CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
LINKS
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

English in マルタブログ!

Yet Another JUGEM.
<< 暑さ対策に冬山登山のお話 | main | 冷却水用予備電源 >>
http://www.aikidomaihama.com 完成しました。

5月から取り組んでいた舞浜さくら会のホームページが、

8月31日にやっと完成しました!

合気道仲間のKさんのご好意で、お忙しいお仕事の合間に

大変なお手数をおかけして出来上がりました。(本当に)

 

養神館合気道舞浜さくら会

http://www.aikidomaihama.com

 

現在の稽古になんとなく満足していた私に、

「いや、探している人たちはいるのですよ。そういう人たちに見つけられれば入会者が現れます。必要としている人に必要なものを、ここにあります!とお知らせするのがホームページです。」とKさんに背中を押されて、

「そうだ、常に外に向けて発信していかないといかんな。」

と思った次第です。現状に満足、は未知の人に対して不親切でした。

 

ホームページ作りは「イングリッシュインマルタ」で経験していましたが、コンセプトが異なると本当に全てが異なりました。

まず「合気道」という「わかりにくい武道」を、

どういう言葉で文章にするかが一番の難関でした。

それによって「いいな」と思う人もいれば、

「ここは違うな」という人も出てくるわけで、、、

私の思うところに共感してくださる人の目にとまることが重要です。

 

人間の集まる集合体はそこに全員の共通認識がなければバラバラなものになってしまったり、影で批判が始まったり、何のために時間とお金をかけてここに来ているのか意味が分からなくなったりしてしまいます。

もちろん全ての人に対してドアは開かれている道場ですが、入会されて、道着も揃えて、稽古も何回か通って、「思ってたのと違う」と退会されるのは避けたいのが率直な気持ちです。

 

昔、ステファニーについて南アフリカに行った時にお会いした合気会の先生の事を思い出します。

「私は入会希望者に必ず面接をします。何を求めてここに来たのか。何を学びたいのか。合気道をどう解釈しているのか。そういう事を聞いて、ちょっと違うな、と思う人には、申し訳ないが他の武道、あるいはスポーツを探してください、とお断りしています。」

それを聞いて、入会希望者が来たら「どーぞ、どーぞ、楽しいですよ!」と、懸命に勧誘していた我が身を恥じたのでした。

 

しばらくの間は身内しか見ないかも知れませんが、

せっかく完成させたホームページは我が子のよう。

しっかり活用して育てていきたいと思ってます。

よろしくお願いいたします。

 

写真は7月に四級に合格したBusshi~さんです。

舞浜の「希望の星ーその2」です。

 

| 合気道 | 10:59 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |









http://blog.english-inmalta.com/trackback/1265281