歯痛、その後

  • author: YOKO
  • 2017.11.28 Tuesday

先週の水曜日からうずき出して、金曜日に歯医者さんで麻酔してレーザーで切開していただき、抗生物質と痛み止めをもらって帰宅。それなのに、土曜日はもちろん、日曜日も月曜日も痛み止めが切れると痛み出す。

まだ、疼く。なんで〜、と悲しくなる。

食べるのも苦痛、食欲も失せる。そのうちに痛み止めを飲んでも効かなくなり、さらに落ち込む。生きる気力も失せる。合気道のお友達が私の大好物のアップルタルトを焼いてくれて少し元気になる。それでも痛い。それが日曜日の夜。

月曜日、レッスンがあったのでマイクに痛み止めをもらってきてもらう。顔の曇る私を見てマイクもゲンナリする。火曜日の夕方に予約が入っているので、そこで何を言われるのか、されるのか、と怖くて心配。月曜日の夜も枕元に薬を置いて夜中に痛みで目が覚めたら飲むことにして早めに寝る。

そして今日、火曜日の朝。薬も飲まずに朝まで寝たことに驚く。そして合気道の稽古がある、というだけでシャキーンと身体にスイッチが入る。そういうお仕事があることに心から感謝。

稽古の後、歯科医院へ。先生、色々見てくれてこう説明してくれた。「抗生物質はすぐには効かないのです。全身に行き渡るまで3〜4日はかかってしまうので、ちょうど今日くらいが最大に効き始めたところ。後2〜3日の辛抱です。」と、消毒しただけで治療は終わる。

たった5日間の激痛で本当に何も考えられないような精神状態になってた。やっと希望がさしてくる。頑張れ私の体!それでも女性は男性よりも痛みに強いと言うから、これがマイクだったらもっと参っていたと思う。痛がる私を見ていただけで参ってるし。

そんなわけで、もうちょっとで元気になります!

皆さんも歯は大切になさってください。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

コメントする

ページトップへ戻る▲