Yet Another JUGEM.
<< 調律師、という仕事。 | main | 極めて個人的な話 >>
化学調味料やーめた。

秋になって野菜も果物も美味しい季節になりました。

「食べること」を私なりに勉強して、塩分や糖分を減らすことはもちろんですが、いわゆる化学調味料を食卓からできるだけ無くそうと努力しています。そんなことを言っても、ほとんどの物には入っていますから、野菜や魚を購入して、最初から調理するに限ります。

塩分も調味料もカットしたら「健康にはいいかもしれないけれど、美味しくない」ものになりそうですが、そこで重要なのは「天然の旨味」の活用です。西洋人にはわからない、と言われて来た鰹ダシなどの「旨味」が今ではヨーロッパのミシュラン級のレストランのシェフたちに注目されているとか。

その「旨味」を出してくれるものを集めました。

 

飛び魚(あご)の粉末。

 

 

昆布の顆粒

 

鰹節と昆布の粉末。

 

他には、ホタテの粉末、乾燥した小海老、ドライトマト、ターメリックやタイム、バジル、クミンシードなどのハーブ類、など。あとはフレッシュな野菜で、生姜、大葉、みょうが、にんにく、パクチー、などです。

 

こんな味付けに慣れてくると味覚が繊細になるのがわかります。

たまに試しにインスタントスープとかインスタントの味付けパウダーなどを食してみると、

身体が「Oh my Goood ! 」と反応するのがわかります。

とっても「ウマイ」んだけどね!

それは懐かしいウマさ、です。

 

高校時代によく行ってたラーメン屋。

なぜか毎日でも食べたくなる。

細いちぢれ麺のチキンで作った濃厚なスープ。

ある時、おっちゃんが調理してるのを見てたら、

おたまに白い粉をしゃくって、どっさり鍋に入れてた。

カウンターの後ろを見ると「**の素」のセメント袋が!

一杯60円でした。ああ、懐かしい。

おいしかったんですよ〜

 

| YOKO | 食すること | 10:58 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |









http://blog.english-inmalta.com/trackback/1265215
CALENDAR
SMTWTFS
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
このページの先頭へ