CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
LINKS
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

English in マルタブログ!

Yet Another JUGEM.
突然の閉園告知

9年間合気道を教えてきた「いまがわ学園」が突然、今年度末(2020年3月末)で閉園することになりました。

説明会での園長先生のお話では「園児数減少による経営難」ということだったそうですが、時期が時期なだけに、お父さん、お母さんたちはさぞかし大変なパニックでしょう。

先週の「いまがわキッズ合気道」では明らかに子供たちに動揺が見られました。

「いつも優等生」のTくんが、いきなり村田先生の腕に噛み付く、「頑張る女子」トップ2のMちゃん、Wちゃんが喧嘩する、いつも「最高に楽しそう」なAちゃんが最後まで泣き続ける、などなど。

そして昨日の稽古を迎えました。

稽古前に「やっぱりみんなに話そう!」と心を決めた私は子供たちにこう話しました。

「みんな、、、園の事は知ってるよね?」

「知ってる。」

「あのね、お母さんが言ってた。」

「お母さんから聞いて泣いちゃった。」

といつものみんなより少ししんみりな反応。

「みんないろいろ心配してると思うけど、、、園を変わる子もいると思うけど、、、大丈夫だからね!」

みんな私の顔を見てる。

「ここのお友達は、別々になったってずっとお友達だからね!」

みんな珍しく話を聞いてる。

「10年、会わなくたって友達は友達のまま。地球の裏側にいたってずっと友達だよ。ぜ〜んぜん大丈夫なんだから。だからみんな心配しなくていいんだよ。友達は変わらないんだから。つながってるんだから。いまはインターネットとかもあるし。」

「そうだよ、ラインとかあるし。」

「先生たちもずっとここにいるし、、、だから大丈夫だって事、分かったかな?」

「うん!

「じゃ、体操始めます!」

と、ここまで一気に話しました。

子供たちの不安な表情が笑顔になり、昨日の稽古はいつも以上に盛り上がり先生方の言う事も聞きました。

ああ、良かった!

会えなくなるのが一番、寂しいのは私たちだよ。

でも最後まで行こう!

物事ってこんな風に突然「終わり」になるんだ。

恋愛のように。

| 合気道 | 11:27 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
The big Dojo outside your Dojo. 道場の外の大きい道場

These things are maybe important in your Dojo.

1) What grade are you ?

2) How many times you train ?

3) How important are you in your Dojo ?

4) What your master or other members think of you ?

But、these things are only matter in your Dojo.

Real Dojo is outside of your Dojo.

合気道の稽古を続けていくと、自分の級や段と言った上達度、どのくらいの頻度で稽古に行っているか、その道場での自分の立ち位置、先生にどれだけ忠誠を尽くしているか、奉仕的な活動をしているか、そう行った問題がどうしても出てきます。

それらは確かに重要ですが、だんだんそれらの事は自分の首に巻きついて重いものになっていく人もいます。あるいは重いどころか、うんと頑張って自分の生きがいのようになっていく人もいるかもしれません。

しかし、技の上達というものはだんだんと難しくなって行きます。年齢という現実にも直面します。

稽古に通うという事も、仕事や家庭を抱えてはなかなか行きたくても行けない、という事がほとんどです。

中心的なメンバーとして色々な役をこなそうとすればプライドは生まれますが、それだけ何かを犠牲にして自分の時間を捧げることになります。

先生や稽古仲間の気持ちというものも、自分の力ではどうする事も出来ません。それにそんな事を気にしていては稽古になりません。

ではあなたが稽古を続ける目的は何なのでしょう?

上手くなりたい?

健康のため?

仲間が欲しい?

演武大会で頑張りたい?

優秀賞を頂きたい?

それらが間違っているとは言いませんが、合気道を学ぶ目的は最終的には合気道を自分の生活に、生きている毎日に、どう活かしていくか、どう活かせるか、どう活かそうとしているか、つまり「どう生きていくか」なのではないかと思うのです。

そう「行住座臥」です。

「そんな言葉、とっくに知ってるよ。」という方もいらっしゃるかもしれませんが、案外と忘れらているのではないでしょうか?

「行住座臥」の観点から見れば、最初にあげた「重要項目」は順位としてはそれほど高くはならないはずです。

その「重要項目」の中で劣等感を感じる必要もないはずです。

気持ちをスッキリさせて迷いのない楽しい稽古をするために、

ちょっとひとりごと。

 

| 合気道 | 20:20 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
胸にズシンときたよ。

先日、いつも行っている美容院に行くと20才くらいの新人さんの女の子がいました。

彼女にシャンプーしてもらいながら、

「ご出身はどちらなんですか?」と聞くと、

「宮城です。」

「ではあの地震の時は大変だったのですか?」

と聞くと、

「私は小学校6年生だったのですが、海に近い所に住んでいたおばあちゃんの家は全壊して、おばあちゃんは無事でしたが、お姉ちゃんとは連絡が取れなくなってあちこち探して、2日後に避難所でやっと会えました。

学友は二人、亡くなりました。

理容院をしていた叔母が避難所でみんなの髪を切ってあげてるのを見て、私も美容師になろうとその時に決めたんです。」

あの時に小学6年生だった女の子が8年後の今、こうして立派に社会人になって仕事をしている。

胸にズシンと来るものがありました。

あんな恐ろしい事は体験しないに越した事はありませんが、その体験があったからこそ、今の彼女があるのだと思いました。

お店の上司も知らなかった彼女の身の上話、髪を洗ってもらいながらずうっと聞いていました。

 

| 新たな日本の暮らし | 14:25 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スエーデンのマーク

スエーデンの友人が合気道クラスを開いた事は前に書きました。

安藤先生とも相談して、先ずはマークが黒帯を取る事。

そこで初めて正式に道場が開けるので、当面の目標は「初段」取得です。

頑張って!

合気道の環境がない土地でどこまで彼自身が研鑽を詰めるかにかかっています。

楽しみが一つ、増えました。

アーテイストの時のマーク。

(ステージではもっと怖いメークをしてます。)

そして合気道のマークを紹介します。

(隣にいるのは息子さん)

すごくギャップがあって可笑しいけれど、、、。

愛さずにはいられません。

| 合気道 | 10:48 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
龍新聞

龍新聞の6月号が届きました。

先日の浦安合気道連盟演武大会の記事の中に「壮年優秀演武賞」を頂いた、梅澤さんの寄稿文も載っています。

講習会の記事もありました。

写真にそれぞれ説明がされていて、「入身の瀧田先生」「体幹の新島先生」「三カ条の三橋先生」と。

私の写真は「両肩を押された場合、一度抜いてから体を先行させて相手を押すと投げられる。それができれば二人でもできる。」を実演していた時の写真でした。

この写真を見たら私だったら「ただ遊んでいる大村」とか「意味不明の大村」とか「ちゃんと講習会しろ、大村!」とか、そんな言葉しか浮かんできませんが、なんと「呼吸法の大村先生」と説明されているではありませんか。

どう書こうか苦労されたに違いなく、安藤先生、ありがとうございました。

あたたかいお気持ち、大村、しっかり受け止めました。

| 合気道 | 10:40 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |