CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
LINKS
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

English in マルタブログ!

Yet Another JUGEM.
<< オーランド高校生、合気道体験会ーその1 | main | おーランド高校生、合気道体験会ーその3、AIKIDO IS A WAY. >>
おーランド高校生、合気道体験会ーその2

最初に「合気道とは」の説明をしてから、まず合気道の技を見てもらいました。

いわゆる「自由技の演武」では説得力がないのではないかと考え、「相手が本気でかかって来る」と言う設定で9本行いました。

これで彼らが今日、私の指導について来るか、彼らを引っ張って行けないかの分かれ目、と私は思っていました。

一本ずつ解説を入れて行いました。

反応は良かったのですが、、、元気な男子たちはすっかり「戦闘モード」になり、

「相撲と対決とかするの?」とか

「空手と試合するの?」とか、、、

(最初の私の話はどこへすっ飛んだ?)

一人の男子はかなりふざけていたので

「ここで今日、学ぶ気持ちがないのなら出て行きなさい」とキッパリ言いました。

そう、多分、彼らはこの1週間、「お客様」扱いされていたのだろう、と言うことは手に取るようにわかりました(ここではお客様じゃないぞ)

準備体操の後、「片手持ち二カ条」次に「構え」それから「正面打ち一カ条」をやりました。

上手な生徒をみんなの前でやらせて「Very good !」と褒めたら男子たち「次は僕、僕を指名して!」

ああ、まだまだ可愛いんだ。

後半は「護身術」を5本。

このあたりから彼らの様子は、

「次はなに?」

「次はどんなの?」

とワクワクする空気になって行きました。

何より護身術は女の子を元気にします!

盛り上がったところで男子と女子に分け、

「すごく悪い男子たちの集団」と

「合気道の稽古をしている強い女子のグループ」が道で遭遇した、

と言うシチュエーションにしました。

「さあ、女子たち!あなた達には選択肢が4つある」と説明しました。

1つ目、「叫んだり泣いたりパニックになる」

2つ目、「日頃の合気道を使ってやっつける」

3つ目、「完璧な構えで威嚇する」

そして4つ目、「彼らを静かに自信のある目で見る」

「さあ、やってみよう!」

男子たちは不良を演じてくれました。

そして女子たち、

「やれるもんならやってみな!」

「カムオン!」

と胸を張って素晴らしい!

こうやって女子たちが自信を身につけてどんどん元気に輝いていくのを見るのは教える名利に尽きる、と言うものです。

「3つ目、4つ目のオプションで不良を撃退できるかどうかわからないけれど、もしできたら最善の方法だよね?」と言うとうなずく女子たち。道場に入って来た時の彼女たちとは全く違うではありませんか。

かわいい男子も好きですが、こう言う「負けない」女子たち、私は大好きです。

最後に男の先生を引っ張り出しました。

うまく行くかどうか、イチカバチか、

打ち合わせ一切なし。

今日の締めくくりがかかってるんだけど、、、

| 合気道 | 18:53 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |









トラックバック機能は終了しました。