English in マルタブログ!

Yet Another JUGEM.
<< 元気なうちに会おうー高山編 | TOP | 教える事=何を教えないか >>
思い出すと涼風が吹く

暑中お見舞い申し上げます。こう猛暑が続くと頭の中も溶けてくるような気がします。そんな時に思い出しては涼しくなるのは7月のSさんの四段審査です。

受けのMさんとは一度も審査稽古もできないままに当日を迎えました。ただ手前味噌ですが、かつて舞浜で稽古していたSさんと現在、長く舞浜で稽古をしているMさんの中には何らかの共通認識みたいなものがあって、気持ちは繋がっていたのだと思います。

受験者は多くの技を覚えるだけでも大変なので必死になりますが、審査を見ていると気になるのは「構え」だったり

「基本動作」だったり

「抑えの時の集中度」だったり

「技の後の戻り方」だったりします。

そういうところに受験者の合気道への取り組み方が現れるものです。

言葉にするのは難しいのですが、見ているとよく分かります。無駄なものを削ぎ落として自分が今、やるべきことに集中する気持ちを審査の時だけでなく、いかに普段の稽古で実践しているかが問われるのが審査だと思います。

受けは同じか、むしろ受験者以上に相手への集中力を持ち続けることが一番重要です。

多人数取りは普段、ほとんど稽古しないので難しいのですが、3人に対峙して止まらない事が肝心です。常に3人を視野に入れ、自分が動く事でポジションが変わる相手の動きを察知して気持ちの上でも先行できれば視界が開け、動きに余裕ができます。

「言うは易し、行うは難し」ですが。

もちろん身びいきですが良かった!

誰だ?1人だけ頭が高い。

 

| 合気道 | 13:53 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.english-inmalta.com/trackback/1265276
トラックバック