CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
LINKS
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

English in マルタブログ!

Yet Another JUGEM.
<< 浜岡原発 | main | ゾウの時間とネズミの時間 >>
イアンのキリマンジャロ登山
マルタ留学説明会でメープルスクールに行って来ました。
今川にあるメープルスクール周辺も被害が大きく、まだまだ復興の半ばです。自分の生活が一段落して、何となくホッとしていた自分には新たな衝撃でした。浦安で被災した方々でさえ、まだ何も収束しておらず、全てはこれからなのです。

イアンが大地震の前に行って来たキリマンジャロ登山の
ビデオを見せてくれました。


タンザニアの街から山のふもとまで2日、そこから頂上
まで4日、下りは2日をかけてアフリカ随一の名山、
6000mを越すキリマンジャロに登って来たのです。
実物とは比較にもならないでしょうが、それでも圧巻の
映像でした。

     

その素晴らしい登山のあとにもう一つおまけがありました。
この旅に出かける前に、メープルスクールでは鉛筆、消しゴムなどの文房具用品を集めていました。私も早速、持っていきました。どの家にも驚くほど多量の文房具があふれています。それほどに、この国は豊かなのでしょう。あっと言う間に山のように集まった文房具類を持って、イアンは登山のあと、山のガイドをしてくれた人の子供が通っている現地の小学校を訪ね、各教室を回って子供達一人一人に鉛筆や消しゴムを手渡しました。
その様子は本当に感激。
私たちの鉛筆が、アフリカの小学生の手に届いたのです。
その映像はメープルランゲージスクールのホームページにある
イアンのコーナー、
「浦安市民から頂いた鉛筆の贈答シーン」で見る事ができます。

こうした、一人一人の個人が行う親善こそが
私は最良の外交だと思っています。

日本の若者よ、イアンさんに続け!
かつて寺山修司は、
「書を捨てて街に出よ。」
と若者に語りかけたけれど。
今こそ、この国を出て、
世界の人々に日本を語れ。
世界の人々と原発を語れ。
みんな真剣に聞いてくれるはず。
みんなと真剣に語れるはず。
そして何よりも心が通じ合うはず。


| Maple School | 21:53 | - | trackbacks(0) | pookmark |
http://blog.english-inmalta.com/trackback/1264599