CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
LINKS
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

01
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

English in マルタブログ!

Yet Another JUGEM.
グアムのレストラン・Beaching Shrimp

クリスマスイヴの日はタモンの一番にぎやかな所のガイドブックにも出ている「ビーチン・シュリンプ」に行きました。

グアムは駐車場がただなのでホテルの駐車場でもどこでも空いていれば時間を気にせずに停められるのがいいです。

ビーチン・シュリンプはスパイシーなケイジャンスタイル、グアムのチャモロ料理、ニューイングランドスタイルなど世界中のメニューでエビ料理を堪能させてくれます。エビ好きな人にはオススメです

小さなお店ですがみんな名前を告げて前のベンチで30分くらいのんびり待ってます。ウエイターやウエイトレスはフィリピン人が多く、よく働いて愛想もよく、「接客業のお手本」になるくらい。料理を運んだ後も、「ご満足いただけてますか?」とか、「お水はいかがですか?」とか、「お写真、撮りましょうか?」とか、「新しいお手拭きをお使いください。」とか、忙しいのに素晴らしい気配り。

まったくマルタの無愛想でやる気のないウエイトレスに見せてやりたいほどです。マルタなんぞ、いくら待っても注文を取りに来ない、会計を済ませるのに20分くらいかかるのもざらでした。

自家製スパイシースープは10時間も煮込んだ、ここの名物メニュー。それでも16〜18ドル(1ドル、¥116でした)ですからリーズナブルなお値段です。

2日後にはその隣のビーフレストランに行きました。

ここもみんなよく働く中、一人レゲエのようなヘアスタイルでやたらテンションの高いウエイターがいました。

私たちの隣のテーブルに日本人の女の子が二人。

座るなり二人とも携帯をいじって話もせず。

ところがそのウエイターが話しかけたら、途端に盛り上がり、、

「さっきの人、ボクのイトコなの。イトコとカノジョね。」

え〜、そうなんだあ。」

それでもそこまでならいいのです。

あっという間に何と携帯のアドレスを交換し合ってるではありませんか!

よほど言ってやりたかった。

「ちょっと、ちょっと、あんたたち尻軽すぎるんじゃないの?」

現地で色々な人と仲良く話すのは旅の大きな楽しみの一つです。

でも、メルアド交換はリスクが大きすぎます。

ゼッタイにあのレゲエなチャラ男、「明日は仕事休みなんだ。」みたいに話を持っていくこと間違いなし。

こんなに簡単なんだ。

けっこうまわりの人たちも引いてたけどなあ。

気をつけてよ、日本の女の子!

 

| 食すること | 14:59 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Happy new year 2018 !

新年あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします!

クリスマス休暇はグアムに行って来ました。

北朝鮮のミサイルが飛んでこないか、アメリカと戦争が始まらないか、冗談でなく心配でしたが、どこにいても同じかな、と思い出発しました。

滞在したのは2016年と同じ北部にあるスターツグアムリゾートホテル。

2016年の9月に来た時には癌の事など露ほども知らず、グアムから帰ってすぐのエコー検査で乳癌が見つかったのでした。なので今回は無事に乗り越えられたお礼も兼ねての旅でした。

スターツがある北部はアメリカ空軍基地に囲まれ海軍通信施設の大きなパラボナアンテナもあり、安全といえば安全、危険といえば危険なエリアです。前回、たくさんの軍関係者たちをスターツでも見たので大勢来ているのかと思ったらいたって普通の状態でした。

使った飛行機はユナイテッド。

帰りの時間がゆっくりだったのでユナイテッドにしたのですが、ゴルフバッグはそれぞれ4000円取られるし、座席に映画のスクリーンはなく、そこに自分の携帯を装着して観てください!食後のホットドリンクもなし、でした。しかし3時間40分で到着するのですから沖縄に行くような飛行時間です。だんだん26時間とか16時間なんていう長旅はきつくなります。

今回は運転好き、食べる事大好きの娘と3人だったのでグアムのレストランの事を何軒か書こうと思います。

そこで見かけたアワワな光景も。

 

| 旅すること | 09:54 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ホームレスのおじさん

マイクが「公民館のロビーにホームレスの人がいて新聞読んでラジオ聞いてたよ。」

と帰ってきて言うのを聞いて思い出した事があります。

昔、ピアノの発表会にホームレスの人が入ってきてしまった事がありました。

借りていたホールは公共の建物で生徒さんの発表会は無料でどなたでも入場できるものです。

係りの人が「ホームレスの人が最前列に座っているんですよ!」と相談に来ました。

一瞬、私も「わっ!」と思いました。

「どうしよう、途中でワアワア騒がれたり暴れ出したりしたら困るし、どうしよう!」

しかし、その日は冬の寒い日で、ホールの中は暖かいし、「出て行ってください」と追い出す訳にもいかないと思い、そのまま発表会を開幕させたのです。

私は舞台の端で生徒さんの一人一人を簡単なコメントでみなさんに紹介しながら舞台に送り出すので、客席の様子がよくわかりました。

そして、、、

人数も多かったので随分長い時間がかかったのですが、

一番熱心に耳を傾け、一番熱心に拍手を送ってくれたのは、

このホームレスのおじさんでした。

もしかしたらホームレスに身を隠した神様だったかもしれない、

と後で本気で思ったのを覚えています。

なので、この季節は、みんなに「Happy Christmas !!」

| - | 23:55 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
イギリスからのクリスマスカード

届いたカードの封筒を見たら、切手の脇に押されたスタンプに「祝、カズオ・イシグロ、2017年ノーベル文学賞」とあるではありませんか!

なんかうれしい。

彼の本は(もともと寡作の作家ですが)何冊か昔に読んだことがあり、その時に「日本人だけれど5歳でイギリスに移り住み、イギリスの教育、国籍を得た人間が英語で書く小説とは、どういうものになるのだろう。彼のアイデンテテイはどういうものなんだろう。」と興味を抱いた記憶があります。

生まれも民族も言語も超えた普遍的なテーマを掘り下げ、普遍的な共感を目指した作家がこうしてその仕事を認められたのは何かとても象徴的な気がします。

| 読書すること | 16:50 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
荷造り完了

毎年、逃げ出すような勢いで旅に出ます。

逃げ出す、というのは事実。

この1年、自分たちに課せられたものの全てから逃げ出すのです。

よくやったと褒めてあげよう!

まずはこの荷物。

持っていくのは大変なんだけど、、、

これを持参する事で旅が随分、変わります。

行って来ます!

| 旅すること | 22:30 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |