CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
LINKS
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

English in マルタブログ!

Yet Another JUGEM.
<< いすみに行った夏休み! | main | 最近の舞浜はグラデイエーター >>
帯状疱疹

去年もですが今年の夏も暑かったですが、皆様いかがお過ごしでしたか?

(いすみに行った時、すでに背中は熱かった!)

私は八月の初めの頃から背中にかゆみが出て触ると赤いボツボツがあり、なかなか治らず、虫刺されかあせもか、その両方かと思っていたのですが、市販のかゆみ止めも効かず、あまりに長いので初めて駅前の皮膚科に行ってみました。

私の背中を見るなり先生、「帯状疱疹ですね。」

帯状疱疹は激痛だと経験者(娘)から聞いていたのでちょっとびっくり。

他の病気で順天堂にかかっていると言うと、

「じゃあ、そちらに行ってもらった方がいいかな。」と。

同じビルの他のクリニックで定期的に薬の処方箋を出してもらっていると言うと、

「ではそこの先生と相談してください。」と紹介状を出されました。

で、いつものクリニックへ。

先生は私の背中を見て「帯状疱疹ね。」

「薬で治すのですか?」と聞くと、

「もう時間が経ってしまったから峠は越してるので薬は無駄ね。言ってみれば、飛行機がもう飛び立ってしまったようなもの。」

「じゃあ、自力で治したのですか?私って我慢強い?」と聞くと、

「軽かったのかもね。」と。

ヘルペスウイルスによる感染症に効く軟膏と、傷んだ末梢神経を改善するビタミンB12と、痛みや炎症が出た時用に痛み止めのロキソニンを出してもらいました。

ロキソニンはいらないだろう、と思って帰宅したのですが、ズキンズキンと痛むわけではないけれど結構、シリシリとした痛みが背中から脇腹、そして腕にまで走り、ロキソニンで救われました。

原因としては「加齢、疲労、体力の低下」

う〜む、背中は火がついたように熱かったけれど、先週は休み明けの稽古で剣をやり、合気道をやり、空手もやってから、1時間高速を運転して成田のショートコースで炎天下、ゴルフを2ラウンド回り、またしてもマイクをブチ負かし、タフな1日をこなしたりしたのでした。

私って我慢強いのだ、、、と思ったら、急に自分がとてもかわいそうになり、、もっと自分を大切にしようと思ったのでした。(確か2年前にもそう思ったのだ)

身体の片側に広範囲に発疹ができたら帯状疱疹を疑って、なるべく早く、病院に行ってください。幼少期の「水疱瘡」のウイルスが体内に潜伏していて、それが何かのきっかけで神経に沿って体の表面に出てくるのが「帯状疱疹」です。働き盛りの若い人もかかりますが高齢者の3人に1人が発症すると言われ、予防ワクチンもあります。

うわ〜〜ん、こんな状態でマイクの夏休みにつき合っていたのだ。かわいそうな私、、、

| 病院 | 14:58 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |









トラックバック機能は終了しました。