CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
LINKS
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

English in マルタブログ!

Yet Another JUGEM.
<< 小さな声 | main | オーランド高校生、合気道体験会のお手伝いを募集します。 >>
千葉の台風被害は3.11以上

成田市多古町にあるショートコースに行ってきました。受付で「倒木があるのでいくつかのホールは変更になっています。」と言われてコースに出て、、、

目を疑いました。

もう台風から3週間近く経っているのに、大きな木があちらこちらで倒れているのです。ニュースでは幹の中が病気になっているような木がたくさん折れた、と言っていましたが、全く健康そうな大木が幹から折れていたり、根元から倒れていたり、しなやかで根が広がる竹林が倒れたり折れたりしているのです。

これらの樹木を片付けていくのは大変な仕事。もう片付けとか植木屋さんの仕事ではなく「林業」の領域です。

こんな風景は生まれて初めて見ました。残骸を見ながら進んで行くのは心が痛みました。

あの台風の夜、どんな音を立ててこれらの樹木は折れたり倒れていったのでしょう。

復旧に予想外の時間がかかっているのもよく分かりました。多古町も10日間停電だったとか。痛々しいほどに破壊された姿を見て、改めて先日の台風の脅威がいかに大きかったか、、、

樹木の悲鳴が聞こえるようでした。

1日も早く、元の暮らしが戻りますように!

| 新たな日本の暮らし | 17:48 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |









トラックバック機能は終了しました。