<< 通常稽古と基本ー続き | main | 月に一度の「検証会」始めました。 >>

舞浜さくら会15周年を迎えました。

2003年の10月8日にスタートした舞浜さくら会はこの10月で15周年を迎えました。

 

会員第一号の山崎さんは15年、ずっと稽古に通い続けて今では大事なサポート役を引き受けてくれています。

週一回の稽古でも15年もたてばみんな家族のようなもの。

振り返ってみれば、それぞれが辛いことや大変なこともあり、それを乗り越えてここまで来ました。

私自身も、2年前に思わぬ病を得た時に、一番大きな力となったのは(自分でもびっくりするくらい)

「稽古に戻りたい!」という気持ちでした。

 

そんな訳で感謝の気持ちを込めて、合気道仲間で今はいすみ市で無農薬無肥料のお米つくりをしながら合気道を教えている鶴渕さんのお米を記念品として、みなさんにお配りすることにしました。

忙しい時に、一つ一つ、つるかめのスタンプを押して袋に入れて送っていただいたお米の袋に、

のしを付けて、小さな手さげ袋に入れて、、、。

明日、お渡ししようと思っています。

 

みんなのお腹に美味しいお米が届いたら、、、

5年後も元気でいられるような気がして。

5年後もみんなの楽しい笑顔が変わらずありますように!

 

YOKO * 合気道 * 09:54 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ