CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
LINKS
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

English in マルタブログ!

Yet Another JUGEM.
<< 日本からのお客さま | main | イムナドラ神殿 >>
夏のブルーグロット
浦安に居た時に、マイクと私の英語とピアノの生徒さんだった薫さんとすな子さん、そしてお友達2人、の4人を後ろの座席に無理やり押し込めて、土曜日、マルタ島観光へ行きました。
マルタ会談をした漁村マルサシュロックに朝9時半ころ到着。
1
9時半で、こんな日差しです。
カラフルな漁船がたくさん停泊していて、市場もこれから、っていう所です。
2
漁船に乗っていたTシャツの彼が日本語で話しかけてきたのでびっくり!
鹿児島で6ヶ月働いていたことがあるそうで、とっても上手に話します。
お父さんと一緒に船のメンテナンスをしてました。
きのう帰って来て、明日からまた1週間、漁に出るそうです。
3
それから、ブルーグロットへ。ローマで「青の洞窟」に行ったけど、
あまりにきれいなので、やっぱり船に乗って見に行こうということに
なりました。私たちも、冬に行ったきりなので
同乗することに。
4
やっぱり、夏のほうがさらにさらに、ブルーが鮮やかでした。
船頭さんが、右を見ろ、左を見ろ、と大忙し、言った方を見てないと
すな子さんたちは、船頭さんが手で頭を動かされたそうです。
「青の洞窟」で、船酔いして生きた心地もなかった約2名も、
余裕ではしゃいでいました。洞窟を全部ていねいに
回ってくれて、たっぷり30分くらい、
ブルーグロットに軍配が上がりました。
しかも、7ユーロだし。
5
明るすぎて、コントラストが強すぎて。
深さはこのあたりで、5mから10m,
泳いでいる人もたくさんいました。
洞窟からの帰り、手だけでも水の中に入れてみました。
体中が、グルンと反応するくらい、気持ち良かった〜。
このあと、世界最古の遺跡に向かいます。
| マルタのアート | 01:08 | - | trackbacks(0) | pookmark |
トラックバック機能は終了しました。