<< モチベーションをキープするには。 | main | 舞浜さくら会15周年を迎えました。 >>

通常稽古と基本ー続き

先日の「モチベーションをキープするには」に貴重なコメントをいくつも頂きました。

 

O先生からは、「私は通常の稽古に差し支えがあれば演武を頼まれても参加しません。モチベーションをキープするのは普段の稽古で、たまさかの演武だと思っています。

剛三先生も技は美しくなければいかん、とさんざん言っていました。基本的に武道は人に見せるものではない、と思っています。」

おお!

 

合気道仲間のK藤さんからは、「空手の大山倍達総裁は、立ち方3年、握り方3年、突き方3年、9年稽古してようやく空手の門に立つ事が出来ると言っていました。

また、八極拳の李書文は弟子に1年立ち方しか教えず、父親が「そんなの拳法じゃない、」と言ったら「私の教えるのは体操ではない、一撃必殺の拳法だ。土台が一番必要だ!」といったそうです。

合気道をいかに護身術として体系化し、(世界のボデイガードの訓練は8割は合気道)日常の稽古の中に気付き、工夫して稽古するのが好きです。」

K藤さんはシークレットサービスのお仕事をされています。

 

励まされます。

ありがとうございます。

 

今日の稽古の時に、「ある講習会で古くからの先生の説明を「あれは昔のやり方」と言うような受け止め方がある。」という話をした時に、(つまり、古いのは間違い、今の最新式が正しい、という考え方)

83才の梅澤さんが、「柔道も世界に広がってすっかりスポーツ化してしまいましたね。しかし講道館柔道の大きな会議でこんな事があったそうです。高段者の年配の師範が道着で相手の襟と袖を掴んで対峙し、

「基本に返って、もう一度ここから稽古をしよう。」と全員におっしゃったそうです。」

おう、講道館柔道、健在!

 

オーストラリアのジョー・タンブ先生もおっしゃっています。「有段の技に迷ったら茶帯の技に戻れ。それでも迷ったら白帯の技に戻れ。それでも解決しなかったら構えに戻ろう。」

 

私もだいぶ前ですが、「ベートーベンやショパンの楽譜の一音たりとも変えてはならない。」と書いた事があります。

昔の偉大な人間たちが血が滲むような苦労をして塾考を重ねて完成させた文化の遺産は、己の首を垂れて、自分の学びのために使わせて頂き、敬う気持ちを忘れてはなりません。

いくら革新的なものが出て来ようとも、、、

基本は基本、原本は原本です。

そこに我々、凡人が「手を入れる」なんて事はしてはなりません。

 

もしも世の中、「年寄りはネットもフェースブックも知らないからね〜」と馬鹿にして、自分は新しいものを使いこなせて時代の波に乗ってる!と思っているような人間ばかりになったら、、、

私たちの歴史も文化も消滅してしまいます。

 

私なんか、音楽はベートーベン、モーツアルト、ショパンの時代から以降、彼らを超えるものは出ていない、とさえ思っています。彼らの頭脳は現代人よりずっとずっと高度な頭脳だったと信じてます。

我々は進化どころか退化しているのではないでしょうか?

 

YOKO * 合気道 * 17:44 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ