CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
LINKS
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

English in マルタブログ!

Yet Another JUGEM.
<< やってはならないこと | main | りきまない、と言う事。 >>
丸太商店新入荷
5月から待っていた新しいアイテムがやっと7月2日にモロッコショップに入荷して、お店に並びました。1週間がかりで、丸太商店の方に掲載しましたので、ぜひご覧になってください。
初注文もいただき、梱包して週明けに発送します。ご注文された方には、プレゼントも、いろいろ入れてお送りしますので、お楽しみに!
問題もいくつかあり、注文していただいた物がもう在庫がなかったり、送料が最低でも¥3300かかるので、それに見合った注文をしていただかないと、¥1300のお皿1枚だと¥4600になってしまいます。なかなか、商売はむつかしいですが、いい物と自信を持ってお勧めできるものを、ご紹介していきたいと思ってます。丸太商店をのぞいていただくだけでも楽しいと思いますので、よろしくお願いしま〜す。

今朝は、そのモロッコショップのクリスがうちに初めて歌の練習に来ました。暑い中、ちゃんと時間ぴったりに来たのは、えらい。
さて、「Live for the one I love」ですが、初めて合わせたにしては、上々の出来でした。ミュージカルナンバーなので、ドラマテイックな曲の構成になっていて、めまぐるしく転調を繰り返しながら語り調のイントロから「さび」に入って行き、ぐんと盛り上がって最後は静かにエンデイングと、かなり歌う方も、ピアノも難しい曲ですが、「好きこそ、ものの上手なれ」(?)のたとえ通り、自分が惚れ込んだ曲というのは良く歌えるものです。
クリスの場合、意外にも低音よりも高音のほうが伸びがあり、英語の歌詞は、当たり前ですが上手でした。さびの部分で4拍半のばす音をどうしても3拍半で出てしまう所以外は、譜読みも完璧でした。原曲はセリーヌデイオンが歌っているそうで、女の人が歌う愛の歌ですが、その歌詞を男の人が(といってもゲイですが)歌うのも、いいもんです。うん?ってことは、彼は男に向かって歌っているわけか?ややこしい世界だ。
やや緊張気味に歌ってるのも初々しくて、純な女性の切々とした想いが伝わって来て良かった。

「もっと、ちゃんと練習して、絶対にいつかは歌手になる。」と言うてます。乞う、ご期待ね。
「モロッコショップと建築と歌手と1石3鳥をねらうわけね。」
と言ったつもりが、3石1鳥になってたらしく、マイクに
「BOOBY」と言われて、大笑いでした。
暑いから、頭もこんがらがったの!
わたしもマルタに来て、初めて人のためにピアノを弾いたので楽しかったです。

というわけで、今日は初めての事が二つ始まった、めでたい一日でした。

1
街はなにやらまたフェステイバルのようです。
我が家のあるセントクリストファー通りにも、こんな飾りが。
それが夜になると、こんなふうに灯りがつきました。
2
昨夜も花火が始まったのは夜中の0時からでした。おいおい。


| オンライン ショップ | 03:51 | - | trackbacks(0) | pookmark |
トラックバック機能は終了しました。