりしているのです。

これらの樹木を片付けていくのは大変な仕事。もう片付けとか植木屋さんの仕事ではなく「林業」の領域です。

こんな風景は生まれて初めて見ました。残骸を見ながら進んで行くのは心が痛みました。

あの台風の夜、どんな音を立ててこれらの樹木は折れたり倒れていったのでしょう。

復旧に予想外の時間がかかっているのもよく分かりました。多古町も10日間停電だったとか。痛々しいほどに破壊された姿を見て、改めて先日の台風の脅威がいかに大きかったか、、、

樹木の悲鳴が聞こえるようでした。

1日も早く、元の暮らしが戻りますように!

| 新たな日本の暮らし | 17:48 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
絶対に詐欺だと思った

「オリコカードですが」と電話がかかってきたのは先月のことでした。

「あたな様のカードで今朝早くにアメリカで16万円の買い物があり、その後、日本橋の三越と高島屋でも買い物されていますが、お心当たりはありますか?」と。

もうこれはゼッタイにゼッタイに詐欺だと思って、

「わかりました、こちらからカード会社に連絡します。」と決然と電話を切り、そのままにしてました。

(そこが私のイケないところ)

しばらくしたら色々なカード決済の請求先から「カードがブロックされていて請求できません。」と言う連絡が入り、「そうだった」とカード会社に電話をしてみると、、、

先日の電話はカード会社の本物でした!

「不審なカード使用だったのでこちらでブロックをかけさせていただきました。新しいカードを2週間後に送らせていただきますので、今あるカードは細かく切断して処分してください。」

随分良くできた会社というかシステムではありませんか!

しかし、「つまり私のカードがどこかでハッキングされたとか、ネット上の決済で誰かに漏れた、とか言うことなんですか?」と聞くと、

「ランダムに数字を打ってそれが該当してしまう、と言うこともございますし、カードを持っている以上、こう言うリスクはあると言うことでございます。今月の請求書で何か心当たりのないものがございましたらご連絡いただければと思います。」、、、とのこと。

何にも大騒ぎするでもなく一件落着したのです。

しかし、ああ怖い。こんな事が自分に起こるなんて。

そして、この犯罪を犯した人間は何も咎められるでもなく、「やり得」じゃないですか。ああ、腹たつ。

思えば最初はネット上での「カード決済」に抵抗があった自分も段々に便利なので慣れてきてしまい結構カード決済をしていました。

インターネット、信用してはいけません。

必要のないカードは減らしましょう。

もう誰も信用できないのだ。

| 新たな日本の暮らし | 11:10 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
胸にズシンときたよ。

先日、いつも行っている美容院に行くと20才くらいの新人さんの女の子がいました。

彼女にシャンプーしてもらいながら、

「ご出身はどちらなんですか?」と聞くと、

「宮城です。」

「ではあの地震の時は大変だったのですか?」

と聞くと、

「私は小学校6年生だったのですが、海に近い所に住んでいたおばあちゃんの家は全壊して、おばあちゃんは無事でしたが、お姉ちゃんとは連絡が取れなくなってあちこち探して、2日後に避難所でやっと会えました。

学友は二人、亡くなりました。

理容院をしていた叔母が避難所でみんなの髪を切ってあげてるのを見て、私も美容師になろうとその時に決めたんです。」

あの時に小学6年生だった女の子が8年後の今、こうして立派に社会人になって仕事をしている。

胸にズシンと来るものがありました。

あんな恐ろしい事は体験しないに越した事はありませんが、その体験があったからこそ、今の彼女があるのだと思いました。

お店の上司も知らなかった彼女の身の上話、髪を洗ってもらいながらずうっと聞いていました。

 

| 新たな日本の暮らし | 14:25 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
連休中にやった事

渋滞ニュースを見ながら連休中にやったのは椅子の塗り替えでした。

もう30年近く使っているダイニングの椅子。ナチュラルなウッドの仕上げだったのですが、さすがに経年劣化してシミやら汚れやら木から浸み出した油脂やらでかわいそうな状態になっていました。

「長く使ったから捨てて新しい椅子を買おうよ。」と言うとマイクが「いや、塗り直せば使える。」と。「でも、もしかしたら座ったらペンキが剥がれるかも。」「そうなったら捨てればいいからやってみよう。」と決意が固まりやってみました。

ペンキを塗る事、5回。

外で塗っていたのですが変わりやすい天気に泣かされました。塗りたてのペンキの上に雨粒がポツポツ。しかし何とか6脚の椅子を5回塗ってラッカーで仕上げ、乾かして座ってみましたが大丈夫でした。

満足!

後は実家のお墓まいりをし、検証会をし、公園で読書をしたりして連休を過ごしました。時間のプレッシャーのない日を送ると、元に戻れるのかしら、とちょっと心配したけど、戻れるものね。

| 新たな日本の暮らし | 10:06 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
桜開花チェック

26日の火曜日に恒例の舞浜さくら会の「お花見ランチ」があるのですが、桜の咲き具合とお天気が心配で、昨日は開花チェックに出かけました。

朝10時前の公園の桜はまだほとんどが蕾。

しかし、ベンチでコーヒーを飲んでる間に蕾が膨らんでる気がして、本当に少しずつ開花していました。

昔、ピアノの発表会をしていた頃、ステージにお花を頼んだら桜を生けてくれた事がありました。

生けた時はまだ蕾の桜が4〜5時間、舞台照明を浴びているうちに開き始めて、発表会が終わった時には満開になったのを思い出しました。

公園からぐるりと駅前まで行って、団地の中庭を通り家に帰ってくる頃には、咲き始めた桜の木がちらほら。

(これは桜じゃないかも)

よし、お花見は大丈夫そうです!

 

| 新たな日本の暮らし | 10:56 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
休日の過ごし方ーバーゲンマジック

昨日は久しぶりにマイクと私は別行動。

 

マイクは江戸川をサイクリングして柴又まで行って、お気に入りのカフェのモーニングセット¥300を楽しんで帰ってきました。サラダとゆで卵、ヨーグルトにトーストとコーヒーがセットで¥300です!

 

私は娘と酒々井のアウトレットに。女子だけで行くと買い物は「こんなに楽しいか」と思うほどに盛り上がります。

マイクにはよく「どれだけ安くなってるか、よりも本当に必要か、を考えろ。」と言われますが、¥12000だったものが70%オフになり、なおかつ2点買うとさらに10%オフ!となるともう「ほとんどただ?」みたいな気持ちになります。70%オフから10%オフとは80%オフではなく正確には73%オフだと思いますが、そんなことはどうでも良くて、買い物に来た甲斐があったというものです。

さらに¥32000のゴアテックスのワーキングブーツが¥9800。2点買うとさらに20%オフ、3点買うと30%オフ。娘もゴルフシューズとスニーカーを買ったので30%オフもクリア。もう一つは¥28000の黒のブーツが¥8600。そこからさらに¥2000オフ。そしてカード請求時にさらに5%オフ。

オフ、オフ、オフ!

どちらもワンサイズのみの最後の1点。それが私の足にぴったりフィット、となればマイクのブレーキもかからず、娘の「これは買いでしょ。」の一言に励まされ、「年を取ったら歩きやすくて滑らない安全ないい靴は大事よね。」と自分に言い聞かせてゲットしました。

 

家に帰ると、ちょっと前に帰ったマイクがシャワーから出てきて、お互いに「今日は楽しかった〜」の1日でした。

(言い訳になりますが、6月のミュンヘンでマイクは足にピッタリ合ったシューズを2足も買ったのです。)

なぜかマイクはシューズの買い物だけは文句を言いません。

¥300しか使わなかった事でハッピーなマイク。

本当は¥72000の物が、¥18000くらいで買えて、¥53000くらい得したとハッピーな私。でも、¥18000使った事に変わりはないのですが、、、笑。

 

 

| 新たな日本の暮らし | 12:33 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
攻撃するトイレ

5〜6年前に購入した我が家のウオッシュレット。

人がトイレに入ると自動的にフタが開き、使用後はノズルを洗浄し、フタが閉まる、と言う優れた製品なのですが、どうも最近、様子がおかしい。

水量が極端に細くなったり、強くなったりするのです。

そして最悪なことに、用が終わってトイレを流して身づくろいをしている時に、突然、ノズルが伸びて来てブシャ!

っと人間を攻撃するようになったのです。

しかも攻撃する時としない時がある。

つまり、トイレのたびに緊張感が走るのです。

なんてこと!

マイクは出かける直前のトイレでズボンがビショビショに。

私も消臭剤をスプレーしようとしていた時に、ブシャッ!!!

あの異様に伸びたノズルからピストルのような勢いで噴射される水を見た時は、ちょっとウオッシュレットの「反逆的な意志」のようなものを感じて小さな恐怖心が芽生えました。

これはもう、機能が狂い始めたか、

突然、私たちに攻撃的になったとしか思えません。

だからAI(人工知能)だって分かんないよ〜。

どうする?

突然、AIが人間に攻撃的になったら?

 

| 新たな日本の暮らし | 10:23 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
冷却水用予備電源

日本は災害大国になってしまいました。

豪雨、台風、そして昨日の北海道の大地震です。

日本列島がズタズタに傷ついて行くようで頭の中がくらくらし、

「明日は何があるのか分からない。」という恐怖が心の底に沈殿して日常の暮らしに影を落としています。

それに加えてスポーツ界のパワハラ問題、総裁選の政治家たちの顔をニュースで見ていると、この国はどこへ向かって行くのかと、こちらも不安になります。

老人があふれ、若者たちは元気がない。

これはまるで豪華なタワーマンションを7000万、ローンを組んで購入したけれど、毎月の収入は細くなるばかり、みたいなもんです。「もう払えない!」となって売却をしようとした時には憧れだったはずのタワーマンションの市場価格は4000万代、3800万でも売れない。売れたとしても4000万のローンが残る。

これは地獄です。

「そんなあ」と思う人がいたら、1990年代にもそれは起こった事です。

一人の人間が幸せな一生を全うする事が、

こんなに難しくなった時代はありません。

何が悪い?この国の政治です。

私たちがバングラデシュやシリアの国の人々の暮らしを哀れ、と思うように、私たちの暮らしだってよそから見たら哀れです。

みんな真面目に一生懸命に働いているのだからなおさらです。

これで精神を病まない方が不思議なほど哀れです。

 

ドイツの渡辺さんから北海道地震を心配してメールが届きました。

「原発稼動しているものも全部止めて、冷却水用電源の予備を5種類くらい用意しないと。」

これはいかにもドイツ的、と前なら私も思ったでしょう。

(ドイツはもう原発を全てやめてるし!)

いかにもドイツ的、と呑気に笑ってきたのが私たち日本人です。

サイクリング時のヘルメットだって笑ってきたのですから。

「安倍首相が最初に首相だった時、共産党の工学部出身の議員が福島原発を視察して、

”冷却水用予備電源が不十分、すぐに対応を!”

と迫ったら安倍首相曰く、

”これまで電源喪失した事例は無い!”

と言下に却下しました。

あの時にすぐに対応していれば、福島の爆発は防げた。」

 

そうだ、あの時、運悪く政権を取った民主党が、自民党にボロクソに言われたのを思い出しました。国民の前で、国際社会で、ペラペラと嘘を平気な顔でしゃべってきたのは安倍首相です。

でもそれに替わる人間がいない!いないの?

これからは(これまでも)「今までは」とか「そこまでしなくても」とかは無いのです。

原発だけでなく、この国の経済も一体誰が「日本円は国際市場で安全とされている。」なんて事を言えるんでしょうか?

私は何もわからない、何も知らない。

でも、これではいけないような気がする。

だからすごく不安なんです。

| 新たな日本の暮らし | 10:47 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
小学校道徳の問題です。

道徳が正規科目になったそうですが、こんな問題を教えてもらいました。

「子供達の野球の試合で監督が次のバッターの子に、バント(か、フォアボール狙い。記憶が曖昧ですいません。)を命じました。その子はいい球が来たのでスカ〜ンと打って、そのチームは勝利。しかし試合後に監督にこっぴどく叱られました。さあ、あなたはこの話をどう思いますか?」

う〜ん、とってもわかりやすくて難しい。

野球では監督の指令は絶対ですかね?

正解は私は知らないのですが(いい加減ですいません。)

青少年のスポーツを「チームワークを尊び、指導者の命ずる事を忠実に守り実行できる戦力」を養成するのか、

「自分で状況を判断し実践できる判断力と行動力」を養成するのか、の違いにかかってくるのかと思います。

少年たちが大人になった時に「使える戦士」にするのか「リーダーになれる人材」にするのか。

もちろん、いかなるパフォーマンスにも規律と統制は必要です。しかし一人一人の自らからほとばしる「氣」はどんなスポーツや表現活動や職場でも重要なものだと思います。

スポーツは感動を与えてくれる素晴らしいものです。

しかしそれが勝敗だけに目標が絞られてしまうと、、、

私みたいな人間は辛くなります。

| 新たな日本の暮らし | 10:22 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
夏休み中です!

初めてロボットワンちゃんに遭遇しました!

待合室でギコギコ音がするので何だと思ったら、

この子が出てきた!

よく見てみると、その動きの多彩さに驚かされました。

パターンが見えてこないのはすごい!

足の動き、頭の動き、尻尾まで!

しかも時々「キャン」と鳴く!

歩いたり、立ち止まって周りを見回したり、しゃがんだり、伏せたりしながらだんだん近ずいて来る〜!

足元まで来ました。

背中には「抱き上げないでください」とシールが貼ってあって、でも足元で私を見上げているので思わずおでこをなでなですると、、、、

なんと目を細めるではないですか!

これは可愛いです!

一人暮らしのお年寄りとかには最高です。

エサもいらない。散歩もいらない。ウンチもしない。

病気にもならない。年も取らない。

しかしなあ、奥さんもロボットの方が良くなるかなあ。

| 新たな日本の暮らし | 09:07 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |