English in マルタブログ!

Yet Another JUGEM.
台風娘、日本料理の大先輩に会う。

ロンドンでシェフをしているMを連れてブライトンの季布やに行きました。

行く前にMは「私がシェフをしてるって言わないで。気を使わせると悪いから。」

私、「いやいや、せっかくの機会だから色々聞いて勉強すれば?」

マイクと朝稽古で一緒だったAさんはブライトンホテルの「蛍」で長く料理長を勤められて、今は「季布や」の料理長をされています。「蛍」よりも「季布や」は少し気軽に伺えるお店で、何より料理をしているAさんと対面でお話できるのがいいです。

Mのことを紹介すると、Aさんは気持ちよく色々なお話をしてくれました。

ご自分の包丁も全部見せてくれて一本ずつ説明。高いものは一本10万円以上するとか。

京都の祇園の割烹からAさんの調理人としての人生が始まった事。そのころは下駄を履いて出前の料理を持って祇園の街を走った事。

京都の野菜や豆腐のお話など知らなかった事ばかり。

京都の豆腐の甘い事!

豆腐といえばMも知っている浦安の豆腐店はAさんもよく知っていて懐かしかったです。

握りをいくつかお願いした時にMが「どの魚からどういう順番で握りましたか?」とか結構専門的な質問。

包丁さばきはもちろん、食材、盛り付け、様々なたれの事など、お仕事中に関わらず詳しく教えていただきました。

そこに私の合気道の話もお邪魔しまくって、本当にお仕事に差し支えなかったかなあ、と心配。

幕張の仕事から帰って来たマイクも後から来てAさんと硬い握手。(何なんだこの硬い絆は?)

たくさんの美味しいお料理をいただきましたが、中でも逸品は「ウニのトースト」。バケットの上にウニがてんこ盛りにされて軽くトーストされていました。食べたことのない美味しさ。

写真はだいぶ食べちゃった後。

感動したのは「木の芽ソース」。木の芽にほうれん草の葉緑素だけ抽出した鮮やかなグリーンのソースです。

「私、蕎麦も打ってますので今度、ぜひ蕎麦を食べに来てください。」わ、知らなかった。

夜の部の開店から閉店まで、あっという間の時間。

そして日本料理の奥の深さ、美しさも堪能させていただきました。

Aさんからは後日、「日本料理と言う共通の話題があって楽しく仕事をさせていただきました。」とご丁寧なメールをいただきました。

合気道のAさんも素敵ですが、日本料理のお仕事をされているAさんはもっと素敵でした。

帰る際にMと硬い握手までしていただき、、、。

感謝です!

| 食すること | 09:13 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
グアムのレストラン・泉水

大雪が降り最強寒波到来の日本で、暖かだったグアムの事をまだ書いてます。(笑)

泊まっていたスターツグアムゴルフリゾートは18ホールのゴルフコースが3つ、54ホールのコースを持つホテルです。タモンからは30分ほど北に離れ、米軍基地に囲まれたような所にあります。

ゴルフ客がメインの施設なので、滞在中のゴルフバッグはカートに積んだまま、プレイ後もカート庫に置いてくれるので、毎回スタートの場所に行くと、もうそこに準備してくれています。

夕方4時からは宿泊者は無料でプレイができます。ただし手押しカートならば無料。電動カートを使う場合は20ドルですが、ほぼ9ホールはできるし、日中よりすいていて日光も強くないのでとてもいいです。

そこには朝食とランチのレストランと夕食のみのレストランがあり、朝はうれしいことに「納豆定食」などがあり、昼は、冷やし中華やカレーライス、サンドイッチなどがあります。

そこのスタッフの女性は私たちを覚えていてくれて、

「フィリピンからグアムにきてもう25年、ここで働いてる。上の息子は米軍で働いてるの。」と話してくれました。

夕食のレストラン「泉水」も働いている人はシェフ以外はフィリピンの人たち。本当によく働きます。そして楽しそうに働いているのが素晴らしい。お料理を運んでくるときの笑顔はマニュアルの笑顔ではありません。

このレストラン、お酒を頼まなくても「お通し」を持って来てくれるのですが、

こんな感じで、これとご飯だけでもいいくらいです。(笑)

(ステーキ定食。ビーフはおいしい!)

(天ぷら定食。エビが5本。)

(チャモロ料理のエビ。)

(マイクが食べていた焼き魚定食。)

これに時々はデザートもサービスしてくれて、もう「優しいお父さんとお母さん」がいるような気持ちになります。

最後の日に「あした帰るので写真を」と頼んで一緒に撮ってもらいました。

「お父さん」の方は「この数日間をご一緒できて幸せでした。また来てください。」と優しい笑顔。

待てど暮らせど注文を取りに来ない、料理はドンとテーブルに置く、会計をするのに10分以上もかかる、無愛想なマルタの従業員に見せてやりたいような「おもてなし」の見本のような人たちでした。

またお会いするときまで、お元気で!

| 食すること | 08:32 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
グアムのレストラン・Eggs'n Things

ドルフィンウオッチングからわりと早くタモンに帰って来たので、前から行きたかった「エッグスンシングス」に行ってみました。

ハワイで人気のパンケーキ屋さんで日本にも上陸し、表参道のお店はいつも長蛇の列だとか。

長い列を予想して行ったら、なんと5〜6人が待っているだけの状態だったので列に並ぶことにしました。並んでいる間に注文できるのは中々グッドアイデア。

頼んだのはもちろんストロベリー&マカデミアナッツパンケーキ($10)。他にもバナナチョコレートやベリーミックス、マカデミアナッツクリームなどなど決めるのが大変。

もう一つはほうれん草とマッシュルームのオムレツ。はじめにオムレツを食べたのですが、といた卵の中に具材が包まれているのではなく、裏に具材、表面はプレーンな卵だけという作り方で美味しかったです。

そしてパンケーキはもう本当にこれを感動と言わずに何を感動と言うのでしょう!

最初にパンケーキを作った人は天才だな。最初にシュークリームを作った人も、パンを作った人も、バターを作った人も、チーズを作った人も、(なんかつながってるな)ワインを作った人も天才です。

こんな魅惑的なものを毎日食べていたらコレステロールが上がってしまいますが、たまには堪能したい!

ひとくち目を口に入れた時、、、、

生きてる幸せを感じる一瞬です。

| 食すること | 14:58 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
グアムのレストラン・Jeff's Pirates Cove

グアムの2日目と3日目はせっかくゴルフバッグを別途料金片道¥4000も取られて持ってきたのでゴルフをしました。(とほほなゴルフの話は後日)

4日目は車でグアム島をぐるっと回って見ることにしました。

ホテルが立ち並ぶタモンは島の真ん中、西側ですが南に向かって車を走らせました。メインの道はほとんど1本道で右側通行、ハワイと同様にスピード違反はとても厳しいのでみんな適正スピードで走ります。

走ってみてわかったのは、どこも綺麗な砂浜のビーチが続いていること。海は遠浅でその先の色が濃いブルーになっているところからズドンと深くなっています。

ズドンの先はマリアナ海溝。

地球上で最も深い海溝です。どんだけ深いかというと、エベレスト山と富士山を逆さに入れてもまだ海底に届かないという漆黒の世界。あ〜怖。

オーストラリアのような「シャークに注意」「ワニに注意」「猛毒クラゲに注意」「よって遊泳禁止」のような立て看板はどこにもなく、同じ青い海なのにどうしてこんなに違うのか。海はハワイよりも綺麗で何と言っても人が少なく、安全でグアムはおすすめです。

「ジェフズ・パイレーツ・コーブ」は合気道友達のKさんからもおすすめされてた南部タロフォフォにある、海が目の前の老舗カントリーレストラン。

普段、あまりハンバーガーを食べない私ですが、グアムのハンバーガーはビーフがおいしい!そしてポテトフライはスイートポテト(さつまいも?)なのです。とってもヘルシー。これが16ドルくらい。

ドライブの途中の展望台で会ったアメリカ人の女の子、二人にも再会して、「あらら、また会っちゃったわね!」この二人、一人は軍で働いている人で、もう一人は日本にも数年暮らしてたという人で、今はアフリカに住んでいるというワールドワイドな人。たくましいなあ。こういう女性って結婚とか出産とかに全く縛られていないんだろうなあ。

海で泳いでる人はなし。二人地元の女の人(とても太い)がずっとビーチを歩いていると思ったら何と網を打って魚を獲っていました。

グアム島は淡路島とほぼ同じ大きさ。

マルタ島が半分でしたから、マルタ島よりは大きいんだ。それでも、あっちに寄り、こっちに寄りながらのんびり回っても一日で一周できる広さです。

東側に進むと、レオパレスリゾートとかオンワードマンギラオといったゴルフクラブがあります。スターツもですが、日本がバブルだった頃(30年前?)に建てられたのかな、という感じ。今はその栄華はなく、少し寂しい感じもします。

次回はドルフィンウオッチングのお話。

説明書には「もし、イルカが見られなかったら滞在中にもう一度再挑戦できます。時間的に無理な方にはお土産で対処させていただきます。」と。

会える確率は低いのかな〜。

| 食すること | 10:28 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
グアムのレストラン・Beaching Shrimp

クリスマスイヴの日はタモンの一番にぎやかな所のガイドブックにも出ている「ビーチン・シュリンプ」に行きました。

グアムは駐車場がただなのでホテルの駐車場でもどこでも空いていれば時間を気にせずに停められるのがいいです。

ビーチン・シュリンプはスパイシーなケイジャンスタイル、グアムのチャモロ料理、ニューイングランドスタイルなど世界中のメニューでエビ料理を堪能させてくれます。エビ好きな人にはオススメです

小さなお店ですがみんな名前を告げて前のベンチで30分くらいのんびり待ってます。ウエイターやウエイトレスはフィリピン人が多く、よく働いて愛想もよく、「接客業のお手本」になるくらい。料理を運んだ後も、「ご満足いただけてますか?」とか、「お水はいかがですか?」とか、「お写真、撮りましょうか?」とか、「新しいお手拭きをお使いください。」とか、忙しいのに素晴らしい気配り。

まったくマルタの無愛想でやる気のないウエイトレスに見せてやりたいほどです。マルタなんぞ、いくら待っても注文を取りに来ない、会計を済ませるのに20分くらいかかるのもざらでした。

自家製スパイシースープは10時間も煮込んだ、ここの名物メニュー。それでも16〜18ドル(1ドル、¥116でした)ですからリーズナブルなお値段です。

2日後にはその隣のビーフレストランに行きました。

ここもみんなよく働く中、一人レゲエのようなヘアスタイルでやたらテンションの高いウエイターがいました。

私たちの隣のテーブルに日本人の女の子が二人。

座るなり二人とも携帯をいじって話もせず。

ところがそのウエイターが話しかけたら、途端に盛り上がり、、

「さっきの人、ボクのイトコなの。イトコとカノジョね。」

え〜、そうなんだあ。」

それでもそこまでならいいのです。

あっという間に何と携帯のアドレスを交換し合ってるではありませんか!

よほど言ってやりたかった。

「ちょっと、ちょっと、あんたたち尻軽すぎるんじゃないの?」

現地で色々な人と仲良く話すのは旅の大きな楽しみの一つです。

でも、メルアド交換はリスクが大きすぎます。

ゼッタイにあのレゲエなチャラ男、「明日は仕事休みなんだ。」みたいに話を持っていくこと間違いなし。

こんなに簡単なんだ。

けっこうまわりの人たちも引いてたけどなあ。

気をつけてよ、日本の女の子!

 

| 食すること | 14:59 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
化学調味料やーめた。

秋になって野菜も果物も美味しい季節になりました。

「食べること」を私なりに勉強して、塩分や糖分を減らすことはもちろんですが、いわゆる化学調味料を食卓からできるだけ無くそうと努力しています。そんなことを言っても、ほとんどの物には入っていますから、野菜や魚を購入して、最初から調理するに限ります。

塩分も調味料もカットしたら「健康にはいいかもしれないけれど、美味しくない」ものになりそうですが、そこで重要なのは「天然の旨味」の活用です。西洋人にはわからない、と言われて来た鰹ダシなどの「旨味」が今ではヨーロッパのミシュラン級のレストランのシェフたちに注目されているとか。

その「旨味」を出してくれるものを集めました。

 

飛び魚(あご)の粉末。

 

 

昆布の顆粒

 

鰹節と昆布の粉末。

 

他には、ホタテの粉末、乾燥した小海老、ドライトマト、ターメリックやタイム、バジル、クミンシードなどのハーブ類、など。あとはフレッシュな野菜で、生姜、大葉、みょうが、にんにく、パクチー、などです。

 

こんな味付けに慣れてくると味覚が繊細になるのがわかります。

たまに試しにインスタントスープとかインスタントの味付けパウダーなどを食してみると、

身体が「Oh my Goood ! 」と反応するのがわかります。

とっても「ウマイ」んだけどね!

それは懐かしいウマさ、です。

 

高校時代によく行ってたラーメン屋。

なぜか毎日でも食べたくなる。

細いちぢれ麺のチキンで作った濃厚なスープ。

ある時、おっちゃんが調理してるのを見てたら、

おたまに白い粉をしゃくって、どっさり鍋に入れてた。

カウンターの後ろを見ると「**の素」のセメント袋が!

一杯60円でした。ああ、懐かしい。

おいしかったんですよ〜

 

| 食すること | 10:58 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
お米つくりから生まれたお酒、アフス「源-minamoto-」完成

浦安で共に合気道を学んだ鶴渕さんが実家のある「いすみ市」に戻って結婚し、無農薬、無肥料の米つくりに挑戦したのは前に、ご紹介しました。

その鶴ちゃんが、とうとう日本酒を作りました!

鶴ちゃんとは、田植え体験させてもらったり、

オーランドの高校生たちの合気道体験会を手伝ってもらったり、

私が病院で会計を待っている時に、たまたま近くに来ていて会えたり、

何かとご縁のある人です。

一年目の時に訪ねた田んぼが青々としていたのを覚えています。

初めて収穫されたお米を炊いて食べた時の感激も覚えています。

小さなすみと君の可愛い顔も。

それから鶴ちゃんはどんどん田んぼを広げ、「だ、大丈夫なの?」という規模にまで大きくしていきました。

美味しいお煎餅や米粉なども販売し、ついにこの夏、日本酒「源」が完成し、そのお披露目会にお誘いいただき行ってきました。

蘇我から外房線に乗り換えて大原まで。台風の影響で風の強い小雨模様の宵でしたが、もう真っ暗な街並みの小さな地元のギャラリーに鶴ちゃんに関わる人たちがたくさん集まって、出来上がったばかりのお酒と美味しいおつまみに舌鼓を打ちました。

日本酒と食のジャーナリスト、山本洋子さんの進行とスライドで田んぼから酒蔵までのストーリーの紹介。鶴ちゃんと修子ちゃんご夫妻の紹介。お酒を作った木戸泉の社長さんの紹介などがありました。

連日の屋外の作業で日焼けして引き締まった鶴ちゃんは農業従事者というよりは、もうお米つくりに命を賭けたアーテイストのような風貌でした。

「近くに自然酒の歴史がある木戸泉さんという酒蔵があった、ということが奇跡でした。」と鶴ちゃんが私たちに話してくれました。

ラッキーもその人間の実力の内です。

「源」という名付けは修子ちゃん。

「自らの力で大地に根を張り、たくましく育った米。それが発酵という力でお酒に変えてくれる。こうした自然の流れに沿って、私たち人間も自然に沿っている存在なので、そのお酒を飲むと私たちの命の源に働きかけてくれるイメージが湧いて「源」と名付けました。」

お酒を詰めたビンも素敵です。これも友人の作。

地元の人たちと繋がってさらに成長していく二人を見ていて、二人こそが「自らの力で大地に根を張り、たくましく育っている」と思いました。

すみとくんもすくすく育ってます。

たくさんの人たちの愛や情熱の結晶のようなお酒の誕生です。

私は日本酒に詳しくはありませんが、ちょっと今まで味わったことのないような味がします。

命に注がれるような特別な味わいです。

マイクに5本、背負ってもらって帰ってきました。

このお酒の詳細ページは以下のとおりです。

合気道仲間が作った日本酒、ぜひ味わってみて下さい。

http://farm-share-life.net/?p=339

 

| 食すること | 10:40 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
イギリスは美味しい

イギリスの有名シェフ、ジェイミー・オリバーが何年か前に「イギリスの学校給食革命」をしたことは前にお話ししました。

その時には野菜の名前も知らない、見たこともない、食べたこともない、子供達の数に仰天しましたが、今回の旅で入ったいくつかのレストランだけですが、イギリスの食文化がガラリと変わった印象を受けました。

たまたま最初の日に入ったホテル近くのシンプルなテイクアウトもできる「LEON」というお店で食べた「The Original Superfood Salad」は、まずい機内食を2回も食べた私の体に染み込んで吸収され、みるみる体が蘇るような美味しさでした。

軽くスチームしたブロッコリー、アボガド、パセリ、炒った種類、キノア、ミント、その他いくつかの香草類、フェタチーズ、それに軽くドレッシング。

二日目に食べた「ブラジリアンBBQ」のお店もBBQされた牛、豚、チキン、ラムなどの肉が売り物ですが、ブッフェのコーナーにはたくさんの野菜があり、ベジタリアンBBQも用意されていました。

毎朝のホテルの朝食も、絞りたてのオレンジジュース、シリアルとヨーグルト、フルーツサラダ、それに卵、ベーコンかサーモンにアボガドとトマト、ベジタリアンにはスイートポテトが山ほど、というヘルシーなメニューでした。

街にはインド料理、ベトナム料理、タイ料理、などがたくさん、もちろん「Sushi」はもう普通にありました。「日本料理店」と言ったら、天ぷら、刺身などが定番でしたが、普通の家庭で食べているような和食を提供している小さなお店に、ひっきりなしにお客さんが来て食べていました。

じゃがいもと豆と肉ばかり食べていたイギリス人が豊富な野菜料理を食べるようになったのはジェイミーを始め、優秀なシェフたちが工夫を凝らしたオリジナルな料理を作り続けているおかげだと思います。

娘がシェフをしている所も「日系カリビアン」というのがコンセプトのメイフェアにある「ブラックロウ」という名前のレストランです。もう「和食」という域を超えてしまっているようです。

「LEON」のサラダの本は帰って来てから通販で購入しました。おいしさのカギは香草類!

 

| 食すること | 11:55 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
骨密度減少を抑える合気道

昨日は市の特定健康診査に行ってきました。

だからというわけではないのですが、夕食は頑張って健康食を作りました。

キュウリ、ワカメ、生姜、有機ベビーリーフを酢で和えたもの。

カボチャの煮付け。

シメジ、エレンゲ、エノキ、小松菜のガーリック炒め。

鰯の丸干し。(象のお皿はミスマッチですが)

黒ごま豆腐。

それに鶴亀農園の玄米。

義姉の手作り梅干し。

ビールとい食後の甘いものはカット。

こんな食事を毎日は難しいけれど、食べていて身体が「サンキュー!」と言ってくれてるような気分。

 

ちなみに健診とは別に、やったことのなかった骨密度測定をしてもらいました。

骨量は20歳前後でピークを迎え、その後は加齢と共に徐々に減りはじめ閉経後には急激に減少すると言います。それに加えて私は今、乳がん術後の薬物療法として女性ホルモンを抑える薬を飲んでいるのですが、その副作用に骨粗鬆症が挙げられています。

「元気なつもり」で合気道をしている私ですが、もし、骨がもろくなっているのなら骨折などに注意しなければなりません。

ちょっと気になっていたので、ついでに測定してもらいました。

結果は、先生いつもの笑顔で、

「素晴らしい!20歳の時を100とするならば、現在85%。

今の年齢(ヒミツ)の平均値と比較すると118%の骨密度です。

やっぱり、合気道なさってるからじゃない?」

おう!何とうれしい。

これは「合気道効果」として宣伝しなくては。

 

しかし、健診の度に、どんなに背伸びしても身長は確実に縮んでいるし、今回、足のサイズまで小さくなってるのにはショック〜〜。

このまま行くと、どんどん「ちっちゃなバアちゃん」になって行くぞ。

みなさん、親切にするのだよ(笑)

| 食すること | 10:11 | comments(1) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
Monsoon Cafe

舞浜にモンスーンカフェがオープンしたのはいつのことでしょうか?

エスニック料理が流行り始めた頃で、店内はバリ島のよう、ウエイトレスの女の子たちもバリ風の格好をしていてテキパキ動き回り、料理も美味しく、すっかりお気に入りのレストランになり、私たちは随分と通いました。

家族で行ったり、友人と行ったり、お客様と行ったり、送別会をしたり、、、。

その頃の店長さん、(今でも名前は覚えています。I さんでした。)ともすっかり顔見知りになり、お店の食器が気に入った私は「これ、分けてはいただけないんですよね?」と無理なお願いをしました。I店長さん、「今、お分けできるものはないのですが、今度ベトナムから取り寄せる時にお取り置きしますよ!」と何と無理なお願いを聞いてくれました。

そんなわけで、その時から我が家にはモンスーンカフェの大皿が5枚、コーヒーカップとソーサーが5客。今でも大事に使っています。そのお皿によそると、どんな料理も美味しそうに見える不思議なお皿です。

かなり重たいので、運ぶ人は大変だったと思います。

今はもうその食器はお店でも使われていないので、私に取っては宝物。

今だったら絶対にそんな対応はしてくれないだろうなあ。昔は良かったなあ。

Iさんはどこにいらっしゃるのか......。懐かしいです。

| 食すること | 16:05 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
  • 1/4PAGES
  • >>