CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
LINKS
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

English in マルタブログ!

Yet Another JUGEM.
<< Respect your Partner ! | main | 二本目の矢は受けるな。 >>
新国立競技場ー建築家の仕事、マルタの場合。
2020年のオリンピックが東京に決まって歓喜の嵐が吹いたものの、膨大な建設費で新国立競技場建設計画が止まっている。
第一、この猛暑の8月に本当にやるの?
と言いたい所だけれど、
新国立競技場騒ぎで私が思うのはマルタ島の事。

街路地の私

マルタの首都ヴァレッタは世界遺産の中世の城塞都市で、4〜500年前の都市がそのままに大切に残され、そこで人々が暮らしている。
初めて訪れた2005年、私達はこんな街が本当に存在する事さえ信じられなかった。そして、この美しい城塞都市をま守り続けてきたマルタの人々に畏敬の念を感じた。彼らの誇り、そして賢明さ。

青い空

行く度に変わる新宿や渋谷の街を、かつて友人が「世界の建築家にとって格好の場所が東京だよ。」と言っていたのを思い出す。
イタリアのような街全体が芸術作品のような国では、建築家の腕の振るい場所がなく、その結果としてインテリアや家具、車のデザインが優れる国になったと聞いた。

一瞬にして私が魅了されたヴァレッタの街に入る石で造られた大きな門(シテイゲート)とその周辺を壊して、イタリアの有名な建築家レンゾ.ピアノの設計で造り変えると言う話が持ち上がったのが確か2012年頃だったと思う。

ゲート

既にその頃は、自国の通貨を2009年にユーロに変え、郊外の漁師町にはどんどん「海の見えるアパートメント」などが建築され町の景観がどんどん壊され始めていた。想像してみてほしい。
古い2〜3階建ての青や黄色、緑、オレンジに塗られた愛らしい建物の間に9階建てのビルが建っているのを。
ビルが回りになじまないだけではない。
古い建物が汚らしく見えてしまい、町のバランスが完全に崩れてしまう。そんな景色があちらこちらで見られた。

ボート

けれども首都ヴァレッタだけは変わらなかった。
変わらないと信じて疑わなかった。
そこに「レンゾ.ピアノ」だ。

マルタの家を買った不動産屋の息子が建築家、お向かいのピアノの生徒が建築家、そんなこんなであっという間に私達はマルタで名の知れた優秀な建築家たちの友達を持つ事ができた。
名前をあげれば、
サイモン.グレック、
アンドリュウ.ヴィンチ、
ルナ.ヤコブセン、
そしてクリス.ブリッファ。
クリスは海外でもドバイなどで建築家としての名声を上げている若手のホープだ。

シテイゲート計画が立ち上がった時には私達はもう日本に帰っていたけれども、その計画について私達は「そんな愚かな事はやめてほしい。」とメッセージを送った。もちろん、クリス達も反対していた。
私の知らない人からはこんな返事が来た。
「何を言ってるのあなた。
あなたはレンゾ.ピアノを知らないの?」
私はこう返した。
「レンゾ.ピアノだろうが何だろうが、
あのヴァレッタの美しい入り口を、
あんなプランで変えようとするなんて馬鹿げてる。」

リパブリック ストリート

シテイゲートも美しかったが、ゲートを抜けて市内に入った所に昔のオペラ劇場跡が残されていて、その古さで丸くつやつやになった石畳には連日、暇なオヤジたちが何人も座り込んではいつまでも話をしていた。
それも立派なヴァレッタの景色だった。
その劇場跡にも「レンゾ.ピアノの魔の手」がかかろうとしているのだ。

おやじ

そもそも建築家という者達は、どこどこで博物館、どこどこで教会、どこどこでホテル、と言うように自分の作品を建設して、それを自分の履歴書や著書の最後のページに書き込みたいものらしい。
人々のためにでなく、
自分の作品リストのために。
その為には奇抜なものでも建設する。
奇抜さを売りにする建築家もいる。
そしてそういう怪しい建築家に頭を下げるのは、少なくとも文化の熟成された大人の国ではなく、その建築家の威光を借りて大人の国に仲間入りしたい国々だ、と私は思う。
そんなわけで、そろそろ行かなければいけない用事もあるのに、すっかり変わってしまったシテイゲートを見るのが怖くて、
なかなかマルタに行けないでいる。
完成してしまったレンゾ.ピアノの建築物の写真を、
見ただけでも、私は涙が出て来る。

あ、それで新国立の話だった。
マルタの若い建築家たちが尊敬してやまない、
素晴らしい建築家が日本にはたくさんいる。
そして世界が憧れるわび、さび、
の文化が日本にはある。
自分の作品に名前はつけない、
と言う優れた陶芸家もいた。

シンプルでミニマムな究極の競技場を造る事ぐらい、
日本人にできないわけがない。

| マルタの暮らし | 11:28 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |









トラックバック機能は終了しました。