CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
LINKS
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

English in マルタブログ!

Yet Another JUGEM.
<< 成功体験と失敗体験 | main | BANG & OLUFSEN >>
映画のロケ地としてのマルタ

映画を見ていると時々「あれ、マルタじゃない?やっぱりマルタだ!」ということがあります。

2005年12月公開のアメリカ映画「ミュンヘン(Munich)」はステイーブン・スピルバーグ監督の作品。1972年のオリンピック選手村にパレステイナのテロリスト数名が侵入し、イスラエル団のコーチと選手の2名を殺し残りの選手団9名を誘拐した事件を映画化したもので、主演はエリック・バナ、脇を「007」のダニエル・クレイグ等が固めています。冒頭ではバレッタ市内に入って行く、古い石の建物にモロッコ風の燭ロウが夜道を照らすストリートが出てきましたし、私たちが初めてマルタを訪れた時に宿泊したホテルが重要場面で爆破されました。

 

 

 

 

 

 

 2004年5月公開のブラッド・ピッド主演の「トロイ(Troy)」はウオルフガング・ペーターゼン監督のアメリカ映画で、古代ギリシャのトロイア戦争を元にした歴史戦争映画。海に面した広大な土地で敵との戦いが繰り広げられました。ブラッド・ピッドの他に、ここにもエリック・バナ、そして「ロード・オブ・ザ・キング」「パイレーツ・オブ・カリビアン」などで人気の出た、オーランド・ブルーム等が出演しています。

 

 

 

 

 「ワールドウオーZ(World War Z)」という2013年公開のマーク・フォスター監督の映画。爆発的な感染力で人間がどんどんゾンビのようになっていく人類の存亡を危うくする事態を元国連職員のブラッド・ピッドが解決のために命がけで飛び込んで行くという怖いお話。その中でイスラエルは巨大な壁を作り、仇敵のパレステイナ人を含めた避難民たちを積極的に壁の中に受け入れる、と言う場面でトロイと同じ撮影地が使われていましたし、バレッタで一番美しい両側に宝石店などが並び正面に教会が見える石段の道も出てきました。

 

 

 

 

 

 映画の中ではギリシャの街だったり、中東のある国だったり。

なので映画を見た後、延々と流れるタイトルロールでロケ地をチェックするのが習慣になってしまいました。お客さんがほとんど帰ってしまった後も食い入るように画面を見ている私たちはちょっと変かもしれません。ロケ地の他に、使われた音楽の作曲者、あるいは歌の題名と歌っていた歌手の名前、そしてレコーデイングスタジオの場所まで、チェックしてしまいます。

マルタがなぜ、そんなに映画に出てくるのかというと、それはマルタが「映画ロケ用地」という広大な土地を確保し、バレッタなどの市街地なども映画製作に大いに提供している国だからなんです。小さな島国ですから、観光や英語留学と共に映画ロケ地としてのマルタ島をしっかり売り込んでいるのでしょう。なのでマルタ人はハリウッドの有名な俳優たちがロケのために数ヶ月マルタに滞在していたりする事にも慣れっこのようです。

お時間のある方、ぜひこの3本の映画のどれか見てみてください!

| english-inmalta | 17:11 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |









http://blog.english-inmalta.com/trackback/1265130