CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
LINKS
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

English in マルタブログ!

Yet Another JUGEM.
<< コロナの時代に正気を保つこと | main | コロナの時代に正気を保つことーその2 >>
7月になっていきなり緩む

6月1日に再オープンした舞浜の総合体育館。

最初に行った時には、駐車場の入り口に8〜10人は人が立っていて、「どちらをご利用になりますか?」と聞かれました。次に体育館の入り口で再度、「どちらに」と質問され、体温測定と手の消毒。利用者用のバインダーに武道場利用者の全員の氏名。そして私達が使った後の2時間枠は使用禁止でスタッフの方々が畳や師範席の机を消毒してくれました。

だんだん入り口のスタッフの人数も減り、そして昨日の7月2日。

駐車場には誰も立っておらず、体育館の入り口での検温もなし。稽古後の消毒作業は私達でする事になり、次の枠も予約が入れば使用可能になったとの事。

1ヶ月でこんなに緩む?と言う感じです。

マスクなし、相対で稽古をしている所もあるようですが、70代、80代の生徒さんもいる舞浜は、、、、、まだまだです。

やっと軌道に乗った今の稽古をしばらくは続ける事を、皆さんの了解を得ました。

今やっている事は「木剣を自分の身体の一部のように感じられるまでに使いこなそう」です。後は体幹強化のトレーニングと呼吸法、杖を使った稽古などです。

仕事の傍、手作りのマスクを作って来てくれる女性、「使った武器を消毒しましょうか?」と言って一つ一つを消毒してくれる女性、会計担当だったポチさんの代わりに会計をしてくれる女性。

そう!つまり助けてくれるのは数少ない女性たちです。

合気道の技も少しはやらないと忘れてしまいそうなので、Oさんの発案で、離れて向かい合って一つの技を接触せずに仕手受けで動く、と言うのもやってみました。

言ってみれば「Wi-Fi、相対稽古」これはなかなか!

相手に惑わされずに仕手の動きを正確に行う事もですが、何より正確に受けの動きをするのは結構、難しい。そして出来ていなかった動きも再確認できます。

先日、やったのは「正面打ち一ヶ条(一)」「片手持ち四方投げ(一)」そして「片手持ち側面入り身投げ(一)」です。

もう一つ皆さんにお話ししたのは、

「オンラインでいろいろな先生方の指導を見られるのは便利で良い事ですが、そこで見た事を自分の指導で使う場合は必ずその稽古法を、どこの先生がなさっていたか、を言うのが礼儀だと思います」と言う事。

それを言わずに黙って拝借するのは礼に反すると私は思います。

| 合気道 | 16:52 | comments(0) | - | pookmark |