CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
LINKS
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

English in マルタブログ!

Yet Another JUGEM.
<< 何にも自覚症状はなかった。 | main | 悪いことは一つもない。 >>
人との繋がりのありがたさ

病院をチェックしながら、「これから長く治療がかかるなら近い方がいいなあ。」と思いながら地元の順天堂病院のサイトを開き、医師のページを見ていると何とそこに友人の名前がありました。

もう10年くらい前になりますが、その先生はマイクの英語のレッスンを受けていました。奥さんは私の合気道の生徒さん、二人の子供たちはピアノの生徒さんで合気道も始めました。そんなんで家族ぐるみのおつきあいになりました。私たちは教えさせていただいてただけですが、彼らが私たちにしてくれた事は数え切れないほど。

私の母が父を亡くした後、鬱病になっていたのを救ってくれ、友人がパニック障害になった時も助けてくれ、私たちがマルタの家を買う時に英文の健康証明書が必要な時にも助けてもらいました。私の日本で最後のピアノの発表会では彼女が心のこもったスピーチをしてくれました。

彼女に連絡をすると、すぐにご主人に連絡を取ってくれて、「彼に全部任せてください。大丈夫です。」と返事が。

この瞬間に私の不安は消えてなくなりました。

エコー検査から祝日を挟んで二週間後の月曜日に先生に病院で再会し、その日のうちに、心電図、採血5本、レントゲン撮影、エコー検査、マンモグラフィ検査、最後に針を刺して生検用に採取もし、会計を済ませたのが7時間後でした。彼も乳腺の先生も「ガンでしょうね。」とさらり。私もさらりと受け止めるしかありません。

ここでわざわざ合気道を持ち出すつもりはないのですが、「よしっ、ガンと闘って徹底的に叩き潰してやるぞ!」とは思わなかったのです。何とか折りあいながら共存して行こう、と思いました。

マイクにはこんなメールを病院から送りました。

「I got a cancer.  Hello my cancer !」

 

| 乳がん | 17:05 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |









トラックバック機能は終了しました。