CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
LINKS
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

English in マルタブログ!

Yet Another JUGEM.
<< 夏休みは本を読もう | main | 帯状疱疹 >>
いすみに行った夏休み!

ず〜っと行きたかったいすみに行って来ました。

今回の目的は二つ。鶴渕さんの新しい家を拝見することと、最近、舞浜の稽古に顔を出してくれてる鬼丸さんを鶴ちゃんに会わせること。

新しい人に出会うと昔々にプロデューサーをしていた血が騒ぎ、ある人とある人とをどうしても会わせたくなる衝動が起きます。なんで鬼丸さんと鶴ちゃんなのか、言葉で説明は出来ないのですが、なんとなく二人が会うことが何か未来に繋がっていくような気がして、、、鬼丸さんが二つ返事で「行きます!」と乗ってくれたのが何より。貼りつくような台風接近の蒸し暑い13日に行って来ました。

いつもなら舞浜で稽古をしている火曜日に電車で外房線大原へ。そこで小さないすみ鉄道に乗り換えて国吉駅まで。

鬼丸さんの10才と3才のお子さんも一緒です。二人とは会った瞬間からすっかり仲良しに。10才のマヤちゃんが「なんと呼べばいいのですか?」と聞くから「ヨーコとマイクで。」と言って一日、二人のことも「マヤとテオ 」と呼んで過ごしました。

駅まで迎えに来てくれた鶴ちゃんは合気道仲間の一人。郷里のいすみに帰って、結婚し、子供ができて、「無農薬、無肥料」のお米つくりに挑戦し頑張ってる事は何度もブログに書かせていただきました。

小さな道をわざわざ通ってくれていすみの古民家やお米が一面に実る田んぼの風景を見せてくれました。子供達はもうここでじゅうぶんに興奮!

鶴ちゃんが建てた家はおじいちゃんが育ててくれた木を切り倒し、その木を使って建てた木の香りがいっぱいの居心地のいい家。

そこで初めての鬼丸さんに鶴亀農園が作ったお酒とみりんを出していただき、

お二人ともファーストネームが「真一」なので鶴ちゃんが二人で「真二です」とか言って自己紹介もすんでお昼を食べにいく頃には3人の子たちはすっかり友達になりました。

子供達が自家菜園の中を冒険したり、海辺で遊ぶ様子は鶴ちゃんに言わせれば「絵のようですね」(いいお父さんだ)

お昼を食べた「船頭の台所」)

(コーヒーを飲んだ「donner」)

(大きくなったスミト)

帰ってから来た鶴ちゃんのメールに「今日のMVPはマヤ」とあったように、マヤの驚異的な機転の利き方で二人の男の子たちはきちんとコントロールされながら楽しそうに遊び、大人たちはゆっくり話をすることができました。来てくれてよかった〜!

(ハープを弾かせてもらって嬉しそうなマヤ)

鶴ちゃんが「もう初めて会ってから、かれこれ12年か13年になるんですよね」

ホントか?信じられないぞ。

それぞれの人間がいろんな事を考えながらそれぞれの生き方をしてますが、それがいつかどこかで繋がって何かが実現するような気がしてます。これからはそういう時代です。

鶴亀農園ではお米の販売の他に、日本酒、みりん、煎餅、麹ジャムの販売もしています。

多角的に拡がれ!拡がっていけ!

鶴ちゃん一家も、鬼丸さんが創り上げた素晴らしい一家も応援してます。

(撃沈したテオ)

こういう人たちがいる限り、日本の未来も希望が持てます。

楽しい1日をありがとう!

| 旅すること | 20:36 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |









トラックバック機能は終了しました。