CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
LINKS
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

English in マルタブログ!

Yet Another JUGEM.
英国のパスポート

今まで大使館に赴いてやっていたマイクのパスポート更新。今年、切れてしまうので更新しようとしたら「パスポートの更新は取り扱っていません」と大使館のホームページに出てる、とマイク。

「そんなわけないでしょ。じゃあ、どうやって更新するの?」と聞くと

「申請書をダウンロードして、オンラインで申請して、持ってるパスポートは封筒に入れて郵便で送れって」とマイク。

そんな、重要な物を郵便で送る?

しかもこのコロナの時に?(イギリスは海外からの郵便小包を受け入れてなかった時があった)

と思ったけれど、写真は私の携帯で撮り、1度目は「これではダメ」

どうすりゃいいのさ、と思いながらもう一度トライすると「O.K!」

半信半疑で送ってから待つ事、1ヶ月。

書留のような形で新しいパスポートが届いた。古いのも端っこをカットされて数日後に届いた。(一緒に送ればいいのに)

一番楽しみにしてたのは表紙だ。

今まで「EUROPEAN UNION

UNITED KINGDOM OF GREAT BRITAIN

AND NOTHERN IRELAND」だったのから、

「EUROPEAN UNION」がなくなっている。

そりゃそうだわね。EU離脱だもんね。

それが正解なのかどうかは誰にも分からない。

でもイギリスがEU離脱を選択した時から、もう世界はコロナのパンデミックを迎えて全く変わってしまったのではないだろうか?

個人と思考と物が、かつて国境があった所、パスポートチェックがあった所を自由に移動し、それぞれの国家の主権が「EU」の名の下に縮小して行く、、、、

この「理想郷」のように思えた「EU」を今、信じることは限りなく不可能な事のように私には思えるけれど。

| 日本の暮らし | 14:30 | comments(0) | - | pookmark |