CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
LINKS
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

English in マルタブログ!

Yet Another JUGEM.
<< 旅の準備ーまだまだ | main | ロサンゼルスの旅で見えた事ー1 >>
さくら会、冬の総合審査が無事に終わりました!

18日の火曜日に、さくら会、月曜さくら会、舞浜さくら会、金曜シニアさくら会の合同の審査が行われました。

これは毎年、12月に安藤先生をお招きして、昇級以上の審査をしていただく、さくら会グループメンバーにとっては、年に1度の大イベントです。

今年は舞浜さくら会から3級が一人、2級が一人、そして念願の(悲願の)昇段が二人、金曜シニアから1級が一人、この5名の方々が受験されました。

昇段を受けた岩松さんは入会して10年、川上さんは入会して11年の67歳。

川上さんはお仕事で週に一回しか稽古に来られない中、コツコツと稽古を続けてきました。

彼の中では「黒帯」のイメージは遥か彼方。

「私なんかまだまだです。ずっと茶帯でいいです。」と言い続けてきました。1級まで4年、1級を取ってもう7年が経過していました。最近では高血圧と心臓の微細な動悸があり、稽古の途中で「ぼーっとするのでちょっと休んでます。」という事もありました。

審査申し込みぎりぎりまで「やっぱりできません。」と言っていたのですが、最後に「受けます。」という言葉を絞り出すように言ってくれました。(ここまでの私の押しはご想像にお任せします)

私も舞浜メンバーの全員もドキドキで迎えた審査でしたが、川上さん、そして岩松さん、見事にやってくれました。

昇段に合格しました!

「週一でも取れるんです!」と私は大きな声で叫びたいです。

この7年は決して無駄なものではなく、川上さんの合気道にはすでに「風格」のようなものさえ漂っています。

私は読み上げをしたのですが、この読み上げも大事な役割があると思ってます。

安藤先生の一挙一動を注視して、先生と一体になって審査を進めるようなリズムが流れると、先生も心地よく「いい空気」で道場が包まれます。ただ気合を込めるだけでなく、先生と受験生をつなげながら、いい審査にする重要な役目だと思ってます。

そして審査の受けを務めたメンバーたち。

「審査の受け」ほど難しいものはありません。

出すぎてもいけない。受験者を助けすぎてもいけない。しかし、受験者をしっかり支えながら黒子に徹して審査を上手く進めさせる重要な舵取りです。

そして、指導者たち。

受験生を通して、その人を指導してきた人間がくっきりと浮かび上がります。

つまり、受験生は指導者の分身のようなもの。

自分の指導の行き渡らなかった点、足りなかった点、あきらめた点などがはっきりと審査の場で見えてきます。

審査はこのように緊張の場ですが、審査をする先生、受験生、受け、読み上げ、仲間の審査を見守る仲間たち、この全てが一体となって道場が「合氣」で満たされる特別な時間であり、私はこの特別な時間がとても好きです。

合否という結果よりも、チャレンジする事で体も精神もスイッチが入ります。

舞浜さくら会はこのように、とっても時間がかかるけど、時間がかかる事を良さにかえてこれからもじっくり納得のいくまで進んでいきます。

5人の受験生の皆さん、お疲れさま!

そして感動をありがとう!

審査の後、先日の「浦安情報局」が新年特別番組で色々な団体の「新年開けましておめでとうございます!」を収録したいと連絡をいただいたので、急遽、全員で収録されました。

放送は「こちら浦安情報局」1月1日から7日まで。

12時と20時の二回。

テレビでご覧になれない方は「浦安市ホームページ」から、あるいはユーチューブで「こちら浦安情報局、新春特番」でご覧になれますので、お正月にぜひ見てください!

2018年の稽古の締めくくりが全て順調に終えられた事に感謝です。

| 合気道 | 11:16 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |









http://blog.english-inmalta.com/trackback/1265303