CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
LINKS
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

English in マルタブログ!

Yet Another JUGEM.
そして休みは続く

コロナ感染拡大で休業の方、自宅待機の方、勤務続行中の方、境遇はそれぞれですが、辛さはみな同じ。

そろそろ、かなり、、、辛くなってきましたが皆さん、お元気ですか?

舞浜のメンバーに最初に連絡をしたのが3月13日でした。内容は「3月いっぱい体育館が使用禁止になり稽古が出来なくなりました」

そして3月26日、2回目の連絡。

「深刻です、4月12日まで休館が延長されました」

でもその頃はまだ、天気が良ければ公園で稽古すればいいさ、そんな気持ちでした。

そして緊急事態宣言が出され、5月6日までの「不要不急の外出自粛」となり、4月13日にはもう稽古に触れることもかく「お元気ですか?」のメールになってしまいました。

年に数回しか連絡を取らなかったロンドンの次女も自宅待機でよほど退屈なのか、不安なのか、毎週のように電話で話しています。

「仕事もできなくて状況がひどくなるのなら帰ってくれば?」とまで不安が増していましたが、今となってはどちらの国に居る方が命を守れるのか、わからなくなってきました。とにかく一番心配していた給料は80%、ちゃんと月末支給日に国から支払われたと。

日本はまだまだ二転三転してるんだけど!

よくわからないマスクは2枚、届くらしい、、、、。

「赤ちゃんができたよ!」という嬉しい知らせもありました。

「結婚しました!」のビッグニュースも届きました。

「亡くなりました」のお手紙も届きました。

人々の暮らしや生き方が一変してしまった事は残酷ですらありますが、ここから立ち上がるなら、前とは異なる生き方になるのでしょう。

人と会えない事がどんなに寂しいか!

でも私に「コロナを感染させたくない」と会わないでいてくれる人たちもいます。

色々な形で私の命は守られているのだと感謝しかありません。生き抜いて、また会いましょう!

(写真は毎日、我が物顔でやって来る野良猫に恋したうちの象。もちろん私の妄想です。笑。でもこの春に出逢うはずだった出逢いも、実るはずだった恋愛もなくなってしまったのかもしれない。この損失も大きいぞ)

| 合気道 | 18:52 | comments(0) | - | pookmark |
Walk & Run 100km/month

今年になってから私が始めた「歩いたり、走ったり、月間100キロ」は1月78キロ、2月86キロ、そしてヒマだった3月は103キロでした!

これは結構うれしい数字です。

携帯を持って走るとかなり邪魔なので、おバカな私は距離や時間、心拍数が測れるウオッチを購入、、、、したもののまだ完全に使いこなしてはいません。

月間100キロランニングは到底無理ですが「歩いたり、走ったり」は気が楽です。

気が楽でも1ヶ月に100キロにするのはちょっと努力しないと出せない数字です。

有酸素運動を感じられるのはもちろんですが、股関節のあたりの鬱血がほぐれていくような感覚があります。

そう、年を取るといろんな所が「とどこおる」のです。

カラダもアタマもココロもです!

カラダはこの「月間100キロ」でいいとして、アタマは稽古の休止が延長してつくづく感じる事は「何かを責任を負って実行する緊張感」の欠落です。

仕方がないのでメチャクチャ難しい「超絶技巧」の曲に挑戦して何とかクリア。

そしてココロです。これは一番むつかしい。

ただ「明るく、楽しく、前向きに」と努めてもココロのメンテナンスにはなりません。

必要なのは「魂が震える感動」を与える事です。

それが枯渇してきたら、かなりヤバイ。

時間がたっぷりある今こそ、将来の感動のために種まきしたりしています。

世界中の合気道家とのつながりもSNSとコロナのおかげで拡がっています。

昨日もスペインから「この状況を乗り越えられたら、来年、日本を訪れてあなたの道場で稽古をしたいです」という嬉しいメールが届きました。

彼らは社交辞令とかお世辞は言いませんから、「来る」と言ったら来るのです。

養神館合気道ではないようですが、そんな事どうでもいい事です。

私たちは大きな循環の輪のメンバーですから。

(これは無肥料無農薬米を作ってる鶴ちゃんの言葉)

| - | 11:39 | comments(0) | - | pookmark |
コロナウイルス

桜が満開になった!と思ったら雪!

みんなおとなしく家にいるんだよ、

って事ですかね。

私が教えている合気道の道場がある舞浜の体育館も、3月15日までの閉館が3月末まで、になり、4月12日までになり、、、ここまで来ると5月も無理かな、と言う気持ちになってきます。

おかげで家の中はどんどんきれいになり、

引き出しの中も10年ぶりの大整理。

大きなゴミをゴミセンターに持って行ったら、同じような人たちの車で結構、混んでいました。

人と会ったりする事や外食も激減し、

おかげで家に訪ねてきてくれたり、

公園まで行ってお茶を飲んだり、

朝、昼、晩、としっかり食事を作ったり、

そんな生活にも慣れてきたのか、

こう言う暮らしも悪くない!

今、私たちに出来ることは感染者の一人にならない事。感染拡大防止に努めること。

そして医療崩壊を防ぐ事、です。

「桜は来年も咲きます」と都知事がおっしゃっていましたが、旅行も合気道の稽古も親しい人たちとの会合も外食もなくなるわけではありません。

イギリス、ドイツ、アルゼンチンなどの国の家族や友人たちとも「コロナウイルス」でしっかりつながっています。

細かい心配事は後回しにして、

今は「生きる」こと。

「命を守る」こと。

そして自分を鍛え向上させる「道場」は、

自分の居場所に作ることです。

今度、会う時はまるで「1週間ぶり〜」のような顔でお会いしましょう!

みんなで頑張るさ!

| - | 14:22 | comments(0) | - | pookmark |
いまがわKIDS合気道クラブ、修了式。

3月173週間ぶりに道着に袖を通した私達は初めて「いまがわ学園」の中にお邪魔しました。

そこには道着を着た、懐かしい顔が待っていました。

お母さん、お父さん達も見に来てくれて、まずは「整列、黙想」から。

いつもは、ざわざわする子供たち、一斉にシーン。

(これだけで実は私、感動してました)

昨年の4月に第9期をスタートした時から比べると、6月に閉園が発表されて約半分になってしまいましたが「正面に礼」の後、一人ずつの名前を呼んでから、村田先生の準備体操。

博美先生の正座法正座。(これはなぜかみんな上手)

それから一人ずつ先生の前まで進んで大きな声で、

博美先生の前で「おはようございます!」

マイク先生の前で「よろしくお願いします!」

村田先生の前で「ありがとうございました!」

そして本当はこの日までにみっちり稽古するはずだった「31の杖」(20まで)をおさらいしてから坂本龍一の沖縄ソング「CHIN NUKU JUUSHII」に合わせて披露しました。(思っていたよりよく出来た!)

それから免状授与。記念品(比嘉先生の「騎馬武者」のオリジナルTシャツ)と道場で撮った写真、村田先生の一人一人への心のこもったメッセージ、そしてお菓子の入った紙袋を渡し、先生一人一人からのご挨拶があって修了式は無事に終わりました。

(集合写真はお父さんが撮ってくれました)

園の洋子先生たちにもお礼をマイクから。9年間、園バスでの子供達の送迎、本当にありがとうございました。

最後がちゃんと出来てよかった〜!

「街で会ったら覚えていてね!」と言ったら、

一番小さなサラがしっかりした声で、

「私の場合、たくさんお会いすると思います」

あらうれしい!

車で園を後にする時も、お母さんたちと帰らなかった子供たちが、いつまでも「バイバーイ!」と手を振ってくれていました。

たくさんの思い出をありがとう。

しっかり成長するんだよ!

| 合気道 | 13:30 | comments(0) | - | pookmark |
明日は「いまがわKIDS合気道クラブ」最後の修了式

2011年の4月にスタートした「いまがわ学園」の園児達のための合気道教室。

スタートした時は、あの東北の大地震でここ浦安市も大規模に被災し、富士見の仮の園舎でのスタートとなりました。

そして、この3月に閉園となるいまがわ学園の最後の第9期生合気道キッズの修了式は、コロナウイルス拡大防止対策による舞浜の体育館の閉鎖で、今川にある園舎に私たちが伺って明日、行う事になりました。

9年と言う長い年月を毎年、入れ替わる園児達と、それはそれは色々な出会いがありました。

武道場よりも狭いスペースで何が出来るか、その場所に立ったところで決めようと思います。

園児達に渡す免状。

写真、村田先生のコメント、記念品、など準備O.K。

園の先生方へのお礼も準備O.K。

練習してきた(もう忘れちゃったかな)「31の杖」は、坂本龍一の音で披露します。

修了式後の夜には、お手伝いして頂いた舞浜さくら会の何人かの方々との感謝会も予定していましたが、これは残念ながら中止となりました。

とにかく、明日、きちんと子供達とお別れが出来る事になってよかったです。

何でも最後をきっちり締めくくるのは大事です。

それが出来るだけでも感謝。

 

| 合気道 | 16:19 | comments(0) | - | pookmark |