祈る人たち

  • author: YOKO
  • 2017.09.27 Wednesday

先日、道場にたまたま村田さんと同時に入ることがありました。

道場入り口にある「第一武道場」のパネルを彼が手でこすったので、

「うん?汚れてた?」と聞くと、

「いえ、いつもこうしてから入るんです。」

「なんで?」

「今日も誰も稽古で怪我しないで無事に終わりますように、

って言う僕のおまじないです。」

10年以上も一緒にここで稽古して来たのに全く知らなかった!

 

 

82歳の梅澤さんはいつも道場の外にある腰掛の前に正座して、

祈るようにしばらくいます。

「こうしないと息が整わなくて膝もガクガクしてしまうのです。」

道場に入ってからは鏡の前でしばらく静かに正座しています。

彼の口癖は「皆さんに迷惑だけはかけたくないのです。」

 

 

私は道場に入って、みんなが来る前の数10分、

稽古ノートを開いて考えていた稽古プランを書きながら、

「今日もいい稽古ができますように。」

と心の中で祈ります。

 

 

マイクは体操の「膝伸ばし」で仰向けになっている時に、

いつも何かを天井に向かって神様に感謝しています。

 

 

そう、みんな祈ってたんです。

方法はそれぞれですが、

「祈る」と言う行為に変わりはありません。

祈る人たちがいて続いています。

 

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

コメントする

ページトップへ戻る▲