CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
LINKS
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

English in マルタブログ!

Yet Another JUGEM.
<< 7月になっていきなり緩む | main | コロナの時代に正気を保つことーその3 >>
コロナの時代に正気を保つことーその2

検査数も増えているのでしょうが、感染者が増え続け、私の街でも病院が10人(14日現在16人)の感染者を出しました。

沖縄では米軍の基地内で61人(14日現在96人)の感染者。それも正確な情報はなかなか公表されず、「沖縄という日本の国内に在って外国」のような基地を持つ沖縄の悲劇が炙り出されました。

日本は各国と国際協定を結んでいます。アメリカとも結んでいますが、自前で作ったわけではない日本国憲法には小さな但書が(保険会社の書類のように)あって、「但し非常時におけるアメリカ軍はこの協定に含まれない」とあります。つまり、日本とアメリカの関係とは別に日本政府とアメリカ軍との密約が戦後、作られ現在もそのまま存在しているのが私たちの国です。国民には知らされる事のない深い深い闇の犠牲になっているのが沖縄であり、私たち国民です。

「一番の仲良しなんだ!」と豪語して国際社会に笑われている、私たちの国の政府には普通のしっかりした「外交技術」と言うものすら持ち合わせていません。

、、、、長くなるので、この辺で。

連日、テレビで「歌舞伎町のホストクラブが」とか「アイドルの舞台が」とか「徹夜のカラオケパーテイーが」とか聞かされると「何も、今、行かなくてもいいだろ!」とか叫びたくもなりますが、他人の行動を法的措置なしに規制することは不可能です。それにおバカはいつまでたってもおバカで変わりようがないのです。

で、なぜ休業要請をしないのかと言えば、休業要請をするには協力金を払わなければならないからだとか?

なんと言うじれったい国なんでしょう!

お金がないならサッサと国はお札を発行できるのだから刷ればいい。

アメリカから3兆円以上も戦闘機を購入する(した?)なんてニュースが全然、流れないのは報道規制でしょうか?だったら、この国は民主国家ではありません。

コロナを食中毒に例えていた番組がありました。

では、例えば天気予報にしたらどうでしょうか?

1.「今日は雨が降るかもしれない、降らないかもしれない空模様ですので、折り畳み傘は持って出掛けた方がいいでしょう」

この場合、傘を持っていても、持っていなくても、大した問題にはなりません。

2.「今日は午後から大雨になるので必ずしっかりとした傘を持ってお出かけください」

この場合、傘を持たずに出かけてずぶ濡れになったとして、それは自己責任、傘を持たずに出たあなたが悪い、です。

3.「今まで経験したことのない雨量の雨が降ります。直ちに避難してください」

この場合、もちろんほとんどの人は避難するでしょうが、その時に避難しない人に対して、「避難してください」と言うお願いをするとします。そして言われた人が「じゃあ、避難してやるから協力金を払え」と言ったら、払いますか?また被災した方々の生活補償を完全にすることも難しいでしょう。これは天災なのですから。

私が言いたいのはコロナと言う厄介なウイルスは、これも天災です。

「もうすぐ克服できる」ものではないと言うこと。

「まだ自分の周りにはいない、どこか他の場所で猛威を振るっている」ものではないと言うこと。

「もしかしたらこれから自分の生活圏にも来るかも知れない」ではなく、もう来ていると言うこと。

もう私たちが手を触れるところにあって、克服できる術は今現在ないのです。

「結局、コロナは風邪のようなもの」とか、「日本は感染者がこんなに少ないのに怖がりすぎ」とか、「経済が立ち行かなくなったら食べていけないんだ」とか、「これから製薬会社が大儲けする」とか、いろいろな声が氾濫しています。これから多くの人たちが経済的困難に遭遇し、その苦しみはボデイブロウのようにきいてくるでしょう。

自分が助かればいいのではなく、みんなが助からなければ、結局は自分も助からないのです。

ここは政治がはっきりと、天気予報のレベル1なのか2なのか3なのか、3ならば私たちはどう言う行動を取らなければならないのか、今のままで10日後、1ヶ月後、にはどう言うことになるのか、だから今、こうします!と正しい情報で国民を導かなければなりません。

強い強制力を持って、国民の命を守り切らなければなりません。

 

| - | 16:28 | comments(0) | - | pookmark |