CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
LINKS
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

English in マルタブログ!

Yet Another JUGEM.
<< http://www.aikidomaihama.com 完成しました。 | main | 攻撃するトイレ >>
冷却水用予備電源

日本は災害大国になってしまいました。

豪雨、台風、そして昨日の北海道の大地震です。

日本列島がズタズタに傷ついて行くようで頭の中がくらくらし、

「明日は何があるのか分からない。」という恐怖が心の底に沈殿して日常の暮らしに影を落としています。

それに加えてスポーツ界のパワハラ問題、総裁選の政治家たちの顔をニュースで見ていると、この国はどこへ向かって行くのかと、こちらも不安になります。

老人があふれ、若者たちは元気がない。

これはまるで豪華なタワーマンションを7000万、ローンを組んで購入したけれど、毎月の収入は細くなるばかり、みたいなもんです。「もう払えない!」となって売却をしようとした時には憧れだったはずのタワーマンションの市場価格は4000万代、3800万でも売れない。売れたとしても4000万のローンが残る。

これは地獄です。

「そんなあ」と思う人がいたら、1990年代にもそれは起こった事です。

一人の人間が幸せな一生を全うする事が、

こんなに難しくなった時代はありません。

何が悪い?この国の政治です。

私たちがバングラデシュやシリアの国の人々の暮らしを哀れ、と思うように、私たちの暮らしだってよそから見たら哀れです。

みんな真面目に一生懸命に働いているのだからなおさらです。

これで精神を病まない方が不思議なほど哀れです。

 

ドイツの渡辺さんから北海道地震を心配してメールが届きました。

「原発稼動しているものも全部止めて、冷却水用電源の予備を5種類くらい用意しないと。」

これはいかにもドイツ的、と前なら私も思ったでしょう。

(ドイツはもう原発を全てやめてるし!)

いかにもドイツ的、と呑気に笑ってきたのが私たち日本人です。

サイクリング時のヘルメットだって笑ってきたのですから。

「安倍首相が最初に首相だった時、共産党の工学部出身の議員が福島原発を視察して、

”冷却水用予備電源が不十分、すぐに対応を!”

と迫ったら安倍首相曰く、

”これまで電源喪失した事例は無い!”

と言下に却下しました。

あの時にすぐに対応していれば、福島の爆発は防げた。」

 

そうだ、あの時、運悪く政権を取った民主党が、自民党にボロクソに言われたのを思い出しました。国民の前で、国際社会で、ペラペラと嘘を平気な顔でしゃべってきたのは安倍首相です。

でもそれに替わる人間がいない!いないの?

これからは(これまでも)「今までは」とか「そこまでしなくても」とかは無いのです。

原発だけでなく、この国の経済も一体誰が「日本円は国際市場で安全とされている。」なんて事を言えるんでしょうか?

私は何もわからない、何も知らない。

でも、これではいけないような気がする。

だからすごく不安なんです。

| 新たな日本の暮らし | 10:47 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |









http://blog.english-inmalta.com/trackback/1265282