CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
LINKS
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

English in マルタブログ!

Yet Another JUGEM.
<< コロナの時代に正気を保つことーその5 | main | #Let's Play Piano # も40曲になりました。 >>
舞浜さくら会、17歳になりました。

2003年10月8日にスタートした舞浜さくら会も皆様のおかげで17周年を迎える事ができました。

山あり、谷ありの長い歳月を私を励まし、尻を叩き、提言をし、背中を押して支え続けて来てくれた合気道仲間に感謝、感謝です。お礼の言葉が見つけられません。

今年は3月から施設が封鎖されて稽古が出来なくなり、どうなる事かと心配しましたが、6月から新型コロナ感染防止対策を何重にも張り巡らせての稽古再開となりました。

再開初日の道場の空気は忘れる事ができません。

正直、恐ろしかった。

それでもほとんどの皆さんがやってきました。

あれから4ヶ月たち、相対での合気道の稽古はまだ再開していませんが、この機会にと本腰を入れた剣と杖の稽古はかなり充実し、その成果も見えてきたこの頃です。

不思議な事に、そんな時に強力な助っ人も現れ、常々、「浅いな〜」と思っていた私自身の剣と杖に、栄養というか滋養というか、カンフル剤というか、そんなありがたいものが注入され、やっと人様の前で剣を持てるような気持ちになって来ました。

やってみると「体術」に通じるものがあり、プラスになる事ばかり。「型稽古」で失われがちな緊張感や相手の「気配」を感じる、いい稽古になって来ました。

今年は17周年のお祝いに、私が長い間「いつか、何かに」と仕舞い込んでいた布を会員の博美さんに託す事,

2週間、、、素敵なマスクとストラップになりました!

お仕事、メチャクチャ忙しいのに!

出来上がりはプロのよう。そこに一つ一つ、気持ちが籠もっています。

今月からは名古屋の青雲塾にいらした女性が稽古の仲間に新しく加わりました。

助っ人も新入生も、マスクを手作りしてくれた生徒さんも、これら全ては貴重な「ご縁」です。

がんばらないといかんね〜〜

みんな、私を助けんと〜〜

安藤先生と比嘉先生にもお届けしました。

もっとたくさんのお世話になった方々にも、

お届けしたかったのですが、、、、

生地がなくなりました。ごめんなさい。

(7ヶ月ぶりに稽古復帰したポチもいます!)

| 合気道 | 14:17 | comments(0) | - | pookmark |