CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
LINKS
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

English in マルタブログ!

Yet Another JUGEM.
<< 合気食堂 | main | 龍新聞 >>
昨日の舞浜メニュー

昨日は90分で、準備体操、斜行、膝行法、前方受け身、後方受け身。臂力の養成、肩持ち一か条、肩持ち二か条、肩持ち側面入り身投げ(ここまで全て一と二)。護身技、前から手を掴まれた場合、肩を掴まれた場合、両肩を掴まれた場合。三十一の杖、杖を使っての二か条。これらを行いました。

「ええ、そんなにできる?」「ちゃんと説明してる?」とか思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、たまにはこのように「シャワーを浴びる」ように合気道の動きをやってもらうのもいいかな、と私は考えています。

「説明を聞いて正確に動こうとする」のも良し、「よくわからないけど、とにかく動いてみる」のも良しです。

頭に入った言葉は時々ワルサをします。身体は正直者なので、不合理な動きはしない。自分に無理のない動きを取ろうとします。それから「えっ、これでいいのかな?」という迷いを頭が持つ暇をなくします。

このような稽古をすると、生徒さんがすごくいい動きをすることが多々あります。

頭で考えていない、観られてることを意識してない、無心で動いている時。

長い間、同じ技をやってきてある日、「分かった!」みたいな事も多々あります。

同じことを100回注意されても、なぜか100回目に「初めて聞きました!」なんて事も多々あります。

たった一つの技から全ての技へ。

そして全ての技から一つの技へ。

頭と身体、身体と心、心と頭。

行ったり来たりしながら進んで行きましょう。

合気道は難しい。

難しいから楽しいのです。

| 合気道 | 11:04 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |









http://blog.english-inmalta.com/trackback/1265329