CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
LINKS
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

English in マルタブログ!

Yet Another JUGEM.
<< 西伊豆の旅 | main | マイキーさん、舞浜に。 >>
奇跡は起きる!

左の腕を最初に痛めたのが1月。

原因はちびっこ合気道のクラスで杖を右手で持ちながら左手で「逆上がり」のできない子供達を持ち上げて回して腕に無理をかけたのです。

毎日、温めたり、揉んだりしてかなり回復した時に何と再び同じ症状が起こりました。

ゴルフの打ちすぎか庭仕事のしすぎか、それくらいしか思い当たらない、、、、。

突然、飲んでいる薬の副作用に「関節痛」と書いてあった事を思い出しました。

さっそく同じような薬を飲んでいるMさんに聞いたところ、

「私は飲み始めてすぐに関節痛は両手に起きて、毎晩お風呂でのマッサージは欠かせません。なんとか折り合って付き合ってます。」

これか!と思ったのですが、飲み始めて直後ではないし、、両手でもないし、、、しかし、気になるので主治医のところに相談に行きました。

美人の先生、「副作用ではないですね。」

あら、良かったような気が抜けたような。

「では、転移による痛みとか?」

「いえ、全然その心配はありません。」

と笑われて湿布を処方されて帰って来ました。

しかし、痛みは腕から肩、首、背中に広がり、左腕が常に冷たくて指先が痺れるような、、、。

骨か血管か、、、「この痛みとこれからずっと付き合って行くのかな。」などと思いながら嫌な気持ちに。

そして先日の木曜アドバンスの稽古。

受け身を取るのも内心きつかったのですが、私が指導する稽古、というよりは「自主稽古」のような稽古を90分。

それがものすごく楽しかったのです。

稽古が終わって、あら、不思議!

稽古前まで確かにあった痛みが嘘のように消えていました。

跡形もなくです。

何か身体の中で「奇跡」が起こったとした思えないのです。

あの稽古が何だったのか、と考えれば私にとって100%ストレスフリーの時間だった事。

そしてすごく楽しくてよく笑った事です。

あらゆるストレスが「病の元」なのはよく言われる事ですが、「ストレスフリー」だけでは足りないのです。「ものすごく楽しくて、声をあげて笑う」ことが重要なのだと思います。

寝返りを打つのも痛かった身体が、それ以来、嘘のように元に戻りました。

一緒に稽古してくれた合気道仲間に感謝です。

教訓その1、「楽しい合気道は身体を回復させる」

教訓その2、「可能な限りストレスを回避する」

教訓その3、「楽しく声を上げて笑う」です!

(写真は昨年の秋に種まきして冬を越えて、

 また伸びたコリアンダーたち)

 

| 新たな日本の暮らし | 17:35 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |









http://blog.english-inmalta.com/trackback/1265251