Yet Another JUGEM.
<< 沖縄の風 | main | 教育の継承 >>
泣き出したおばあちゃん。
うれしい事がありました!
私の所にYさんという保育科に通う21才のお嬢さんが
ピアノのレッスンに来ています。
先月、彼女が、鹿児島からおばあちゃんが来て家に
2週間泊まるんです。」とうれしそうに言いました。
ちょうど「エリーゼのために」を練習していた事もあり、「じゃあ、もしおばあちゃんが退屈そうだったら、レッスンに一緒に来てもらったら?」と提案しました。

そして今日、Yさんとおばあちゃん、そしてお母さんの
3世代でレッスンにやって来ました。
「エリーゼのために」は緊張して、まあまあの出来。
そしてピアノのあとにこれまで練習してきた、小学校の卒業式で歌われている、「さよならの前に」を私の伴奏で歌いました。
これは一番が終わった所でお二人の拍手が起こるくらいの素晴らしい出来でした。
次に亡くなったおじいちゃんが好きだったという
「涙そうそう」を歌いました。

歌の途中で、おばあちゃんがひそかに泣き出し、
それを見たお母さんも必死にこらえながらも泣き、
それに気づいたYさんも目がうるうるになりながら、
最後まで歌い終わった時、、、、、
4人とも涙、涙で、お互いに笑いながら、
また涙でした。
おばあちゃんが、「メロデイーも好きですが、言葉の
一つ一つが自分に重なってしまって、、すいません。」
と、また目頭をハンカチで押さえます。

ああ、なんと素晴らしい一瞬でしょう。
それぞれの胸の中に刻まれた美しい瞬間でした。



| YOKO | 音楽を聴くこと。 | 14:56 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
だから音楽はやめられませんよね!!
人の心にさわれる素晴らしい芸術だと思います!
| 通りすがり | 2015/05/18 7:54 PM |









http://blog.english-inmalta.com/trackback/1265008
CALENDAR
SMTWTFS
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
このページの先頭へ