CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
LINKS
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

English in マルタブログ!

Yet Another JUGEM.
<< 紅玉を見たらジャム! | main | ピアノレッスン開始 >>
「アンダンテ〜稲の旋律〜」
友人に誘われて映画の試写会に行って来ました。

「アンダンテ〜稲の旋律〜」という日本映画です。
主人公のチカは母親の強い希望で幼い頃からピアノの道を歩むが、音楽社会の競争は激しく次第に自信を失い、登校拒否となり、大学中退を余儀なくされる。中退後、アルバイト生活に入るが職場での人間関係にもつまずき、仕事を転々としながら、とうとう一日中自分の部屋に閉じこもるようになり両親ともうまくいかないままに10年がたってしまう。そんな自分を思い詰めたチカがひょんな事で千葉の田舎の農業を営む男性と文通っを始め、千葉の水田に通うようになり、そこの暖かい人々との交流がチカのひきこもり生活を徐々に変えていく、、、という話。
ひきこもりだけでなく、親子の問題や農業問題などが千葉の横芝光町の田園風景での撮影とともに描かれていきます。
アンダンテは音楽用語で「ゆっくりと、歩く速度で」という意味。
映画の中では、
「曲がって植えようが転んで植えようが、稲はまっすぐ上を向いて伸びるんだよ。」とか、
「大丈夫、ころんだっていいんだよ、やりなおせば。」とか、
「お母さん、自分の人生を生きて!」とか、
わかりやすいメッセージが散りばめられています。
それぞれの生き方の中で、転機に立つ現代人の葛藤と再生、とチラシに書かれています。

とっても良かった!
ぜひ一人でも多くの方に見ていただきたい映画です。特に若い人たち、そして母親をしてる女性たちに。

3月13日(土)18:45からダイエー4階のWAVE101で上映されます。
一般前売り¥1200、当日¥1500です。
前売り券はイングリッシュ、インマルタ事務局のほうにメールをいただければ、ご用意できます。

立ち止まったり、後退したりしながら、ゆっくりゆっくり歩く、そんな事が許されないような今の時代に感動的な良質の映画が出来上がりました。

日本映画ばんざい!
横芝光町って、どこじゃ???





| 映画 | 22:36 | - | trackbacks(0) | pookmark |
トラックバック機能は終了しました。