CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
LINKS
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

English in マルタブログ!

Yet Another JUGEM.
夫という生き物

久しぶりにお茶した友人が「ベッドを分けたよ!」と言うから、ダブルベッドからシングルベッド2台にしたのかと思ったら、

「娘が使っていたベッドで寝ることにした」

おお、ついに別室か!

そうなったいきさつとしては、

「寝る時間が違うのでなかなか自然に眠りにつけない」

「いびきがうるさい」

「ダンナが夜中にトイレに行くと自分は行かなくても目が覚めてしまい、その後眠れなくなる」

「エアコンの体感温度差がある」などなど。

「それで?別々にしたらどう?」

「すごく快適!ぐっすり眠れなくて朝、機嫌が悪かったのが、朝、相手に優しくなれる」といい事ずくめ。

マルタ島で観光業をしていた友人のアーレットが言っていたおかしな事を思い出した。

「日本人のお客様をホテルの部屋に案内すると、必ずダブルベッドを見てシングル、シングル!と要求するのは何か宗教的な理由でもあるの?」

死ぬまで同じベッドで眠るのが当たり前の彼らにとっては本当に不思議な事だったらしい。

うちの場合は2人で同時に眠りに落ち、私はほとんど朝まで何が起ころうが(地震で揺れようが)目が覚めないのでほとんど問題ないのだけれど、マイクは時々、「イビキ書いてたよ〜」とか「突然、足がドカン!と乗っかって来た!」とか被害を受けてるらしいけど。

しかし、長く一緒に暮らしているともう男女の感覚はなくなるものだ、とハタと気がついた事があった。

ときどき行くアウトレットの靴屋さん、どうやら店員の女の子はマイクの顔を覚えてるらしく、

「あら、お久しぶりです!」「暑いですねえ」「ゆっくり見て行ってくださいね」などと話しかけてくるのに対して答えているマイクの声を聞いてビックリ。

聞いたこともないハイトーンでしかもこれ以上ないくらいの優しい声で喋ってるではないか!

とてもシャワーの後、パンツ一丁で出てくる男には見えないではないか!(この頃はパンツもはかずに出てくるようになった)これは「もう、お前を女としては見ていないよ」と言うハラスメントではないか、と思ってる。

あんな甘い声で私に話しかけたことがあるだろうか?

何なんだ、あのフェロモン声は?

よーし、ベッドを分けるか!

| 日本の暮らし | 17:36 | comments(0) | - | pookmark |
ただのひとりごとですが、、

ゴルフの試合をよくゴルフチャンネルで見ますが、いつもとても気になる事があるのです。

それは「松山君、出場!日本中のみんなで松山君を応援しよう!」という空気。

もちろん私も「松山君頑張って!」と思ってますが、松山君以外のプレーヤーも応援しています。例えば、ジョーダン・スピースとかジャステイン・トーマスとかコリン・モリカワとかマシュウ・ウルフとか技術も戦略も、精神力も人間的にもキラキラした若い才能が溢れています。

しかし、番組を見ている以上、他のプレーヤーを応援なんかしたら「非国民!」と呼ばれそうな空気、、、あれはなんなんでしょう?

他のプレーヤーの素晴らしいプレーを途中でカットして何度も映る松山君。

プレーしているならともかく、水を飲んでたり、あくびをしたり、鼻をほじったりしてる所を延々と映します。何度も松山君のプレーや練習風景やインタビューを繰り返し繰り返し映します。優勝した選手の喜びの言葉やインタビュー、授賞式などもカットして松山君に戻ります。

インタビューといえば、松山君はいつも「そうですねー、まだまだです。練習して少しでも良い成績が残せるように頑張ります」とボソボソと言う感じ。ナイスショットを打ってもちっとも嬉しそうな顔をしないのは有名です。一方の石川遼君は「収穫の多い楽しい試合でした。この経験を生かしてもっと伸ばしていければと思います」とハキハキと爽やかな感じ。この受け答えに対して「もっと落ち込んで反省したらどうなんだ」「収穫、収穫っていつになったら結果が出せるんだ」「所詮、松山君とはレベルが違う。石川は日本でゴルフやって、おばさん達に可愛がられていればいいんだ」というコメントが並びます。

どう思います?

「当たり前だよ、日本人なんだから松山君のプレーが一番見たいんだよ」でしょうか?

オリンピックのように国と国の誇りをかけた試合ならともかく、この「日本偏執」というか、「松山君一筋」はちょっと怖いです。

ゴルフの試合の楽しみ方として、

他の素晴らしいプレーも見ようよ。

成績だけでなく、多様性も学ぼうよ。

アメリカ人もイギリス人もみんな同じ人間だよ。

女子の試合を見ていても思う事は山ほどあります。

日本のゴルフ界はものすごく遅れてる気がする、、、

| - | 17:11 | comments(0) | - | pookmark |
舞浜さくら会ファミリークラスの子どもたち

8月からスタートしたファミリークラス。

先日の稽古では鬼丸先生が、子どもたちに「練習ノート」という表紙のファイルを作ってきてくれました。

表紙をめくると、

1ページ目には「8月今月の目標」とあって、そこには

「どうじょうにきたら、せんせいにおおきなこえであいさつする。」

「れんしゅうのときに、おはなしをしない。」

と書かれていて、

「あと二つは自分で考えて書いてきてください。宿題です。」

「はーい」

そしてその下に毎回、ちゃんと稽古が出来たら先生からシールをもらって貼るようになっています。

「いまがわKIDS合気道」は子どもたちが、親から預けられ託された所から先生に引率されて来ていました。

舞浜ファミリークラスは親に連れられてやって来ます。

それだけでも子どもたちの様子は随分と異なるものです。いわば、のびのび、るんるんの子どもたちに先ずは、

「道場」という場に対しての敬意、

「先生」に対しての敬意、

「手伝ってくれる他の大人」に対しての礼儀、

などを分かってもらい、身に付けてもらう事から始まりました。

子どもたちは他にもスイミングやダンスなど色々な習い事をしています。

そうした中で「合気道」の稽古がどんな風に彼らに吸収され、身についていくのか、楽しみです。

金曜日の夕方、5時から6時半まで、舞浜の総合体育館、第一武道場でやっています。

ぜひ、見に来てください!

 

| 合気道 | 10:27 | comments(0) | - | pookmark |
「舞浜さくら会ファミリークラス」が出来ました!

なかなか開けない梅雨とコロナ感染拡大でものすごく気分が落ち込むこの頃ですが、小さな希望が出来ました。

住んでいる団地の子供会の会長さんのご紹介で幼稚園児と小学生の合気道クラスを作ろうとしたのですが、そのお子さんを連れて来るお母さんも、再度お迎えに来るのも、見学して待っているのも何だし、「一緒にやってみましょうか?」という流れになり、自然と「ファミリークラス」という形になりました。

「お子さんと一緒に楽しく身体を動かしながら、合気道を習得していきましょう!」というコンセプトです。

道場の畳の上では「お母さん」「お父さん」「おばあちゃん」「子供」「孫」という家族の役割分担のような関係を捨てて、全く同じ土俵の上に立ってもらう。

もしかしたら子供の方がうまくできるかもしれないし、お母さんが意外や敏捷に動けたりするかもしれない。

普段の生活のお互いの関係性から解放されて「一緒にトライ!」するクラスにしようと思います。

指導してくれる先生も「親でもない」「学校の先生でもない」立ち位置で伸び伸びとしたクラスを目指します。「英語しかしゃべれない」というお子さんもウエルカムです。

もちろん「厳しい所は厳しく」なんせ、イギリスの子供たちは飼っている犬より立場は下ですから、日本のように「かわいい、かわいい」扱いは一切致しません。

そしてもちろん、お母さんたちが「もっと本格的にやってみたい」と思ったら、その時は「大人のクラスへようこそ!」というレールも敷かれています(笑)

「午前中は仕事です」という声が増えたなら「金曜日の夜」も視野に入れてます(笑)

お知り合いの子供たち、お母さんたちにぜひお声をおかけください。

いつでも見学、体験、出来ます。

「舞浜さくら会ファミリークラス」

場所:舞浜総合体育館 第一武道場

日時:毎週金曜日 午後5時〜7時

月謝:子供¥3000、親子¥4000

   兄弟は一人増えるごとに¥1000

   (子供だけ、道着の購入が必要です)

こんな感じで行こうかな?

| 合気道 | 11:51 | comments(0) | - | pookmark |
コロナの時代に正気を保つことーその4

コロナは天災から人災となってきました。

リーダーがどうリーダーシップを取るかが如実に感染者数のグラフに現れます。みんなが見たくないけど、毎日みてるグラフです。

感染者数がついに400万人を超えたアメリカのCNNニュースでは昨日、このような事を言っていました。

「感染者数が0人から100万人までになるのに99日。

100万人から200万人までが43日。

200万人から300万人までが28日。

そして300万人から400万人までが15日」

、、、、、この数をじっくり見ると100万人という、とんでもない人数の感染者数がきれいに半分、半分の日数で増え続けている事がわかります。この次を考えたくはないけれど、このまま行けば400万人から500万人まではわずか1週間、という事になります。言いたくないけど、500万人から600万人までは、、、

もし、トランプ大統領が4月に「誰もが必ずマスクをして行動するように。こんな簡単な事で愛する家族や愛する職場、愛するアメリカを救えるのだ。これは大統領の命令だ」と言っていたら、、、今の状況はかなり違ったものになっていたでしょう。

日本でも感染者数の増加は止まらない状況です。とうとう、身近な友人もPCR検査を受けました。一昨日、ロンドンから一時帰国した次女も空港でPCR検査を受けました。その結果が、、、、待てど暮らせど来ない、、、、ネットで「PCR検査結果」で検索してみました。

「陽性だとすぐに連絡が来るけれど、陰性の場合は」

何と、「5〜6日後に来た」「11日後に来た」「2日待っても来ない場合は陰性とみなして安心してください、と言われた」以下、色々、、、、。これでは検査の意味がありません。

次女(まだ一瞬しか会っていません)曰く「PCR検査は、感染してるかも、という人が受けるのではなく、例えば医療関係者、学校の先生、宅配便のスタッフ、市役所のスタッフ、という人たちが全員定期的に受けるべきだよね。それで社会の安心が少しずつ出来ていく」

確かに。

今、みんなが抱えている不安は何とかして少しでもコロナと共に生きていく新しい方法を導き出す事で軽減していかなければなりません。

おそまつだぞ、PCR検査!

(写真は我が家の食卓を救ってくれている、イタリアンパセリ、大葉、ミントたち)

| - | 10:51 | comments(0) | - | pookmark |