検証会ー第二回

  • author: YOKO
  • 2018.11.22 Thursday

JUGEMテーマ:スポーツ

10月から始めた検証会の2回目の稽古が11月12日(月)にありました。

実はこの2回目を迎えるにあたって私はかなりのプレッシャーを感じていました。

2回目の稽古で「なんだ、こんなもんか。たいして中身ないし、面白くねえ。」なんて参加者に思われたら、もう3回目はないと思っていたからです。

それはそれで仕方ない、とも腹をくくってはいますが、まさか2回目がこんなに緊張するとは自分でも意外でした。

 

そして迎えた2回目。

最初に「受けが嫌がらない四方投げ」と称して、「横面打ち四方投げ」の合気会編。嫌がらないどころか、かなりの衝撃。分かれば確かに受けが身体を痛めるリスクはなさそうです。「横面」の次は「片手持ち」で。

 

次は前回もやった両手をがっしり持たれての、

「合気上げ」と「合気下げ」。

前回よりは動きもこなれて力が抜けてきました。

 

次は片手を相手に両手でがっしりつかまれて、下に落とす。

もう一つは肘を抜いて(それでもダメだったら腰も使って)相手を崩してから上げての「呼吸投げ」。

 

次は「正面突き呼吸投げ」を養神館バージョンで。

「短刀突き呼吸投げ」も。

 

最後に座って「柏手(かしわで)左右投げ」「柏手小手返し」「片手呼吸投げ」。

 

今回は「受けてくれない」鰻シェフの川上さんの参加で、

またもや「できない」いい稽古ができました。

徳永さんも「すごく緊張してました。」との事。

同じ気持ちで臨んでくれていた事がうれしい。

 

次回は12月3日(月)2時からです。

回を重ねることが楽しみになってきました。

 

(写真は6月のドイツ養神館での稽古風景、

 日本人の文さん、いい味出してます。)

 

 

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

コメントする

ページトップへ戻る▲