CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
LINKS
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

01
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

English in マルタブログ!

Yet Another JUGEM.
戻って来たタイガー・ウッズ

タイガー・ウッズといえば私がゴルフを始める前にはゴルフ界の大スターだった人です。これまでの生涯で稼いだ賞金やスポンサー料の総額でスポーツ選手の中でトップ。次に続くのがテニスのフェデラーですからどれだけ凄いか。出る試合、出る試合、優勝をもぎ取り、その記録は私たちの想像を超えます。

しかし、膝や腰のケガに悩まされ、受けた手術は数えきれず、やっと復帰して出た試合もやはり痛みが出て途中で棄権することもありました。それに加えて、プライベートでは結婚生活も色々あり、「タイガーはセックス依存症」などとメデイアに書き立てられ、つい最近は蛇行運転していて警察に捕まり、「痛み止めの薬を飲んでいたから、、」などと釈明した逮捕時の写真は目もうつろな情けない姿に、誰もが「タイガーも終わった。」と思ったのでした。

そのタイガーが医師から「ゴルフやっても大丈夫」のゴーサインをもらって自身の財団が主宰する「ヒーローワールドチャレンジ」で久々に試合に戻って来たのです。お金と記録だけならもう十分に手に入れたタイガーをグリーンに引き戻したもの。

一つには「自分はゴルフしかできない。」という思い。そしてもう一つは二人の子供が「パパはユーチューブ上の伝説の人」と思っていたことを知ったから、というものでした。長いリハビリの生活で子供達はタイガーが試合でプレイする姿を見たことがなかったのです。

「体はボロボロなので、もう昔のフォームでは打てないんだ。」という41才のタイガー。

それでも24才のジャステイン・トーマスは自分が大きな試合で優勝した日に優勝トロフィーを持ってタイガーの家を訪れて一緒に夕食を食べたのです。

28才のリッキー・ファウラーはタイガーと何度も練習ラウンドを回り、「まだ彼は自分のそれぞれのクラブの飛距離がつかめていないんだ。」とアドバイスをして、「ヒーローチャレンジ」では最終日、7打差から連続バーデイーで猛烈なチャージをかけて優勝し、タイガーと並んで優勝カップの写真を撮っています。

タイガーも世界中のゴルフファンの期待を一身に受けて、一時はトップに立つほどの健闘をして最終的には9位に入る立派な成績で終えました。みんながタイガーの一打一打を息を飲むようにして見つめ、一喜一憂しました。誰が優勝するか、よりもタイガーがどこまでできるか、最終日までプレイできるか、の方がずっと大事な特別な試合でした。

人間は誰でも弱い所があり、過ちも犯します。それが有名人であればなおさら大きなニュースになり、その社会的な命を抹殺してしまったりします。盛り上がったニュースはそれで「The End」となり、一般大衆はなんとなく満足したり、次のニュースに関心を移したりします。抹殺された人のその後の事なんて誰もおかまい無しです。

でもタイガーの復活試合を見ていて私は思いました。

体もボロボロ、社会的名誉もボロボロになったにもかかわらず、みんなの前に姿を現した(子供たちのために)タイガーの勇気。

それを支え続けた若いゴルファーたちのレジェンドに対する尊敬の気持ち。

そして「戻って来たタイガー」を応援した多くの人たち。

処罰されて消えて行くよりも「もう一度、やり直せる。」というメッセージの方がずっと人々に与える影響は大きいと思うのだけど、、、。人を告発し合い、責め合うよりも、他人事を自分の事のように思って助け合う、支え合う。

誰だって暖かい社会で暮らしたいです。

| ゴルフ | 12:25 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
セクシークイーン

マイクが連休初日あたりから咳をして、もうすぐ二週間になるって言うのにまだぐずぐずしている。

(回復力の弱い奴!)と思いながらもやっぱり心配。

(今日は病院に行った方がいいかな。)と思っていた金曜日の朝のこと。

「ほら見てごらん。このコリアンガールが今、 話題のゴルファーだよ!」

とTVの画面を見せた時にマイクの浮かない表情に大変化が起きたのだ。

「オー、オー!」

「なに、急に元気になっちゃったじゃん。」

「スゴイ、、、」

「こう言うのよくないよね。」

「ヨクナイ、ヨクナイ。」

「スポーツなんだし、こうところで競争しちゃいけないよね。」

「イケナイ、イケナイ。」

とおうむ返しに返事するけど目は点になってる。

「膝上30センチがいいなら私だってはくし。」

「オー、ノー、ノー。チビ(私のこと)ソンナノハカナクテモセクシー。」

「だよね!」

「ソウ、ソウ。」

あ〜、馬鹿馬鹿しいったらありゃしない。

| ゴルフ | 12:36 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
AIKIDO+GOLF

沖縄遠征で知り合ったKさん。何度か舞浜に来ていただき、ゴルフをなさっている事を知って、「ぜひ、いつかご一緒に!」と言ってお別れしたのが先月のこと。

日本人の「いつか」はほとんど決して実現しない社交辞令ですが、そのつもりで欧米人に「いつか」と言うと、「いつ?」と返事が返って来ます。

そしてこのKさん、日本人ですが「いつにします?」と連絡が来ました。

「私は下手っぴいなので、誰もいない、安い、が条件なのでいつも平日に成田にあるショートコースしか行かないんです。」とお返事すると「では休みを取って行きます。」とびっくりのお返事。

そして先日、木曜日のアドバンスクラスの稽古のあと、成田に行って11ホールを2周しました。いつもはマイクと二人なのですが、まあ楽しかった事ったら!

3人の球が同じような所に落ちていたり、3人そろってカップ数センチ手前で止まったり、その度に大笑いしました。

打った球はよく見てくれる、私のカートまで移動してくれる、なくした球を探して取りに行ってくれる、ご自分がミスショットすると「ビッグトラブルです!」と笑ってる、、、要するに「また一緒にプレイしたい。」と思わせる方でした。(つまり娘とは大違い)

「ナイスボギーです!」なんて言葉は初めて知りました。うん、奥は深いな。

ゴルフをするとその人の性格がよくわかりますが、Kさんの場合は実に堅実、理論的、聡明。

マイクはイギリス人のマイペース。

そして私は「できるかもしれない!」と夢に向かって冒険してしまう無謀なタイプ。

いろいろな事を教えていただきました。

合気道のご縁にまたしても感謝です。

そしてつくづく、、、

「楽しいことが一番」

 

| ゴルフ | 11:19 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Turf (芝)を掘れ
先日、ミュンヘンの合気道友達、渡辺さんが日本に帰国されていた時に、
マイクと3人で会って、いろいろなお話をしました。
その中で一番熱を帯びて話した事が「Turf」でした。




凝り性の渡辺さんは合気道の前はゴルフにはまってました。
日本でも何度かゴルフのレッスンを受け、アメリカに渡ったあとも、
一度すごく高いレッスンを受けた事があるそうで、
これはその時の話です。

意外な事に、まず連れて行かれたのは普通の地面のある所。
そこで、自分のスタンスの横線とボールを置く縦線を引かれ、
「このボールの位置から前方の土をまっすぐに掘るスイングをしてみなさい。」それもハーフスイングで。
「なんじゃこれ。」と思いつつも何度もボールの前にまっすぐな線を描くようなスイングをして、ほとんどそれで高額なレッスンはおしまい。
その数日後にコースに出た時に、渡辺さんはびっくりしたそうです。
どんどんいいスコアが出る!

私はこの話を聞いて我が身を反省しました。
練習場にクラブを担いで行っては、「90分打ち放題」で400球以上、
打ちまくるのですから。
これはひとえにケチという私の性分が生み出す行為なのですが。
マイクには、
「それじゃ、ボールが頭を出すヒマもないんじゃないの?」
とあきれられて、
そう言うマイクは90分かかって180球も打てばいい方です。
よくもまあそんなにもったいぶって打てる事。




私はとにかく「いいフォーム」を身体で覚えようと。
そして「スイートスポット」に当てようと。
そして「遠くまで飛ばせるように」なりたいと。
その3点で頑張ってるわけです。

渡辺さんの話を聞いて、なるほどと思いました。
練習場の一番先のネットを見て、「あそこまで飛ばす!」
と思ってる自分は到達したい先ばかり見て
足下を忘れた状態だったのかも知れません。




「Turfを掘る」なんて....確かにプロの試合を見ていると、
よく芝の塊をボールの後にクラブで堀り上げて空中に飛ばしています。
そこに意識を持って行く事で、スイングの様々な「よくある間違い」
(あ、これは合気道の指導法ね)を改善する事につながります。
ボールの手前ではなく、先と言う所が「重要ポイント」
(これも合気道指導法ね)なのです。
行きたい所にばかり目が行って、ちっとも足下を見ない。
先ずは足下の「始めの一歩」から。
地道で正しい稽古をしなければ上達は望めないのですね。
ありがとう渡辺さん。

 
| ゴルフ | 11:44 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
見せびらかさせて、
ゴルフを始めて2年がたち、やっと少しは球をまっすぐ打てるようになってきました。球を打とう!とすると駄目です。 力が入ると全く駄目です。こんなに難しいとは夢にも思わなかった。
練習場に通っていますが、そこでバッテイングセンターのようにドライバーを打ちまくる人がたくさんいます。それを見てマイクは「あれはゴルフではない。」といつもつぶやきます。
どうもこの国ではゴルフは「ぶっ飛ばす」もの、「飛距離が命」みたいなイメージがあって、飛ばせなきゃゴルフ失格のような気持ちになります。
しかし、ゴルフは思っていたよりも繊細なスポーツで、最初の一打の後のアイアンショット、グリーンに寄せるアプローチ、そしてカップに入れるパット、全ての技術がなければいいスコアは望めません。打つ技術だけでなく、芝を読み、風を読み、自分のマインドをコントロールしながら、少しでもミスをしないように、ミスをしたならそこから脱出するように、自分との戦いが延々と続きます。
でも、小さな白い球にひたすら集中しながら、グリーンの上を歩く楽しさは格別なものがあります。
それに、70を過ぎてもまだまだ上手くなり、楽しめるのがゴルフのいい所です。
で、今年のバースデイプレゼント、


バラの花束の箱ではありません。


ほしかったアイアンセット!



美しい!


素晴らしい!

これだけ揃えたにしては腕前はまだまだなのです。
トホホ、、、、
でもゼッタイに上手くなります!!


| ゴルフ | 10:22 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ゴルフーその後
ゴルフ場通いが始まってかれこれ8ヶ月くらいがたつ。
最近は、「打ち放題」でバカバカ打っても、釈然とせず、
迷えば迷うほどボールは前の人の打席の前方をかすめて
いったり、コロコロと転がって行ったり、
面白くなくなってきていた。
このまま行くと、「ゴルフ?もうやめた。」
になりかねないなあ、、、と思いながら、空振りをして
た先日の事だ。

私の後ろの打席にいる女性が、うまいなあ、と思って
チラチラとフォームを見ていたのだけれど、きっと彼女も
私を見ていて、とうとう黙っていられなくなったのだろう。
「ちょっと、あなた。」
「えっ、私ですか?」
「あなたね、こう振り回していたら曲がって飛んで行くわよ。
まずは、こうしてまっすぐ振ってごらんなさい。
これでも飛んで行くから。」
とハーフスイングで彼女が打つと、
まあ、きれいに一番奥のネットまでボールが飛んで行く。
「ドライバーなんか使わないで、まずは7番アイアン。
7番だけで半年、練習してみなさい。
7番が打てたら他のは全部打てるから。」
「はあ。」
「スクールに入った方がいいわよ。」
「あの、先生によっていろいろ違ったりするんですか?」
「まだ、そういうレベルじゃないわよ。」
「確かに。」
全く力を使わずに、彼女の打つボールはまっすぐ
ネットまで飛んで行く。それは見事。
90分の練習時間を犠牲にして、いろいろ教えてくれた。
何と言う幸運!
何といい人!
純粋に、「教えてあげたい人」と「教わりたい人」との
幸福な時間だった。
「今度、お会いした時に上達しているのを楽しみに
してるわ。ゴルフくらい楽しいものはないから。」
ああ、なんか憧れてしまう。

そして、彼女の忠告通りに私はとうとうスクールに入った。
握り方、それだけでも目から鱗。
もやもやしていた疑問が解けて行く。
あんなにあちこち曲がっていた打球がまっすぐに飛んで行く。
とりあえずの2ヶ月間8回の初心者クラス。

がんばりま〜す!


| ゴルフ | 16:56 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |