<< ドイツ養神館に行ってきます。 | main | 短パン大好き! >>

ドイツ養神館に行ってきますー続き

ミュンヘンでの稽古参加と指導と演武は、長年の友人である渡辺さんとの間でトントンと決まったかのように書きましたが、こんな私でも手順は踏んだのです。

まず、稽古参加と指導が決まった段階で師である安藤先生にお会いしてお話をし許可をいただきました。

ドイツの方も渡辺さんが理事会に話をし、総会にかけられて認可され正式に決定しました。

その段階で、私の事をご存知な方もいて、そこで渡辺さんは私の事を理事のみなさんに説明されたのだと思います。この時につくづく段位や国際指導員資格やマルタで指導した実績があって良かったと思ったのでした。

その段位や資格に恥じないような指導をしなければ、

と思っていた矢先、

昨日、また渡辺さんからメールが届きました。

「少し宣伝をしようかと言ってます。」

「はい」

「指導をいっそ2時間全部やっていただこうかと。」

もうこうなったら「まな板の上の恋」じゃない、

「鯉」じゃない、「まな板の上の陽子」です。

プレッシャーなど投げ捨てよう!

「自分を良く見せよう。」なんて思わないぞ。

昔、比嘉先生にいただいたお言葉を実践して参ります。

 

YOKO * 合気道 * 17:38 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ